“息子の声”が業務に…子どもが興味を示す本を

profile
和歌山県立図書館
司書 楠川 愛さん

 “狭き門”といわれる図書館司書になるために和歌山県へ。2年間の育児休暇を終え、この4月に職場復帰しました。産休前から引き続き児童書を担当しているのですが、「子どもが生まれてからは、息子が読み聞かせの練習台に(笑)。その反応を見て、お話し会で読む本を決めるようになりました」と“生の声”が業務に生きています。「いろいろな作品に触れさせることも大事ですが、親が読ませたい本ではなく、子どもが興味を示す本を選んであげて!」と本の知識が豊富なママからのメッセージ。ちなみに息子さんは乗り物の本が好きだそう。


楠川さん流
ワーキングママのおきて
 「考える子」になってほしくて、朝、時間がなくても、「お洋服はどれ?」「靴下はどっち?」 と意見を聞くようにしています。夫が几帳面な家事男(カジダン)で恵まれていますね、私。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

おすすめ記事

  1. 企業が設置する保育施設ですが、地域のニーズに合わせて、地域枠として受け入れてくれます。職員の配置基準…
  2.  真っ赤に熟したおいしそうなイチゴ。今の時期スーパーなどでさまざまな品種が並びます。本来の旬は4~5…
  3.  さまざまなお店に、華やかなチョコレートがずらりと並ぶ季節。最近のバレンタインは、普段は買わないよう…
  4.  全国的にも、じわりじわりとブームが広がるボードゲーム。和歌山市にもボードゲームを楽しめる機会が広が…
  5. 1月25日の“主婦休みの日”にちなんで、リビング読者にスペシャルプレゼント! ホテルや温泉宿で日ごろ…

電子新聞 最新号

  1. 2020/2/13

    リビング和歌山 2月15日号

    リビング和歌山2月15日号  真っ赤に熟したおいしそうなイチゴ。今の時期スーパーなどでさまざまな品種…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る