“続編”だらけの春ドラマ その理由は?

テレビのツムジ

“続編”だらけの春ドラマ
その理由は?

4月スタートの春ドラマをみると、続編モノが異常に多い。「SUITS/スーツ2」(KTV)、「ハケンの品格」(YTV)、「BG~身辺警護人~」(ABC)などだ。中でも注目なのが「半沢直樹2」(MBS)。7年前に42.2%を獲得したドラマだし、今回も高視聴率が期待できる。では、このタイミングでなぜ続編ばかりなのか。一つは、東京五輪の影響。五輪が開催される予定だった夏はドラマよりもスポーツに流れ、視聴率の大幅下落が予想されていた。そのため、ドラマの数字を春の時期に取っておこう、てな考えがあったのだ。そして、もう一つ。確実に数字が見込めるヒット作の続編でしか企画が通らない、という民放局側の苦しい台所事情も。が、これは全て新型コロナ発生前に企画が通された話。今は、そんな事情もひっくり返った。今後は、新型コロナの影響で、テレビ局の広告収入がより減っていくだろう。となれば、ドラマの企画はもっとシビアになり、続編だらけになるのかも。37年前の名作ドラマ「積木くずし」の続編がスタート、みたいなシャレ話が現実になるかもしれない。

テレビのツムジ 関西の放送作家がバッサリ!
文:岡内義人
読売テレビ「土曜はダメよ」「かんさい情報ネットten.」、ABCラジオ「征平・吉弥の土曜も全開」など番組構成や、テレビCMなどを手がける
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

 

おすすめ記事

  1. 都市部からの流れにのって、和歌山にも進出している新世代スイーツたち。あれも、これも、かわいすぎて食…
  2. 長引くコロナ禍でイベントは自粛されているけれど、最近、スーパーや公園などまちなかで、キッチンカーを…
  3. 5月9日の「母の日」のプレゼントは決まりましたか? もしまだなら、贈り物を手作りしてみてはいかがで…
  4. 家計簿をつけたことはあるけれど、なかなか続かず途中でリタイア…そんな苦い経験はありませんか。コロナ…
  5. 和歌山市の中心地、伏虎中学校跡地に建設が進められてきた和歌山県立医科大学薬学部が完成しました。4月…

電子新聞 最新号

  1. 2021/5/6

    リビング和歌山5月8日号

    リビング和歌山5月8日号 都市部からの流れにのって、和歌山にも進出している新世代スイーツたち。あれも…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る