第59回天才!こどもりあん

漫画家マエオカテツヤさんが出題 子どもたちの自由な発想を紹介し、ツッコミます


★たくさんのご応募ありがとうございました!

問 「カブトムシがとんでもない物を引っぱっていました。さて、何でしょう」

絵が浮かぶな~、虫かごもみどりのヤツな!
旺佑(5歳)

影を引きずって生きていく、カブトムシの生きざまを感じる!
葵彩(10歳)

夏に桜の木か…。お花見もできるし、カブトムシも捕れるし、いいなあ
初香(12歳)

引っぱってるへびの重さは、やっぱヘビー級なんだろうな…

唯(5歳)

次回は第60回特別版
「天才! こどもりあん」お蔵出しスペシャル
次回は、第60回記念特別版・お蔵だしスペシャルを掲載予定。今まで寄せられた応募作品の中から、スペースの関係で載せられなかったものや、落選してやむなくお蔵入りしたものまで、力作たちを一挙公開します。お楽しみに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

おすすめ記事

  1. ちょっとした変化を見逃さない 周囲が気づいて早めの対応が大切 「認知症」とは、さまざまな原因で…
  2. ストロング派も低アルコール派も “私の和歌山チューハイ”を見つけよう 国税庁統計によると、成人1…
  3. 集まれ! 子ども隊員 「うみわかまもるプロジェクト」スタート SDGsは「持続可能な開発目標」と…
  4. 和歌山市近郊の人たちになじみ深い「四季の郷公園」。エントランス部分がリニューアルし、「FOOD H…
  5. 今なお、全世界で猛威を振るう新型コロナウイルス感染症。この半年間で私たちの生活は大きく変化しました…

電子新聞 最新号

  1. 2020/8/6

    リビング和歌山8月8日号

    リビング和歌山8月8日号 高齢の親との会話や行動に「あれっ?」と感じたら、もしかすると認知症かもしれ…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る