わかやま肉検定

11月29日は「いい肉の日」。これから年末年始にかけてごちそうを食べる機会が増えます。“おうちごはん”でも外食でも、いつもよりワンランク上の“いい肉”を食べませんか。“地元のいい肉”をもっと知ってもらうために、和歌山県産のブランド肉に焦点を当てて、「わかやま肉検定」を実施します。

リビング和歌山オリジナル「わかやま肉検定」のサイトはこちらから。▶https://www.living-web.net/kentei/niku2020/

肉好きの和歌山市民よ!
地元のブランド肉で地産地消を

皆さん、地元和歌山の“ブランド肉”ってどれくらい知っています? 農林水産省の畜産統計調査(2019年)によると、和歌山県の肉用牛の飼養頭数は2610頭(全国44位)、豚は1730頭(全国47位)、鶏(ブロイラー)の出荷羽数は248万7000羽(全国31位 ※秘密の保護上統計数値を公表していない都道府県を除く)と、畜産業は決して盛んではありません。しかし、日本三大和牛(神戸牛・松阪牛・近江牛)、世界三大豚(イベリコ豚・金華豚・アグー)、日本三大地鶏(名古屋コーチン・比内地鶏・薩摩地鶏)に勝るとも劣らないブランド牛、豚、鶏が、自然環境に恵まれたここ和歌山でも育てられています。

一方で、総務省の家計調査(17年~19年平均)を見ると、和歌山市の1世帯当たりの肉類の年間支出金額は全国5位(10万5180円)、生鮮肉は全国3位(9万265円)というデータが。過去をさかのぼると、1、2位にランクインしていたこともあり、和歌山の人たちはわりと肉好きなことが証明されています。でも残念なことにそのお金は、他府県産のお肉、もしくは輸入肉に費やされているということ。野菜や魚のようにお肉も地産地消で、和歌山の肉市場を盛り上げていくために、肉検定を企画しました。

もっと知って食べよう地元のブランド肉

「わかやま肉検定」に合格してもらうために、下記では和歌山のブランド肉について学んでもらいます。まずは一般市場で流通している県産ブランド肉の名前から。牛は「熊野牛」と「紀州和華牛」。豚は「紀州うめぶた」「熊野ポーク」。鶏は、これまでは「紀州うめどり」が有名でしたが、生産農場の経営破綻により、「紀の国みかんどり」が頭角を現してきています。また、焼き鳥・鶏料理専門店「鳥吉好本」が自社の養鶏場で「ラクト梅ぢどり宮子姫」を飼育中。あと、すさみ町の名産であるイノブタ肉「イブの恵み」「イブ美豚」が有名どころですが、いくつご存じ? それぞれの特徴や味わいは「わかやまブランド肉図鑑」(下記参照)にまとめたので、読んでから「わかやま肉検定」(ウェブで実施・下記URLから)に挑戦を。8問以上正解すれば合格! 合格者には抽選で賞品も。

「わかやま肉検定」に挑戦して ブランド肉or 食事券を当てよう

賞品の応募締め切りは12月13日(日)午後11時59分

A.紀州うめぶた各種精肉詰め合わせ
5000円相当×1人(イオンスタイル和歌山)

B.熊野牛ローススライス
5000円相当×1人(サンキョー)

C.熊野牛・熊野ポークハンバーグ詰め合わせセット
3000円相当×3人(牛㐂)

D.熊野牛すき焼き用
5000円相当×1人(肉のまる彦本店)

E.熊野牛すき焼き用
6000円相当×1人(マチェレリア・アズーラ本店)

F.カルビ一丁お食事券
(紀州和華牛と熊野牛5種盛り合わせ)

2000円相当×20人

G.紀みり「幸コース」ペアお食事券
1万2980円(1組2人分)×1人 ※ドリンク代別

H.デュッセルお食事券
5000円分×1人

I.きた川牛侍お食事券
5000円分×1人

店舗情報は下記参照。ウェブサイトで「わかやま肉検定」を受けていただき、10問中8問以上正解すると同サイトから応募できます

わかやまブランド肉図鑑

ルーツは荷牛の熊野牛 但馬牛の血統で高級和牛に

平安時代中期ごろから、中世熊野詣の盛期に京都から連れて来られた荷牛がルーツとされていて、耕牛を肉用牛とするため、但馬牛の血統を取り入れ品種改良がなされ、今や、松阪牛や神戸牛に引けを取らないほど品質が向上。県産黒毛和牛の中でも厳しい基準をクリアした牛だけが名乗れ、51の飼育農家で繁殖牛700頭、肥育牛1400頭が育てられています。きめ細やかで柔らかく、さらに焼いたときの香ばしい香りの良さも魅力。

