基準は楽しい、楽しむ、やめる キャリアを和歌山の教育に

profile
わかやまエデュケーションシステム 代表
こどもプログラミング教室WESスクール講師
日本選択理論心理学会正会員
小佐田 裕美さん

 東京の人材教育会社でSEとして活躍。夫と“Uターン”後も、出産を経て、在宅勤務でバリバリ働いていましたが、「ICT教育に力を入れている和歌山県で、直接教育に関わることがしたいという思いが強くなった」と独立。県教育委員会のプログラミング支援員になり、小・中・高校生対象のプログラミング教室も開講。さらに、心理カウンセラーとしてママ向けのセミナーなども開催しています。めまぐるしく忙しい日々ですが、「私の仕事の基準は、“楽しい”“楽しむ”“やめる”。今はやりたくてやりたいことを楽しくやっています」と。

小佐田さん流
ワーキングママのおきて
 夜にリモート(遠隔操作)で心理学の勉強をしていたのですが、娘がまだ一人では眠れず遅くまで付き合わせてしまっていて…。保育園から帰った後は娘との時間と決めて、午後9時就寝の朝型生活に一転。お互いが“楽”に。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  2020年(ニャオニャオ年)2月22日(ニャンニャンニャンの日)。読者の皆さまから「ネコちゃん川柳…
  2. 企業が設置する保育施設ですが、地域のニーズに合わせて、地域枠として受け入れてくれます。職員の配置基準…
  3.  真っ赤に熟したおいしそうなイチゴ。今の時期スーパーなどでさまざまな品種が並びます。本来の旬は4~5…
  4.  さまざまなお店に、華やかなチョコレートがずらりと並ぶ季節。最近のバレンタインは、普段は買わないよう…
  5.  全国的にも、じわりじわりとブームが広がるボードゲーム。和歌山市にもボードゲームを楽しめる機会が広が…

電子新聞 最新号

  1. 2020/2/20

    リビング和歌山 2月22日号

    リビング和歌山2月22日号 2020年(ニャオニャオ年)2月22日(ニャンニャンニャンの日)。読者…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る