最新機種手術支援ロボット関西初の2台体制

和歌山県立医科大学「ダヴィンチXi」を導入

山上病院長(教授・右)と原教授

山上病院長(教授・右)と原教授

和歌山県立医科大学は、高度先進医療の推進と、がん治療の充実をめざして、2012年に手術支援ロボット「ダヴィンチS」を導入。このたび、およそ3億円をかけて最新機種の「ダヴィンチXi」に入れ替え、同時に「ダヴィンチSi」を増設しました。2台体制は関西の病院では初めて、西日本では広島大学に次いで2番目です。

手術支援ロボット「ダヴィンチ」は、医師がハイビジョン3D画像で映し出される患部をみながらロボットアームを遠隔操作で動かす、ハイテク技術を駆使した画期的な手術法です。現在同大学では、保険適用となっている前立腺全摘除術や腎(じん)部分切除術においては、そのほとんどがダヴィンチによるもので、年間120件ペースで行っています。

 
ダヴィンチXi

機能が向上した新機種「ダヴィンチXi」について解説する原教授。今後のダヴィンチの活躍が期待されます

 
スリム化されたアーム部分

スリム化されたアーム部分

「最新のダヴィンチXiは、従来のものと比べてアームが天吊式になっているため、ロールインが360度可能で、アームもスリム化され、関節がひとつ増えているため可動域が広がりました。また、カメラ部分も軽量化され、操作性も向上。さらにフォーカスフリーで術中のピント調整が不要で、鮮明な画像を確認しながら手術を行うことができます」と同大・泌尿器科・原勲教授が解説。

同大病院長で消化器外科の山上裕機教授は、「今回のダヴィンチXiの入れ替えとSiを含めた2台体制により、手術を待つ患者さんの待機期間の短縮を図ります。来春新たに保険適用される見通しの胃がん手術や、海外で手術症例が増えている子宮頸(けい)がんの手術などにおいても、患者さんへの負担が軽減されるロボット支援手術を拡げていきたい」と、展望を語りました。

コーナー

関連キーワード

 

交通安全バナー2023贈呈式

交通安全バナー2023贈呈式

おすすめ記事

  1. リビング和歌山2月24日号「スペースポート紀伊(串本町)から 第1号ロケット「カイロス」発射!」
     3月9日(土)午前11時(予定)、和歌山県串本町田原地区の「スペースポート紀伊」から、ロケット「…
  2. リビング和歌山2月17日号「 2月はアレルギー月間 食物アレルギーでも楽しめる!」
     食物アレルギーや食事制限があっても食事やティータイムを思う存分楽しみたい! 2月はアレルギー月間…
  3. リビング和歌山2月10日号「 夢に向かって羽ばたけ和歌山から世界へ」
    日本のゴルフ人口は約560万人(レジャー白書2022)。年々女性ゴルファーが増加しています。ゴルフ…
  4. 企業が設置する保育施設ですが、地域のニーズに合わせて、地域枠として受け入れてくれます。職員の配置基準…
  5. リビング和歌山2月3日号「 伝統と革新が織り成す 老舗のパイルファブリック」
     全国に誇るものづくりを紹介する「すごいぞ!和歌山の底力」シリーズ。今回は、世界的にも珍しいパイル…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山2月24日号「スペースポート紀伊(串本町)から 第1号ロケット「カイロス」発射!」

    2024/2/22

    リビング和歌山2月24日号

    リビング和歌山2月24日号  3月9日(土)午前11時(予定)、和歌山県串本町田原地区の「スペースポ…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2024/2/22

    2024年2月24日号
  2. 2024/2/15

    2024年2月17日号
  3. 2024/2/8

    2024年2月10日号
  4. 2024/2/1

    2024年2月3日号
  5. 2024/1/25

    2024年1月27日号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る