毎日生き生き健康通信vol.50
今年も例年より多い花粉飛散量
点鼻薬を使いこなそう!

花粉症治療には、ステロイド点鼻薬

 近畿地方ではスギが開花し、すでに花粉が飛び始めています。これからピークを迎え、昨年ほどではないものの、花粉飛散量は、今年も例年に比べて多い傾向です。これからの花粉症シーズンに点鼻薬を使用するとき、血管収縮薬の常用による薬剤性鼻炎に注意しましょう。

花粉症治療のメインは飲み薬ですが、鼻づまりなどの症状には点鼻薬を使用します。花粉症治療の点鼻薬はステロイド、抗アレルギー薬、血管収縮薬の3種類。中でも血管収縮薬は即効性があり、高い効果が期待できることから、市販の点鼻薬によく配合されています。しかし、血管収縮薬を使い続けると、血管が硬くなって、鼻粘膜が腫れ、知らず知らずのうちに鼻の症状を悪化させてしまいます。これを薬剤性鼻炎と呼び、症状が軽ければ自然に元に戻りますが、症状が重ければ治りにくく、他の薬も効きにくくなって厄介です。鼻水や鼻づまりに、いつの間にか点鼻薬が効かなくなったと感じる人は、薬剤性鼻炎の疑いがあります。病院で花粉症治療に点鼻薬を処方するときは、ステロイドが第1選択。敬遠されがちなステロイドですが、ある程度効果が期待でき、点鼻薬なら比較的副作用も少なく、使用できます。ただし、血管収縮薬に比べて、毎日正しく使用しないと、効果を実感しにくく、「効果がない」と自己判断して、市販薬に戻してしまう人も少なくありません。ステロイドを使うときは、1日1回、継続して使用することが大切です。それでもステロイドが心配な人には、抗アレルギー薬がありますが、ほかの2種類に比べると効果が弱く、持続時間が短いため、1日に4回使う必要があります。

血管収縮薬は、症状がひどいときだけ使用するなど、使い分けが重要です。毎年、花粉症で鼻の症状に悩む人は、血管収縮薬の常用を避け、この機会に点鼻薬を見直しましょう。専門医に相談を。(辻本直貴)

店舗名和歌山駅前つじもと内科・呼吸器内科アレルギー科
電話番号073-476-5676
Webサイトhttps://wakayama-naika.com/
住所〒640-8341 和歌山市黒田95-5
診療時間(月・火・木・金)9:00-13:00 15:00-18:00
※水曜日・土曜日9:00-13:00

みんなの健康

関連キーワード

 

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

おすすめ記事

  1. リビング和歌山5月25日号「龍馬の想いを紡いだ 陸奥宗光の生涯」
    陸奥亮子の写真は、陸奥祥子さん(宗光の孫・陸奥イアン陽之助の妻)から提供  江戸末期に…
  2. リビング和歌山5月18日号「白良浜と扇ヶ浜でフライングディスクのビーチ競技、6月12日に開幕 ビーチアルティメット国際大会」
      プラスチック製・円盤状の遊具を使い、得点を競うスポーツ「フライングディスク」。その国際大会「WF…
  3. リビング和歌山5月11日号「和歌山県、旬の魚を訪ねて漁港巡り 健康と美活に栄養満点のカツオ 昨年に続いて今年も豊漁」
    カツオの豊漁で活気づく、すさみ漁港  全国のリビング新聞のネットワークでは今年、「さかなをたべよう!…
  4. プレミア和歌山認定品の毬玉アクセサリー、天然石や真鍮のアクセサリーやビーズ・スパンコール刺繍の作品…
  5. リビング和歌山4月27日号「 和歌山の平安時代を旅する 光る紀伊へ」
     平安時代ブーム。かつての皇族や貴族は、こぞって高野山や熊野三山を参詣し、聖地とその旅路にさまざま…
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2024/5/23

    2024年5月25日号
  2. 2024/5/16

    2024年5月18日号
  3. 2024/5/9

    2024年5月11日号
  4. 2024/4/25

    2024年4月27日号
  5. 2024/4/18

    2024年4月20日号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る