和歌山市保健所だよりvol.10
たばこと健康 7月から受動喫煙対策が強化

今、日本人の2人に1人が、一生のうち一度はがんになるといわれています。がんの早期発見には、定期的にがん検診を受けることが有効です。また、がんのリスクを高めるとされている、たばこを吸わないこともがんの予防につながります。

 国立がん研究センター「がん情報サービス」によると、日本人のがん患者で、生活習慣や感染が原因と考えられる割合は、男性で53.3%、女性で27.8%。その中でも最も多い原因の一つが「喫煙」で、男性で29.7%、女性で5.0%を占めています。

 たばこの煙の中には、発がん物質が約70種類含まれており、これらの有害物質は、たばこを吸うとすぐに肺に到達し、血液を通じて全身の臓器に運ばれ、がんの原因となります。

 一方、たばこを吸う本人以外の人が、たばこの煙にさらされることを「受動喫煙」と呼びます。たばこの先から立ちのぼる「副流煙」は、喫煙者が吸いこむ「主流煙」よりニコチンは約4倍、タールは約2倍もの量が含まれています。特に子どもや病人、妊婦の場合は生まれてくる赤ちゃんの健康にも影響を及ぼすため、配慮が必要です。
 来月7月1日から、健康増進法の改正により受動喫煙対策が強化され、学校や病院、行政機関の庁舎などで、敷地内禁煙が義務付けられます。さらに、来年4月には、飲食店やホテル、旅館、事務所などの多くの人が集まる施設において、原則屋内禁煙となります。

 この機会に、たばこを吸う人も吸わない人も、たばこと健康について改めて考えてみませんか。

名称和歌山市保健所地域保健課
電話番号073(488)5121
住所和歌山市吹上5-2-15
営業時間午前8時半~午後5時15分
休日土・日曜、祝日、年末年始
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなの健康

関連キーワード

 

おすすめ記事

  1. リビング和歌山10月30日号「和歌山生まれの卵としょう油で 極上のTKGを追求せよ!」
     10月30日は「たまごかけごはんの日」(日本記念日協会認定)。卵としょう油にこだわれば、“いつも…
  2. リビング和歌山10月23日号「「和歌山城ホール」が29日(金)に開館 文化とにぎわい創出」
    紀の国わかやま文化祭の開幕に合わせ、和歌山城ホールがいよいよ開館。和歌山城を目の前に、どんな新しい…
  3. リビング和歌山10月16日号「秋の味覚・スーパーフード やっぱり、キノコでしょ!」
    秋の味覚の代表格「キノコ」。メインディッシュから副菜まで、いろいろな料理で活用できる食材です。10…
  4. リビング和歌山10月9日号「個性や専門性がぶつかり、融合して生まれるヒット商品 コラボでガッチリ!」
    企業同士、また企業と生産者など、それぞれの専門性や技術が掛け合わさることで生まれるコラボ商品は、さ…
  5. リビング和歌山10月2日号「10月は里親月間 家族のかたちいろいろ」
     実の親子でも関係がうまくいかない一方、他人でも強いきずなでつながる…。家族のかたちって何? 今号…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山10月30日号「和歌山生まれの卵としょう油で 極上のTKGを追求せよ!」

    2021/10/28

    リビング和歌山10月30日号

    リビング和歌山10月30日号  10月30日は「たまごかけごはんの日」(日本記念日協会認定)。卵とし…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る