「あれ? 痔かな」と思ったら
気軽に相談・診察を
女性医師に診てもらうこともできます
KAYクリニック

今年4月に開院した「KAYクリニック」(和歌山市小雑賀・地図参照)の肛門外科では、痔の診察・治療に加え、再発や悪化を予防するための排便習慣指導が行われています。

小林康人副院長

小林康人副院長

「便秘にならないことが肝心。便意を感じたときに排便し、いきまないようにすることが大切です」と説明するのは、同院の小林康人副院長(写真、日本消化器外科学会認定消化器外科専門医)。

痔には、「痔核(いぼ痔)」「痔瘻(じろう)」「裂肛(切れ痔)」があり、それぞれの症状に応じた治療が必要です。同院では、症状の進み具合によっては、軟膏(なんこう)や座薬などを使う薬物療法と、内痔核には出血を抑える「注射療法」や、ゴム輪を痔核にかけて脱落させる「ゴム輪結紮(けっさつ)療法」、痔瘻には、切開してうみを出す「切開排膿(のう)療法」が行われます。

「痔は“治らない病気”といわれますが、重症化すると手術が必要になり厄介です。そうなる前の早期治療と、再発を防ぐことが大切です」と小林副院長。「そのために排便習慣の改善が必要なんです」とも。お尻に痛みや出血がある、痛みはなくても出血があるなど、気になる人は相談を。「痔だと思っていても、ポリープやがんが潜んでいることもあるので、まずは受診を」と呼びかけます。希望により女性医師に診察してもらうこともできます(診察時間はホームページで確認を)。

KAYクリニック

問い合わせ073(488)2246
ウェブ予約も可https://kay-cl.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなの健康

関連キーワード

 

おすすめ記事

  1. オリジナルアクセサリー、バッグデコ、プリザーブドフラワーを使った香水ボトル・ハートアレンジ、花咲く…
  2. リビング和歌山10月1日号「100年 話し合いで解決!調停制度」
    身の回りで起こるトラブルに対して裁判所が仲介し、話し合いによって解決を図る「調停制度」。1922年に…
  3. リビング和歌山9月24日号「和歌山の底力 世界一の日本酒が誕生」
    地元企業の「人」「もの」「こと」の魅力を掘り起こして紹介するシリーズ。第4回目は海南市の蔵元「平和…
  4. リビング和歌山9月17日号「詐欺被害額 約2倍に増加」
    これまで詐欺被害といえば「オレオレ詐欺」だったのが、最近では詐欺の手口が多様化し、『特殊詐欺』と呼ば…
  5. リビング和歌山9月10日号「森三中 大島美幸さん」
    9月25日は「主婦休みの日」。コロナ禍の今、家事分担について考えることも多いのでは。そこで芸人×妻…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山10月1日号「100年 話し合いで解決!調停制度」

    2022/9/29

    リビング和歌山10月1日号

    リビング和歌山2022年10月1日号 身の回りで起こるトラブルに対して裁判所が仲介し、話し合いによっ…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2022/8/4

    2022年8月6日号
  2. 2022/7/28

    2022年7月30日号
  3. 2022/7/21

    2022年7月23日号
  4. 2022/7/14

    2022年7月16日号
  5. 2022/7/7

    2022年7月9日号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る