病院がフル稼働 冬ドラマは病気だらけ?

テレビのツムジ

病院がフル稼働
冬ドラマは病気だらけ?

 なにかと話題のNHK大河もようやく始まり、冬のドラマが勢ぞろい。と、ふと気づいた。今期もまた、医療ものが多すぎるのだ。人間ドラマ、ラブコメなど切り口は異なるが、その数6本。毎日、ドラマの中は白衣だらけだ。では、なぜこんなにも医療ドラマが多いのか。以前に一度ここで述べたが、悲しいかな、制作費が削減できるからだ。病院のセットで撮影できる。屋内が多いし、天候も関係ない。スケジュールも組みやすく、経費が削減できる。また、医療ものは人の生死を扱うので、ストーリーが作りやすい。物語内で、感情の起伏も生まれやすい。他にも、医療は誰しも経験があるので、共感してもらいやすいという利点もある。なので、テレビ好きのシニア層にも突き刺さりやすい。安定の王道テーマだといえる。が、ここまで医療だらけなのは、異常事態だ。まさに、医療ドラマ症候群という“病気”にドラマ業界が侵されているといえるだろう。ちなみに、同様の理由で、刑事ドラマも多い。ここまでくれば、傷害事件を捜査しながら、医療で治す、「刑事医療ドラマ」なんてできるかも。

テレビのツムジ 関西の放送作家がバッサリ!
文:岡内義人
読売テレビ「土曜はダメよ」「かんさい情報ネットten.」、ABCラジオ「征平・吉弥の土曜も全開」など番組構成や、テレビCMなどを手がける
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

おすすめ記事

  1. 新型コロナウイルスの感染拡大により、世界中の多くの人が感染への恐怖や経済へ不安を抱えている中、和歌…
  2. 自分の心と仲良くなれる方法を知ってしなやかに新しい時代を生きる 今までにない日々の過ごし方が余…
  3. 花束の形は大きく分けて2種 仕上がりをイメージ、花の特徴を生かして 花束の形は大きく分けて、全ての…
  4. 不要不急の外出自粛が求められる中、学校もお休み、仕事もテレワークと、“巣ごもり生活”を余儀なくされ…
  5. 防犯対策や居場所の確認、連絡手段に必要などの理由から、小学生など子どもにもスマートフォンを持たせる家…

電子新聞 最新号

  1. 2020/5/21

    リビング和歌山5月23日号

    リビング和歌山5月23日号 新型コロナウイルスの感染拡大により、世界中の多くの人が感染への恐怖や経済…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る