番組の作り方
テレビは恋人、ラジオはなぁに?

テレビのツムジ

番組の作り方
テレビは恋人、ラジオはなぁに?

この新型コロナで、「共感疲労」が話題となっている。これは、コロナ報道ばかりのテレビを見て共感し、苦しくなってしまうということ。そんなときにおススメなのがラジオだ。重要なニュースもリアルタイムで伝わるし、目で見るテレビよりも刺激は強くない。自粛期間も担当ラジオ番組には、多くのリスナーから温かいメッセージをいただいた。僕は以前から、テレビは恋人で、ラジオは夫婦説を唱えている。説明すると、テレビはチャンネルをすぐに替えられるし、目移りするメディア。だから、恋人を落とすように、常に展開も早く、くぎづけにさせる番組作りをしないといけない。一方、ラジオは家事をしたり、運転したり、ながら聴きが多いメディアだ。ずっとそばにいても嫌じゃない、常に心地よい存在でないといけない。つまりは、熟年夫婦ように、情熱的な愛はないけれど、居なきゃ困る存在だ。どちらがいいか、タイミングで使い分けてもらえればいい。ただ、新型コロナでは、夫婦・家族への感謝に多くの人が気づかされた。今後のラジオもそうなれば、もっと盛り上がるだろう。

テレビのツムジ 関西の放送作家がバッサリ!
文:岡内義人
読売テレビ「土曜はダメよ」「かんさい情報ネットten.」、ABCラジオ「征平・吉弥の土曜も全開」など番組構成や、テレビCMなどを手がける
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

 

おすすめ記事

  1. 都市部からの流れにのって、和歌山にも進出している新世代スイーツたち。あれも、これも、かわいすぎて食…
  2. 長引くコロナ禍でイベントは自粛されているけれど、最近、スーパーや公園などまちなかで、キッチンカーを…
  3. 5月9日の「母の日」のプレゼントは決まりましたか? もしまだなら、贈り物を手作りしてみてはいかがで…
  4. 家計簿をつけたことはあるけれど、なかなか続かず途中でリタイア…そんな苦い経験はありませんか。コロナ…
  5. 和歌山市の中心地、伏虎中学校跡地に建設が進められてきた和歌山県立医科大学薬学部が完成しました。4月…

電子新聞 最新号

  1. 2021/5/6

    リビング和歌山5月8日号

    リビング和歌山5月8日号 都市部からの流れにのって、和歌山にも進出している新世代スイーツたち。あれも…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る