和歌山市など71校の新1年生に
「こうつうあんぜんてちょう」贈呈
和歌山リビング新聞社の地域貢献活動

新小学1年生の“通学デビュー”を応援

 和歌山リビング新聞社は、今年も子どもたちの安全な通学を願って「新小学1年生・交通安全キャンペーン2024」を実施。小学校の入学シーズンに合わせて、和歌山市、海南市、岩出市の小学校と義務教育学校71校に入学した新小学1年生・3446人に、交通事故傷害保険が付いた「こうつうあんぜんてちょう」を配布しました。

今年で10回目を迎えたこの活動は、子どもから大人まで、それぞれの視点で交通安全への意識を高めてもらおうと2015年にスタート。交通安全関連の16団体と、県内の26企業の協力を得ながら継続しています。

手帳はランドセルのポケットにも入るA6サイズ、表裏合わせて16ページで構成し、和歌山県警のシンボルマスコット「きしゅう君」が登場。横断歩道の渡り方や道路の歩き方など、交通ルールやマナーをイラストとクイズ形式で分かりやすく伝え、親子で楽しみながら学べる内容です。また、保護者向けには、子どもを事故から守るためのポイントや交通安全の日などを紹介している他、交通安全年間スローガン(子ども部門)と、同キャンペーンの一環として募集した「交通事故防止標語」の入選作品も掲載。

4月5日、和歌山市役所で手帳の贈呈式が行われ、弊社の代表取締役社長・秦(はた)啓介が、「この活動は、さまざまな団体や企業に協賛いただき、継続することができています。今後も長く続けていくことで、小学生が安全に登校できる力になれたらと思っています」と阿形博司和歌山市教育長に、手帳を手渡しました。和歌山市など71校の新1年生に 「こうつうあんぜんてちょう」贈呈

阿形教育長は「10年間、新1年生に手帳を配布してもらって感謝します。交通事故の件数は年々減っていますが、子どもたちが事故に巻き込まれることが多々あります。手帳を活用して、事故のない新学期になってほしいです」と話しました。

新小学1年生に配布される「こうつうあんぜんてちょう」

新小学1年生に配布される「こうつうあんぜんてちょう」

 

コーナー

関連キーワード

 

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

おすすめ記事

  1. リビング和歌山5月25日号「龍馬の想いを紡いだ 陸奥宗光の生涯」
    陸奥亮子の写真は、陸奥祥子さん(宗光の孫・陸奥イアン陽之助の妻)から提供  江戸末期に…
  2. リビング和歌山5月18日号「白良浜と扇ヶ浜でフライングディスクのビーチ競技、6月12日に開幕 ビーチアルティメット国際大会」
      プラスチック製・円盤状の遊具を使い、得点を競うスポーツ「フライングディスク」。その国際大会「WF…
  3. リビング和歌山5月11日号「和歌山県、旬の魚を訪ねて漁港巡り 健康と美活に栄養満点のカツオ 昨年に続いて今年も豊漁」
    カツオの豊漁で活気づく、すさみ漁港  全国のリビング新聞のネットワークでは今年、「さかなをたべよう!…
  4. プレミア和歌山認定品の毬玉アクセサリー、天然石や真鍮のアクセサリーやビーズ・スパンコール刺繍の作品…
  5. リビング和歌山4月27日号「 和歌山の平安時代を旅する 光る紀伊へ」
     平安時代ブーム。かつての皇族や貴族は、こぞって高野山や熊野三山を参詣し、聖地とその旅路にさまざま…
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2024/5/23

    2024年5月25日号
  2. 2024/5/16

    2024年5月18日号
  3. 2024/5/9

    2024年5月11日号
  4. 2024/4/25

    2024年4月27日号
  5. 2024/4/18

    2024年4月20日号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る