リビング夏休み特別イベント
楽しく体験!和歌山の“さかな”

リビング和歌山7月6日号「リビング夏休み特別イベント 楽しく体験!和歌山の“さかな”」

 全国のリビング新聞ネットワークが取り組んでいる“さかなをたべよう!”キャンペーン。この夏、和歌山では“さかな”にちなんだ親子体験イベントを企画しました。和歌山のさかながもっと好きになる、そんな体験ができます。

和歌山が自慢できる“さかな”を
知って・体験して・味わえるイベント

全国で41紙のリビング新聞を発行している「リビングネットワーク」は、今年4月から「さかなをたべよう!」キャンペーンを展開し、各地でさまざまな取り組みをしています(詳しくは下記の特設ウェブサイト)。そんな中、和歌山では、地元の“さかな”に触れられる3つのイベントを企画しました。

もうすぐ夏休み、親子で参加できる体験イベント。和歌山のさかなに詳しくなって、体験や見学もでき、さかなのおいしさまで味わえる、リビング特別企画です。和歌山のさかなをもっと好きになって、夏休みの楽しい思い出にもなります! ぜひ、家族で参加してくださいね(参加の申し込み方法はページ下部参照)。

リビング新聞ネットワーク「さかなをたべよう!」キャンペーンウェブサイト▶(https://mrs.living.jp/tokyo/osakana)

もっと“さかな”を好きになる!夏の思い出にも
参加者募集

8月1日(木)午前11時から

A 生マグロ解体を間近で見学&手巻き寿司づくりとBBQ

 生マグロ解体を間近で見学&手巻き寿司づくりとBBQ

和歌山を代表する観光地・和歌山マリーナシティの「黒潮市場」の名物が“生マグロの解体ショー”。毎日市場で行われている解体ショーを目の前で見学できます。その後、マグロの手巻き寿司づくりとBBQを親子で楽しめます。
協力=黒潮市場

 和歌山マリーナシティ「黒潮市場」の名物“生マグロの解体ショー”。特別に、参加者の目の前で生マグロを解体。マグロ解体師の包丁さばきを間近で見学できます。黒潮市場のマグロはどこで育ったのか、その種類など、マグロについての話や、部位についても解説。解体が終わったら、各テーブルでマグロの手巻き寿司をつくります。BBQの食材も用意されているので親子で楽しんで。海に面したバーべキューテラスは眺めも爽快です。 

日時 8月1日(木)午前11時から
場所 黒潮市場(和歌山市毛見、和歌山マリーナシティ内)の
バーベキューテラス「海床」
参加費 大人1人2500円、子ども(小学生)1人2000円
※中学生以上は大人料金、未就学児童は無料ですが食材を黒潮市場で購入してください
定員 親子50組 (最少催行人員10組)
※雨天決行、車で来場する場合は和歌山マリーナシティ駐車場を利用(1日1500円)

8月10日(土)午前11時から

B 地引き網体験&とれたて魚介でBBQ

地引き網体験&とれたて魚介でBBQ

風光明媚(めいび)な日本遺産・和歌の浦、片男波海水浴場で地引き網を体験できます。自分たちの手で引き上げた魚を漁師さんたちがその場で調理。刺し身やBBQにして味わいます。漁師さんたちに魚のことを教えてもらえますよ。
協力=やぶ新

 片男波の砂浜で地引き網を体験します。海に張られた大きな網を、参加者みんなの力を合わせて引き上げると、網には地元和歌浦でとれた魚介がたくさん! 親子でエキサイティングな経験ができます。地引き網の後は、新鮮な魚を漁師さんたちがさばいてくれて、刺し身やBBQに。そのおいしさは格別です。景色の美しい和歌の浦で、自然の大切さや命をいただく意味を考える食育にも。漁師さんたちが和歌浦の海や魚のことをたくさん教えてくれます。

日時 8月10日(土)午前11時から
場所 ・片男波海水浴場(和歌山市和歌浦南)
・和歌浦漁港内(同市新和歌浦)
参加費 親子1組8000円(子どもは4歳以上)
大人1人追加2750円、子ども1人追加2420円
※中学生以上は大人料金、3歳以下は無料ですが軽食をご用意ください
◎BBQの食材には魚介の他、肉類、おにぎりなども用意されます(飲み物持参)
定員 親子50組(大人・子ども合わせて100人まで、最少催行人員30組)
※小雨決行、悪天時は中止、車で来場する場合は和歌浦漁港(1日600円)、または片男波海水浴場(1日1000円)駐車場を利用

