児童向け冊子『島正博ものがたり』
県内の小学4年生に約8100部配布

島財団設立者 島正博さん

島財団設立者 島正博さん
【プロフィル】
島精機製作所創業者・名誉会長。「島ものづくり塾」では子どもたちとの触れ合いを楽しんでいます

 和歌山県内の小学生を対象に、科学実験や講義を通じてものづくりの楽しさを伝える、島財団主催の「島ものづくり塾」。通年制の科学教室として、2019年の開講以来、延べ約1300人の児童たちが参加し、学びを深めています。今年、開講5周年を記念して同財団は、設立者で、島精機製作所の創業者・島正博会長(写真)の半生を振り返った児童向けの冊子『島正博ものがたり~愛・氣(き)・創造で、他にないものを創(つく)ろう~」(A4サイズ、25ページ、執筆者=福田光男)を発行。和歌山県内の小学校・義務教育学校の4年生を対象に約8100部が配布されました。島会長に関する書籍は、今までにも『世の中にないものをつくれ!』や『愛氣創造』などが発行されていますが、児童向けは初めて。

島会長は小学生の頃から発明に打ち込み、1955(昭和30)年、18歳でゴム入り安全手袋の特許を取得。手袋の製法を変革しました。1962(昭和37)年に「島精機製作所」を設立、1995(平成7)年には世界初となる完全無縫製のコンピューター横編み機「ホールガーメント」を発明するなど、衣料業界の常識を次々と覆しました。冊子では、第2次世界大戦時の和歌山大空襲で住むところを失いゼロから出発し、「世界のシマセイキ」と呼ばれるまでのことが、分かりやすく書かれています。

アイデアと実行力で、これまでに約1400の特許を取得してきた島会長。「いつもなぜかな?と考え、手と頭を動かすことで、工夫点が見えてきたり、逆の発想が生まれてきたりするものです」と伝えます。ものづくりの原点について、自身の好きな言葉“愛氣創造”を挙げ、「ものを生み出すのに必要なのは、こだわりと熱意です。一生懸命にやっていれば自然と自分に返ってきます。どうしたら相手に喜んでもらえるかを考え、目標に向かって強い気持ちで挑戦することが大事です。この冊子が、子どもたちにとって、考えることが楽しくなるきっかけになれば」と笑顔を見せています。

冊子「島正博ものがたり」を読者10人にプレゼント

冊子「島正博ものがたり」

応募方法 〒住所、氏名、年齢、電話番号を明記し〒640-8557(住所不要)和歌山リビング新聞社「島正博ものがたり」係、またはメール(living@waila.or.jp)で同係へ。9月22日(金)必着。
当選発表は発送をもって代えます

コーナー

関連キーワード

 

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

おすすめ記事

  1.  来年の国際博覧会(大阪・関西万博)を前に関西ではホテルの開業が相次いでいます。 和歌山県内では…
  2. リビング和歌山6月15日号「和歌山のクラフトコーラ」
    世界中で愛されているコーラですが、今回は地元和歌山のクラフトコーラをご紹介。“手作業”や“技巧”など…
  3. リビング和歌山6月8日号「子どもの間で広がる「頭脳スポーツ」 麻雀が再ブレーク」
     “大人の娯楽”といったイメージが強かった麻雀が一転。頭脳スポーツとして麻雀を打ち出したプロリーグ戦…
  4. リビング和歌山6月1日号「和歌山県で回収実証プロジェクトがスタート 天ぷら油で飛行機を飛ばす!?」
     6月は環境月間。家で揚げ物に使った油は、その後どうしていますか? たいていは、固めたり、紙に吸わせ…
  5. リビング和歌山5月25日号「龍馬の想いを紡いだ 陸奥宗光の生涯」
    陸奥亮子の写真は、陸奥祥子さん(宗光の孫・陸奥イアン陽之助の妻)から提供  江戸末期に…
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2024/6/20

    2024年6月22日号
  2. 2024/6/13

    2024年6月15日号
  3. 2024/6/6

    2024年6月8日号
  4. 2024/5/30

    2024年6月1日号
  5. 2024/5/23

    2024年5月25日号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る