毎日生き生き健康通信vol.43
快適な睡眠環境を整えて
熱帯夜を乗り切ろう

エアコンを一晩中つけて脱水症状を防ぐ

間もなく8月を迎えますが、暑い日が続きそうです。気象庁の7~9月の3カ月予報によると、西日本の今夏の平均気温は平年より高く、8月は特に厳しい暑さに見舞われるとのこと。屋内外を問わず、熱中症対策を心掛けたいですね。

 熱中症や夏バテの予防として、食事や運動、睡眠で暑さに負けない体をつくると同時に、猛暑を和らげる環境を整えることも大切。特に、高温多湿な熱帯夜は睡眠環境としては悪条件で、体内の水分が汗で奪われ、寝ていながら脱水症状を引き起こすことがあります。

 快適な睡眠環境に、エアコンで夜間に一定の室温や湿度を保ち、寝ている間の汗を抑えることが挙げられます。室温の目安は基本的には28度以下とされ、25度ぐらいがたいていの人の適温といわれます。一部屋に複数人で寝る場合は暑がりの人に合わせた温度設定にし、他の人は寝具や着るもので体温調節をしましょう。またエアコンの直風は避け、扇風機や送風機で室内の空気を循環させて、体を必要以上に冷やさないように。

 エアコンは室内の空気を冷やすことで湿度も下げます。しかし、室温を下げ過ぎると乾燥するため、湿度は60%以下に調節するといいでしょう。深い睡眠を目指すには、エアコンは寝る30分前につけ、そのまま一晩中つけたままに。タイマーを設定しても、エアコンが切れたタイミングで室内が暑くなり、寝苦しさで目を覚まして眠りが浅くなります。電気代が気になりますが、小まめに消するよりも、つけっぱなしの方が消費電力を抑えられるといわれます。

 体をリラックスモードに導く自律神経の一種、「副交感神経」の働きを高める行動を習慣づけるのもいいでしょう。寝る1時間前にぬるめのお風呂に入る、ストレッチで筋肉をほぐす、胃に負担をかけない温かい飲み物を取るなどがあります。睡眠時の脱水症状を防ぐには、喉に渇きを覚えなくても日中から水分補給をするように心掛けて。寝る前にまとめて水分を取っても、夜間にトイレが近くなり、深い眠りにつきにくくなります。

 睡眠不足が長く続くと、睡眠障害につながることもあります。寝る環境を整えても効果がない場合は、内科医などかかりつけ医に相談を。睡眠習慣の指導や、必要に応じた睡眠薬が処方され、睡眠時無呼吸症候群などの病気の可能性がある場合は、専門医を紹介してもらえます。 (辻本直貴)

店舗名和歌山駅前つじもと内科・呼吸器内科アレルギー科
電話番号073-476-5676
Webサイトhttps://wakayama-naika.com/
住所〒640-8341 和歌山市黒田95-5
診療時間(月・火・木・金)9:00-13:00 15:00-18:00
※水曜日・土曜日9:00-13:00

みんなの健康

関連キーワード

 

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

おすすめ記事

  1. リビング和歌山5月25日号「龍馬の想いを紡いだ 陸奥宗光の生涯」
    陸奥亮子の写真は、陸奥祥子さん(宗光の孫・陸奥イアン陽之助の妻)から提供  江戸末期に…
  2. リビング和歌山5月18日号「白良浜と扇ヶ浜でフライングディスクのビーチ競技、6月12日に開幕 ビーチアルティメット国際大会」
      プラスチック製・円盤状の遊具を使い、得点を競うスポーツ「フライングディスク」。その国際大会「WF…
  3. リビング和歌山5月11日号「和歌山県、旬の魚を訪ねて漁港巡り 健康と美活に栄養満点のカツオ 昨年に続いて今年も豊漁」
    カツオの豊漁で活気づく、すさみ漁港  全国のリビング新聞のネットワークでは今年、「さかなをたべよう!…
  4. プレミア和歌山認定品の毬玉アクセサリー、天然石や真鍮のアクセサリーやビーズ・スパンコール刺繍の作品…
  5. リビング和歌山4月27日号「 和歌山の平安時代を旅する 光る紀伊へ」
     平安時代ブーム。かつての皇族や貴族は、こぞって高野山や熊野三山を参詣し、聖地とその旅路にさまざま…
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2024/5/23

    2024年5月25日号
  2. 2024/5/16

    2024年5月18日号
  3. 2024/5/9

    2024年5月11日号
  4. 2024/4/25

    2024年4月27日号
  5. 2024/4/18

    2024年4月20日号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る