口から始まる健康づくりvol.50
総入れ歯を快適にする
インプラント・オーバーデンチャー

入れ歯×インプラント
安定感を高め、噛む力を向上

歯を失ってしまったときの治療法の一つとしてよく知られているのが、入れ歯です。入れ歯は外科治療の必要がなく、保険診療が可能なため、選択されやすい治療法ですが、デメリットも多数。口に合わない場合は違和感や痛みを感じたり、食事中や会話中に外れたりすることがあります。また、天然歯と比較すると、噛(か)む力は20〜30%ほど。食べられる物が制限されてしまい、栄養に偏りが生じて健康に影響を及ぼします。

そんな入れ歯の不便さやトラブルを和らげるのが、インプラントと入れ歯の2つの治療をかけ合わせた「インプラント・オーバーデンチャー」。取り外しできる入れ歯を、インプラントで固定する治療のことです。通常の入れ歯治療よりも機能性が高く、使い勝手が良いことから、注目されている治療法です。

通常、入れ歯は歯茎だけで支えるため、不安定になりがち。インプラント・オーバーデンチャーは、本数は口の状態によって異なりますが、あごの骨に2〜4本のインプラントを埋め込み、取り外し式の総入れ歯を装着。安定感を得ることができ、入れ歯がずれることによる違和感や痛みを軽減することができます。また、入れ歯が固定されることにより、通常の入れ歯に比べてしっかりと食べ物を噛むことが可能に。

インプラント・オーバーデンチャーは、最少限の本数のインプラント治療のため、全歯をインプラントで治療するよりも、費用が抑えられるということも大きな利点。外科手術もできる範囲で行うので、体への負担も少なく済みます。

通常の入れ歯で違和感を感じていたり、悩みを抱えている人は、インプラント・オーバーデンチャーという治療も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。口腔環境や予算などに応じて治療内容も異なるので、信頼のおける歯科医院に相談してみましょう。
(川崎豪彦)

インプラント・オーバーデンチャー
メリット・デメリット

【メリット】
・全歯をインプラントで治療するよりも、費用や体への負担を抑えることができる
・総入れ歯を安定させることができ、食事や会話がスムーズになる
・入れ歯の付け外しが自由にでき、手入れが簡単

【デメリット】
・アタッチメントの劣化や口腔環境の変化により交換が必要
・インプラントですべて治療した場合と比べると、噛む力が劣る

店舗名かわさきデンタルクリニック
電話番号073-488-5489
Webサイトhttps://www.kawasakidentalclinic.com/
住所〒640-8451 和歌山市中573-19-403
ふじと台ステーションビル エスタシオン EAST 4階
営業時間(診療時間)9:30~13:00、14:30~19:00
火曜日は9:30~15:00
金曜日・土曜日は18:00まで
定休日(休診日)
日曜・祝日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなの健康

関連キーワード

 

交通安全バナー2022贈呈式

交通安全バナー2022贈呈式

おすすめ記事

  1. 企業が設置する保育施設ですが、地域のニーズに合わせて、地域枠として受け入れてくれます。職員の配置基準…
  2. リビング和歌山2月4日号「花は思いをのせたラブレター フラワーバレンタイン」
     2月14日のバレンタインデー。日本では、“女性が好きな男性に、気持ちを伝えるためにチョコレートを…
  3. リビング和歌山1月28日号「賢く節約! 知っておきたい確定申告」
    食品や日用品、光熱費などの値上げラッシュが続き、家計のやりくりに頭を悩ませますよね。少しでも節約し…
  4. リビング和歌山1月21日号「すごいぞ!和歌山の底力 梅から広がる可能性 妊活や競走馬サプリも」
     地域発の“ものづくり”を紹介する「すごいぞ!和歌山の底力」。シリーズ6回目は、梅干しなどの伝統食…
  5. リビング和歌山1月14日号「2023年卯年 和歌山で働くウサギたち」
    今年は卯(う)年。ぴょんぴょん飛び跳ねるウサギのように、飛躍の一年にしたいものです。さて、そんな卯…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山2月4日号「花は思いをのせたラブレター フラワーバレンタイン」

    2023/2/2

    リビング和歌山2月4日号

    リビング和歌山2月4日号  2月14日のバレンタインデー。日本では、“女性が好きな男性に、気持ちを伝…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2023/2/2

    2023年2月4日号
  2. 2023/1/19

    2023年1月21日号
  3. 2023/1/12

    2023年1月14日号
  4. 2023/1/5

    2023年1月7日号
  5. 2022/12/26

    2022年年末年始号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る