東京五輪で変わる
はずだったモノとは!?

テレビのツムジ

東京五輪で変わる
はずだったモノとは!?

ついに開催の東京五輪。これまでの過程を言っても仕方がないが、テレビ局は、番組含めて大いに振り回された。テレビと五輪の関係は、以前から密接な関係にある。1936年のベルリン大会から、テレビ中継が開始。以降、五輪があるたびに、テレビ技術が向上してきた。衛星放送、カラー化と大会ごとに発展。それも、五輪が「世界最大の放送イベント」だからだ。ちなみに、今回の東京五輪に登場する新技術は、4K・8K規格のテレビ撮影。ようは、映像が圧倒的にキレイになるということだけ。だが、もしも新型コロナじゃなかったら、状況は違う。2019年に内閣府が発表した内容によると、街中のビルに設営された大型ディスプレーでの観戦。そして、VR技術により360度から見ることができる立体映像とある。また、多言語音声翻訳ロボットが会場内を運行し、無人運転車で観客が移動するといった、今聞けばむなしくなるような技術がお目見えしていたはずだ。新型コロナが憎いっ! 家で8Kのテレビで応援するしかない。だがまずは、そのテレビを買うところから始めないと。

テレビのツムジ 関西の放送作家がバッサリ!
文:岡内義人
読売テレビ「土曜はダメよ」「かんさい情報ネットten.」、ABCラジオ「征平・吉弥の土曜も全開」など番組構成や、テレビCMなどを手がける
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

 

おすすめ記事

  1. 7月23日に東京五輪が開幕。一部の競技を除いて無観客開催となったものの、熱き戦い、感動の瞬間はテレ…
  2. 夏休みの工作にもぴったりのワークショップが、7月29日(木)~8月10日(火)まで近鉄百貨店和歌山…
  3. リビング和歌山7月17日ガブリと味わうだけじゃない、多彩な楽しみ 今日からあなたも スイカにぞっこん
     真っ赤な果肉、爽やかな甘さが魅力的なスイカ。近年人気の「小玉スイカ」有数の生産地でありながら、和…
  4. 日本遺産の地・太地町の海で クジラにキュン♡
     和歌山県の太地町は、日本遺産「鯨(くじら)とともに生きる」の核となる町。クジラとのつながりが深い…
  5. 関西エリア屈指の星空スポットとして知られている「みさと天文台」(紀美野町松ケ峯)が、約1年間の大…

電子新聞 最新号

  1. 2021/7/22

    リビング和歌山7月24日号

    リビング和歌山7月24日号 7月23日に東京五輪が開幕。一部の競技を除いて無観客開催となったものの、…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る