おこだでませんように

20150704kids01

誰もが持っている心の中の
祈りの言葉、一番のお願い

1年生になったA君が保育所に来て、「先生、今日は学校で一回も怒られへんかったで」と言ったとか。「いつも、どれだけ怒られているの」とみんながあきれ顔でした。「ぼくは いつもおこられる。いえでも がっこうでも おこられる」で始まる『おこだでませんように』(出版=小学館、くすのきしげのり/作・石井聖岳/絵)はA君の心情を描いた絵本かもしれません。

「ぼく」は、お母さんが仕事から帰るまで妹の面倒を見ている心優しいお兄ちゃんです。でもなぜか行動が空回りし、担任の女性教師やお母さんに怒られてばかりいます。

意地悪な友達にキックとパンチをしたら、「暴力はいけません」と怒られます。「『なかまにいれてやれへん』と言われたのは僕の心がもらったパンチやで」は…、切ない心の声です。

そんな「ぼく」が七夕の日に短冊に書いたお願いは「おこだでませんように」でした。入学してから教えてもらったひらがなで書いた、一番のお願いです。

短冊を見た教師は「怒ってばっかりやったんやねえ。ほんまにええ、お願いやねえ」と泣きます。

その夜、教師から電話をもらったお母さんも「ごめんね。怒ってばっかりやったね」とぎゅうっと「ぼく」を抱きしめてくれます。

「ぼく」の心根に寄り添い、懸命に働いて二人の子どもを育てている母親の姿や、担任の言葉に自分を重ねて、大人も感動する絵本です。平成21年の小学校低学年の課題図書で、主人公の「ぼく」は小学1年生です。

最終ページに「おこられませんように」と正しく書かれた短冊があって、それを見つける喜びが絵本の楽しさです。

名前なりきよ ようこ
プロフィル絵本編集者として勤務後、渡欧。帰国後フリーに。
保育所や小学校で読み聞かせを25年以上続けている。絵本creation(編集プロダクション)代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

 

おすすめ記事

  1. オリジナルアクセサリー、バッグデコ、プリザーブドフラワーを使った香水ボトル・ハートアレンジ、花咲く…
  2. リビング和歌山10月1日号「100年 話し合いで解決!調停制度」
    身の回りで起こるトラブルに対して裁判所が仲介し、話し合いによって解決を図る「調停制度」。1922年に…
  3. リビング和歌山9月24日号「和歌山の底力 世界一の日本酒が誕生」
    地元企業の「人」「もの」「こと」の魅力を掘り起こして紹介するシリーズ。第4回目は海南市の蔵元「平和…
  4. リビング和歌山9月17日号「詐欺被害額 約2倍に増加」
    これまで詐欺被害といえば「オレオレ詐欺」だったのが、最近では詐欺の手口が多様化し、『特殊詐欺』と呼ば…
  5. リビング和歌山9月10日号「森三中 大島美幸さん」
    9月25日は「主婦休みの日」。コロナ禍の今、家事分担について考えることも多いのでは。そこで芸人×妻…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山10月1日号「100年 話し合いで解決!調停制度」

    2022/9/29

    リビング和歌山10月1日号

    リビング和歌山2022年10月1日号 身の回りで起こるトラブルに対して裁判所が仲介し、話し合いによっ…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2022/8/4

    2022年8月6日号
  2. 2022/7/28

    2022年7月30日号
  3. 2022/7/21

    2022年7月23日号
  4. 2022/7/14

    2022年7月16日号
  5. 2022/7/7

    2022年7月9日号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る