和歌山市保健所だよりvol.10
たばこと健康 7月から受動喫煙対策が強化

今、日本人の2人に1人が、一生のうち一度はがんになるといわれています。がんの早期発見には、定期的にがん検診を受けることが有効です。また、がんのリスクを高めるとされている、たばこを吸わないこともがんの予防につながります。

 国立がん研究センター「がん情報サービス」によると、日本人のがん患者で、生活習慣や感染が原因と考えられる割合は、男性で53.3%、女性で27.8%。その中でも最も多い原因の一つが「喫煙」で、男性で29.7%、女性で5.0%を占めています。

 たばこの煙の中には、発がん物質が約70種類含まれており、これらの有害物質は、たばこを吸うとすぐに肺に到達し、血液を通じて全身の臓器に運ばれ、がんの原因となります。

 一方、たばこを吸う本人以外の人が、たばこの煙にさらされることを「受動喫煙」と呼びます。たばこの先から立ちのぼる「副流煙」は、喫煙者が吸いこむ「主流煙」よりニコチンは約4倍、タールは約2倍もの量が含まれています。特に子どもや病人、妊婦の場合は生まれてくる赤ちゃんの健康にも影響を及ぼすため、配慮が必要です。
 来月7月1日から、健康増進法の改正により受動喫煙対策が強化され、学校や病院、行政機関の庁舎などで、敷地内禁煙が義務付けられます。さらに、来年4月には、飲食店やホテル、旅館、事務所などの多くの人が集まる施設において、原則屋内禁煙となります。

 この機会に、たばこを吸う人も吸わない人も、たばこと健康について改めて考えてみませんか。

名称和歌山市保健所地域保健課
電話番号073(488)5121
住所和歌山市吹上5-2-15
営業時間午前8時半~午後5時15分
休日土・日曜、祝日、年末年始
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなの健康

関連キーワード

 

おすすめ記事

  1. リビング和歌山12月4日号「女性ハンターが活躍中!」
    イノシシやシカの狩猟が解禁されました(和歌山県は来年3月15日まで)。野生の鳥獣による農作物の被害…
  2. リビング和歌山11月27日号「いつもの飾り付けに、あなたらしさをプラス 今年はワクワク膨らむマイクリスマス」
     12月24日まで1カ月を切り、華やかなクリスマスシーズンが到来。ワクワク気分を高めてくれるクリス…
  3. クリスマスシーズン到来!おすすめのクリスマスケーキや、華やかなディナー、大切な人へのプレゼントにぴっ…
  4. 年の門出を祝うご馳走を 1年を竹の節のように区切り、お盆や正月といった特別な日を節(せち)と呼んだ…
  5. リビング和歌11月20日号「校区外から加太小・中学校への就学が可能に アットホームな学校生活を」
    来年度から、和歌山市立加太小・中学校に通学区域以外の子どもも就学が可能に。大規模の学校とは違った環…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山12月4日号「女性ハンターが活躍中!」

    2021/12/2

    リビング和歌山12月4日号

    リビング和歌山12月4日号 イノシシやシカの狩猟が解禁されました(和歌山県は来年3月15日まで)。野…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る