和歌山大学観光学部生
SDGsをテーマに旅行商品を企画
Sカレで1位を獲得し、この夏に発売

白浜でリアル謎解き旅、新たな魅力を発見

左から、チームNEOの尾上雄介さん、齊藤彩花さん、谷口紗彩さん、塩路彩乃さん

左から、チームNEOの尾上雄介さん、齊藤彩花さん、谷口紗彩さん、塩路彩乃さん

和歌山大学観光学部・佐野ゼミの学生たちが、企業とコラボレーションして実際に商品化することを目指す「Student Innovation College(スチューデント・イノベーション・カレッジ、略してSカレ)2021」に参加。「SDGsに貢献する旅行商品」のテーマで1位を獲得しました。日本旅行とコラボして企画したツアー商品が、この夏に販売されます(7~9月)。

昨年秋から冬にかけて実施されたSカレには全国25大学約400人が参加。協賛企業や地方自治体などが提示した8つのテーマから一つを選び、学生たちは実現可能な商品のプランを考え、プレゼン。今回、旅行商品のプラン化に挑んだのは、同ゼミ・チームNEO。観光マーケティングを学ぶ4人は旅行サービス商品に興味を持ち、日本旅行が提示する「SDGsに貢献する旅行商品」をテーマに選びました。16チームが競い、見事1位となり、商品化が決定しました。

旅行商品名は「南紀白浜SDGsを学ぶリアル謎解き旅」。和歌山県を代表する観光地・白浜で、謎解きをしながらさまざまな場所を訪れてSDGsを学べるツアーで、4人は何度も白浜を訪れて調査し、オリジナルなストーリーと現地でしか答えが分からない謎をツアーに盛り込みました。

「SDGsというと堅苦しいイメージ、でも旅行は楽しくないと“行きたい”と思えないので、今人気のある“リアル謎解きゲーム”と白浜観光を組み合わせました」と4人。白浜にカッパ伝承が残ることを知り、「謎のカッパ伝説」を探るストーリーも4人で考えました。「新たな白浜の魅力を発見できる趣向を凝らしています。一人でも多くの人に、このプランで夏の白浜を楽しんでほしい」と、声をそろえます。

 南紀白浜SDGsを学ぶ リアル謎解き旅

謎解きキットを片手に自分のペースで町内を観光するツアープラン
※この記事でのツアー申し込みは受け付けていません。下記まで資料(パンフレット)を請求の上、申し込みを

日本旅行メディアトラベルセンター大阪予約センター 0570(666)155
※PHS、一部IP電話からは 06(6371)1047(受付時間午前11時~午後5時)

▶チームNEOはFacebookで情報発信中(https://www.facebook.com/sanoseminar6th.nippontravelteam)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

 

おすすめ記事

  1. 夏休みの工作にもぴったりのワークショップが、8月3日(木)~8月15日(月)まで近鉄百貨店和歌山店…
  2. 地域が誇るものづくりを紹介する「すごいぞ! 和歌山の底力」。シリーズ3回目は、日本で初めて5本指ソ…
  3. 地域の人々から愛され続ける、ローカルな味を紹介する「まちかどソウルフード」シリーズ。第二弾は、ジュー…
  4. リビング和歌山7月23日号「ホームセンター+リビング 特別企画 夏休みにものづくり」
     夏休みが始まりました。 楽しい計画もたくさんあるのではないでしょうか。でも、宿題のこともお忘れなく…
  5. リビング和歌山7月16日号「訪れたら絶対手に入れたい 個性派ミュージアムグッズ」
     個性的なアイテムがそろうミュージアムグッズが今、注目されています。今回、県内7施設のグッズをクロー…

電子新聞 最新号

  1. 2022/8/4

    リビング和歌山8月6日号

    リビング和歌山2022年8月6日号   地域が誇るものづくりを紹介する「すごいぞ! 和歌山の底力」。…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2022/8/4

    2022年8月6日号
  2. 2022/7/28

    2022年7月30日号
  3. 2022/7/21

    2022年7月23日号
  4. 2022/7/14

    2022年7月16日号
  5. 2022/7/7

    2022年7月9日号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る