 

新進気鋭の紀州和華牛は脂肪控えめの黒毛和牛

2019年に誕生した県産黒毛和牛の新ブランド。黒毛和牛といえば、“霜降り”が特徴ですが、こちらは“脂肪控えめ”がウリ。みかんジュースやしょう油の絞りかすなどをもとにした飼料「エコフィード」を食べさせて、脂肪交雑(サシ)を抑えています。品質を維持するため、紀州和華牛協議会に加盟する小売店・飲食店が、エコフィードを生産する「エコマネジメント」(本社=和歌山市新留丁)に肥育牛を預ける形で飼育。現在の飼育頭数は74頭。

 

エコフィードで脂肪交雑熊野ポークは霜降り豚肉

“霜降り”といえば、高級和牛肉の代名詞のように思われがちですが、豚肉にも“霜降り”は存在。和歌山県畜産試験場と近畿大学が「しもふり豚肉」の生産に成功し、養豚を手掛ける「アグリズム熊野」(本社=和歌山市永穂)が、2015年から「熊野ポーク」として供給を開始。三元豚に、食品製造副産物などを利用した飼料「エコフィード」を与えながら約半年間飼育すると、柔らかくて脂がおいしい霜降り豚肉に。出荷頭数は毎月30頭、来年からは繁殖にも挑戦するとか。

 

梅酢パワーで柔らかヘルシー 脂がとろける紀州うめぶた

2010年ごろから飼育がスタート。すでに鶏や養殖マダイの飼料として活用されていた、梅干しの副産物である「梅酢」を飼料に混ぜ、食肉加工会社「サンフレックス」(本社=和歌山市屋形町)が委託する日高川のほとりにある養豚場で、通常の飼育期間よりも長い200日、体重200㎏ほどになるまで育てられます。長い間大事に育てられたからこその柔らかな肉質、融点が低く口の中でとろけるラードの味が特徴。出荷頭数は毎月50頭ほど。

 

みかん果皮を食べて育つ紀の国みかんどり

戦後間もなくから養鶏用飼料を製造していた「雑治商店」(有田市箕島)が、山並みの傾斜地で、「有田みかん」の果皮を混ぜた飼料を与え、育てています。「なぜ飼料にみかん果皮を?」と尋ねると、「他と違いを出したかったから」と。ひよこ時には、乳酸菌または納豆菌飼料を与えて腸内を活性。また、生後3週齢以降は抗生物質や合成抗菌剤を一切使わず、通常のブロイラーの出荷日齢より1週間ほど長く飼育することで、歯ごたえのある肉に。現在の飼育数は約30万羽。

 

イノシシの赤身×豚肉の脂 イブの恵み・イブ美豚

イノブタは1970年、すさみ町にある和歌山県畜産試験場で生を受けました。以降、すさみ町では「イノブータン王国」を築き、名産品としてPR。「イブの恵み」はお父さんがイノシシ、お母さんが豚の一代雑種、「イブ美豚」はお父さんがイノブタ、お母さんが豚。えさと飼育方法にこだわり、「イブの恵み」は3農家で約70頭、「イブ美豚」は1農家で約1000頭育てられています。臭みはなく、赤身のイノシシ肉に豚の甘みのある脂がサシで入った味わい。

 

リビング和歌山オリジナル「わかやま肉検定」のサイトはこちらから。▶http://www.living-web.net/kentei/niku2020/

“肉は元気の源”。ブランド肉を食べるとさらにパワーが!? おうちでも外食でもぜひぜひ。

スーパー サンキョー北島店

通常は、精肉店や飲食店に卸される熊野牛が、新型コロナの影響で行き場を失っています。地元の畜産農家を応援するためにも、丹精込めて育て上げられた熊野牛をスーパーで販売。歳末の大奉仕に期待!

電話 073(480)5511
住所 和歌山市北島320-1
営業時間 午前9時~午後9時
定休日 無休
駐車場 あり
備考 ※楠見店:073(455)5511 
 定休日:無休
ホームページ http://www.39sankyo.jp/index.php

肉のまる彦本店

七曲市場内にある総合食肉専門店。“昔ながらのお肉屋さん”の雰囲気が親しみやすく、新鮮でおいしいお肉が安く、少量でも買えます。コストパフォーマンス抜群の洋食・ステーキ店「和風グリルまるひこ亭」も営業中。

電話 073(428)3443
住所 和歌山市七曲1
営業時間 午前7時~午後6時
定休日 日曜
駐車場 あり
ホームページ http://www.maruhikosyokusan.com/