8月17日(土)①午前10時から②午後1時から

C 鮎の養殖場見学&鮎つかみ捕りと炭焼き試食

鮎の養殖場見学& 鮎つかみ捕りと炭焼き試食

今の時季が旬の鮎。紀の川や日高川など、和歌山県内で盛んに養殖されていることをご存じですか? 親子で鮎の養殖場を見学して、子どもはプールに放たれた鮎のつかみ捕りに挑戦! 親子で1匹ずつ鮎の塩焼きを試食できます。
協力=紀ノ川漁業協同組合

“清流の女王”といわれ、独特の良い香りがすることから「香魚」とも呼ばれる鮎。県内の河川には、昔から上質な鮎が生息し、その資源保護のため、各地で育てられています。鮎の養殖池がある紀ノ川漁業協同組合を訪ね、鮎が泳ぐ様子を観察したり、鮎について漁協のスタッフに教えてもらいます。見学の後、子どもたちは鮎のつかみ捕りに挑戦! 捕まえた鮎は持ち帰り、さらにその場で親子で炭焼きを試食。この地域に伝わる“立て焼き”の鮎のおいしさを味わえます。

日時 8月17日(土)①午前10時から②午後1時から
場所 紀ノ川漁業協同組合(紀の川市桃山町市場)
参加費 親子ペア2000円(子どもは小学生以下)
※つかみ捕り体験ができるのは子どもだけ、大人・子どもの追加1人1000円
◎1人1匹(大人を含む参加人数分)の鮎を持ち帰り、現地で1人1匹鮎の炭焼きを試食できます
※子どもの着替えやタオル、クーラーボックスを持参
定員 各回親子30組(大人・子ども合わせて75人まで、最少催行人員10組) ※雨天決行、駐車場あり

夏休みおさかなイベントの参加申し込み方法はこちら

※どのイベントも必ず保護者と子どもで参加してください

申し込み方法

メールで申し込み

件名に参加を希望するイベント名、「A生マグロ解体」、または「B地引き網」「C鮎つかみ捕り①午前」「C鮎つかみ捕り②午後」のどれかを入力
本文には①参加したいイベントのタイトル(件名に同じ)②参加する保護者の氏名③参加する子どもの年齢と学年(複数で参加する場合は参加者すべての名前)④保護者の連絡先電話番号を明記し、下記アドレスまで
【メールアドレス】living@waila.or.jp
※メールで申し込むのが難しい場合は、和歌山リビング新聞社に電話してください

締め切り

A生マグロ解体→7月22日(月)必着
B地引き網→7月25日(木)必着
C鮎つかみ捕り→7月29日(月)必着

※それぞれ応募者多数の場合は抽選。当選者には、参加の案内をメールで送付します。電話連絡をする場合もあります

問い合わせ 073(428)0281
和歌山リビング新聞社
(祝日除く月~金曜午前9時半~12時、午後1時~6時半)

~リビング新聞ネットワーク「さかなをたべよう!」キャンペーン~
7月29日(月)午前11時~11時50分

福岡リビング発 オンラインセミナー
おさかなブックトーク

リビングふくおか・北九州ウェブでリレーコラムを連載中の絵本専門士4人が、魚や福岡の魚食文化に関する本を紹介。楽しい読み聞かせタイムもあります。
※「Zoom(ズーム)ウェビナー」によるオンラインセミナーです

参加費 無料(インターネット接続のための通信料は参加者負担)
定員 100人
備考 セミナーの詳細や申し込みは、リビングネットワークの「さかなをたべよう!」ウェブサイトへ!
https://mrs.living.jp/fukuoka/a_feature/topics/5721453

フロント特集

 

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

おすすめ記事

  1. リビング和歌山7月13日号「猛暑を乗り切る夏のスタミナ 鰻祭」
    今年の夏は、観測史上最も暑かった昨年に匹敵するほどの暑さになる可能性があるといわれています。 今…
  2. リビング和歌山7月6日号「リビング夏休み特別イベント 楽しく体験!和歌山の“さかな”」
     全国のリビング新聞ネットワークが取り組んでいる“さかなをたべよう!”キャンペーン。この夏、和歌山…
  3. リビング和歌山6月29日号「見た目鮮やか、フルーツたっぷり! 夏スイーツ」
    メロンやモモ、マンゴーなど、旬を迎えるフレッシュなフルーツをたっぷりと使った夏限定のスイーツ。ショ…
  4.  来年の国際博覧会(大阪・関西万博)を前に関西ではホテルの開業が相次いでいます。 和…
  5. リビング和歌山6月15日号「和歌山のクラフトコーラ」
    世界中で愛されているコーラですが、今回は地元和歌山のクラフトコーラをご紹介。“手作業”や“技巧”など…
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2024/7/11

    2024年7月13日号
  2. 2024/7/4

    2024年7月6日号
  3. 2024/6/27

    2024年6月29日号
  4. 2024/6/20

    2024年6月22日号
  5. 2024/6/13

    2024年6月15日号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る