ラジオに豪華ゲスト
そのタイミングとは?

テレビのツムジ

ラジオに豪華ゲスト
そのタイミングとは?

コロナ禍で、その魅力が再発見されているラジオ。在宅が増え「ながら聴き」メディアのラジオが、新しい生活様式にはまったのだろう。そんな中、スペシャルウイークというラジオにとって特別な一週間をご存じだろうか。特別ゲスト登場や、豪華プレゼントがめじろ押し。これは聴取率(視聴率みたいな数字)を取りたいがためだ。ラジオはテレビと違い、キー局では年4回、在阪局では年2回程度しか聴取率を取らない。理由はただ一つ、費用の問題。放送局側が、ビデオリサーチへの調査費用を払えなくなっている現状が。かつて在阪局も年4回取っていた時期もあったが、経費削減で今や2回。中には全く集計しなくなった局もある。だからこそ、その数回を盛り上げようと、ラジオ局が大盤振る舞いなのだ。タレント同士の知られざる交遊録やディープな話など、聴いてるだけで得する一週間に。その年2回のタイミングの一つが、偶然にも6月13日の日曜日までの週。偶然にも12日の土曜日は僕の担当番組もある。偶然にもABCラジオなんかで、偶然にも聴いてもらえれば、うれしいのは必然だ。

テレビのツムジ 関西の放送作家がバッサリ!
文:岡内義人
読売テレビ「土曜はダメよ」「かんさい情報ネットten.」、ABCラジオ「征平・吉弥の土曜も全開」など番組構成や、テレビCMなどを手がける
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

 

おすすめ記事

  1. 動画・音楽配信など、生活のさまざまなシーンで利用し、おなじみとなりつつある“サブスク”。多彩なサー…
  2. 近畿地方は今年、5月16日に観測史上で最も早い梅雨入りが発表され、雨が降ると大雨、晴れると厳しい暑…
  3. 長引くコロナ禍で大打撃を受けている飲食店。店のメニューを持ち帰って家で味わう「テークアウトグルメ」…
  4.  日本でも取り組みが進むSDGs。子どもたちも学び、アクションを始めています。「言葉は知っているが…
  5. 新型コロナウイルス感染症の予防対策として、マスク生活が始まり1年が過ぎました。今回、リビング読者を…

電子新聞 最新号

  1. 2021/6/24

    リビング和歌山6月26日号

    リビング和歌山6月26日号 動画・音楽配信など、生活のさまざまなシーンで利用し、おなじみとなりつつあ…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る