イオンスタイル和歌山

1階食品売り場の精肉コーナーで、今夏から紀州うめぶたの販売を開始。「ロースしゃぶしゃぶ用」や「ももスライス」「バラ焼肉用」「細切れ」などさまざまな部位が、グラム単位で購入できます。

電話 073(456)2700
住所 和歌山市中字楠谷573
営業時間 午前9時~午後10時(1階食品売り場)
定休日 無休
駐車場 あり
ホームページ https://www.aeon.com/

お肉と惣菜 牛㐂

業務用食肉卸「神戸屋」の直営小売店。品質の良い国産肉を卸価格で販売。和歌山ならではの食材を使用した食肉加工品のオリジナルブランド「ノイエル」を立ち上げ、ハムやソーセージなども販売しています。

電話 073(456)1129
※神戸屋本社につながります
住所 和歌山市中442-1
営業時間 午前10時~午後6時
定休日 水曜
駐車場 あり
ホームページ http://www.w-koubeya.co.jp/

マチェレリア・アズーラ本店

熊野牛を中心に、牛の生産から販売まで手掛ける肉のスペシャリストが厳選した全国のブランド肉を取り扱い、品質・価格ともに気合十分! 毎月29日は肉の日イベント開催。直営の「焼肉carosso(カロッソ)」も併設。

電話 073(488)8331
住所 和歌山市中之島510-41
営業時間 午前10時~午後7時(惣菜販売は午前11時半~午後6時)
定休日 水曜
駐車場 あり
インスタグラム https://www.instagram.com/macelleriaazzurra/

炭火焼 カルビ一丁和歌山店

質の高い国産牛が、手ごろな価格で味わえる焼き肉店。熊野牛、紀州和華牛は委託飼育生産しているので、ジュージュー焼いて食べ比べが可能。熊野牛はセットメニューも充実。和華牛は単品での提供。

わかやまGoToイートキャンペーン加盟店

電話 073(421)7355
住所 和歌山市友田町4-21
営業時間 午後5時~深夜0時(OS11時、土・日曜、祝日は午前11時~深夜0時)
定休日 年末年始
駐車場 あり
ホームページ https://wakayama-karubiittyo.gorp.jp/

京橋 デュッセル

美食を華麗な手さばきで、心に残るおいしさを! 上質でぜいたくな空間で、A5ランクの黒毛和牛をはじめ、紀州和華牛など、熟達の料理人が吟味した食材を、目の前で立ち上がる炎とともに焼き上げます。

わかやまGoToイートキャンペーン加盟店

電話 073(433)1700
住所 和歌山市駿河町48-1
営業時間 午前11時半~午後3時(OS1時半、営業は金・土、日曜)、午後5時半~11時(OS9時半)
定休日 月曜
ホームページ http://www.dussel.jp/

鳥匠 紀みり

紀の国みかんどりを育てている養鶏場「SJチキンファーム」直営の焼き鳥店。当然、使用するのは、新鮮な朝引きのより良い鶏。メニューは、各部位を最適な調理方法で提供するコースだけで、予約優先。

わかやまGoToイートキャンペーン加盟店

電話 0737(83)0505
住所 有田市宮崎町88SJチキンファーム内
営業時間 午後6時~10時半
定休日 水曜
駐車場 あり
フェイスブック https://m.facebook.com/torisyoukimiri/

Meat Dining きた川牛侍本店

食肉卸「Meat Factory(ミート・ファクトリー)」直営の焼き肉店。“肉のプロ集団”がセレクトした良質なお肉がリーズナブルな価格で食べられます。11月27日(金)~29日(日)は本店・キーノ和歌山店でお得なイベントを開催!

わかやまGoToイートキャンペーン加盟店

電話 073(477)0029
住所 和歌山市和佐関戸25-2
営業時間 午後5時半~10時(土・日曜、祝日は午後5時から)
定休日 水曜
駐車場 あり
備考 ※キーノ和歌山店:073(431)1161 
 定休日:火曜
ホームページ https://meatfactory.co.jp/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フロント特集

おすすめ記事

  1. 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、“免疫”という言葉を耳にすることが多くなりました。その仕組みに…
  2.   リビング新聞からのお年玉として、全国リビングネットワーク・提携各紙から今年の干支“牛”にちなんだ…
  3.  「日本赤十字社和歌山医療センター」(和歌山市小松原通)に1月12日(火)、「がんセンター」が開設…
  4.  世界中が新型コロナウイルスに振り回された2020年が終わりを告げ、新しい一年が始まります。今年は…
  5.  新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛期間中に、出前の需要が拡大し、都心部を中心に一気に知名…

電子新聞 最新号

  1. 2021/1/21

    リビング和歌山1月23日号

    リビング和歌山1月23日号 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、“免疫”という言葉を耳にすることが多…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る