“息子の声”が業務に…子どもが興味を示す本を

profile
和歌山県立図書館
司書 楠川 愛さん

 “狭き門”といわれる図書館司書になるために和歌山県へ。2年間の育児休暇を終え、この4月に職場復帰しました。産休前から引き続き児童書を担当しているのですが、「子どもが生まれてからは、息子が読み聞かせの練習台に(笑)。その反応を見て、お話し会で読む本を決めるようになりました」と“生の声”が業務に生きています。「いろいろな作品に触れさせることも大事ですが、親が読ませたい本ではなく、子どもが興味を示す本を選んであげて!」と本の知識が豊富なママからのメッセージ。ちなみに息子さんは乗り物の本が好きだそう。


楠川さん流
ワーキングママのおきて
 「考える子」になってほしくて、朝、時間がなくても、「お洋服はどれ?」「靴下はどっち?」 と意見を聞くようにしています。夫が几帳面な家事男(カジダン)で恵まれていますね、私。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

おすすめ記事

  1. ヘアブラシで頭皮ケアとつや出し“根起こし”でボリュームアップも 毛髪関連事業を手掛ける「アデランス」…
  2.  「健康増進法」が改正され、4月1日から全面施行。今回の改正の大きな目的は、他人が吸うたばこから発生…
  3.  昨今の仏像ブーム。今回は連載中のコラム「仏像のよこがお」の拡大版。大きい、古い、珍しいなど、間近で…
  4.  塩焼き、 みそ煮、バッテラ、きずし…、昼の定食にも晩酌にも万能魚“サバ”。総務省統計局「家計調査」…
  5.  あなたの周りに、“レアな日生まれ”の人はいますか。今号は、2月29日発行。この機会に、普段なかなか…

電子新聞 最新号

  1. 2020/3/26

    リビング和歌山 3月28日号

    リビング和歌山3月28日号 女性にとって、髪は“美の象徴”であり、見た目に大きな影響を及ぼします。美…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る