毎日生き生き健康通信vol.16
その“好き嫌い”は花粉-食物アレルギー症候群かも

特定の食べ物でかゆみや喉のイガイガ

「桃を食べると喉がイガイガする」「イチゴが、どうも苦手」「子どもがスイカ、メロン、キュウリを食べたがらない」…、こんな心当たりはありませんか? 花粉症患者が、ある特定の食べ物で唇や口の中、喉がかゆくなったり、イガイガしたり、痛みがあったり…。これは、いわゆる食べ物によるアレルギー症状で、「花粉食物アレルギー症候群」と呼ばれます。

例えば、スギ・ヒノキに代表されるヒノキ科の花粉症の人はトマト、オオアワガエリやカモガヤ(イネ科)なら、メロンやスイカ、キウイなど、花粉症の原因物質によって、反応を起こす食べ物が異なります。その一例を挙げますが(左記参照)、これはほんの一部で、ハンノキやシラカバの「カバノキ科」と関連する食物は、バラ科(リンゴ、桃など)やウリ科(メロン、スイカなど)、セリ科(セロリ、ニンジンなど)、ナッツ類、大豆類などと、多岐に渡ります。

小さい子どもはアレルギー反応だとは気付かず、不快感があるのでその食べ物を食べたがりません。親はそれを「好き嫌い」だと勘違いしがち。多少の違和感なら構いませんが、体調が悪いときには息苦しくなったり、気持ちが悪くなったり、ひどいときはアナフィラキシーのような強いアレルギー反応を起こすこともあります。単なる好き嫌いと決めつけずに、一度アレルギー検査を受けてはどうでしょうか。

また、例えば、桃を食べて症状が出る人は、リンゴやイチゴなどといった同じバラ科の食物に反応する場合もあります。気になる症状がある人は、アレルギー科を受診し、相談してみてください。

店舗名和歌山駅前つじもと内科・呼吸器内科アレルギー科
電話番号073-476-5676
Webサイトhttps://wakayama-naika.com/
住所〒640-8341 和歌山市黒田95-5
診療時間(月・火・木・金)9:00-13:00 15:00-18:00
※水曜日・土曜日9:00-13:00

みんなの健康

関連キーワード

 

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

おすすめ記事

  1.  来年の国際博覧会(大阪・関西万博)を前に関西ではホテルの開業が相次いでいます。 和歌山県内では…
  2. リビング和歌山6月15日号「和歌山のクラフトコーラ」
    世界中で愛されているコーラですが、今回は地元和歌山のクラフトコーラをご紹介。“手作業”や“技巧”など…
  3. リビング和歌山6月8日号「子どもの間で広がる「頭脳スポーツ」 麻雀が再ブレーク」
     “大人の娯楽”といったイメージが強かった麻雀が一転。頭脳スポーツとして麻雀を打ち出したプロリーグ戦…
  4. リビング和歌山6月1日号「和歌山県で回収実証プロジェクトがスタート 天ぷら油で飛行機を飛ばす!?」
     6月は環境月間。家で揚げ物に使った油は、その後どうしていますか? たいていは、固めたり、紙に吸わせ…
  5. リビング和歌山5月25日号「龍馬の想いを紡いだ 陸奥宗光の生涯」
    陸奥亮子の写真は、陸奥祥子さん(宗光の孫・陸奥イアン陽之助の妻)から提供  江戸末期に…
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2024/6/20

    2024年6月22日号
  2. 2024/6/13

    2024年6月15日号
  3. 2024/6/6

    2024年6月8日号
  4. 2024/5/30

    2024年6月1日号
  5. 2024/5/23

    2024年5月25日号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る