練習成果はおのずと結果に 目標は60m越え! 陸上競技(やり投げ) 助永 仁美 選手

助永仁美選手(27歳、オークワ所属)第99回日本陸上競技選手権大会 2位第49回織田幹雄記念国際陸上競技大会 8位長崎国体 4位

助永仁美選手(27歳、オークワ所属)
第99回日本陸上競技選手権大会 2位
第49回織田幹雄記念国際陸上競技大会 8位
長崎国体 4位

地元の選手が出たときはぜひ声援を

思い切り投げられたやりは、軌道にのって真っ直ぐと遠くまで飛ぶ―。6月26日に新潟県で行われた「第99回日本陸上競技選手権大会」のやり投げ競技で、2位に輝いた助永仁美選手(27歳、オークワ所属)。58メートル51で自己ベストを更新。今波に乗っている選手です。

助永選手が陸上競技を始めたのは中学1年生のとき。「砲丸投げと円盤投げをしていて、高校1年生のときにやり投げを始めました。砲丸と円盤を投げる合間の気分転換に投げていたら意外とよく飛んで(笑)」

やり投げは、2メートル強のやりをどれだけ遠くに投げられるかを競う競技。「6回の投てきで最も遠くまで飛ばせた人が勝ち。最後まで見ないと勝敗が分かりません。一本一本見てほしいです」と助永選手。

練習は母校の大阪体育大学か紀三井寺陸上競技場で行います。1時間で約60本も投げ込む日もあれば、試合前になると6回の投てきでまとめることを意識して、1日6本しか投げない場合も。

「これまで練習で投げすぎて、試合でうまく投げられなかったりしたので、同じ失敗をしないために“今日できることをしよう”と心掛けています」と、自分自身をしっかり管理します。
20150725kokutai02
助永選手は5月に行われた「和歌山県春季陸上競技選手権大会」で標準記録を突破。すでにわかやま国体への出場権利を獲得しています。「わかやま国体までは5試合あるので、体をどう仕上げていくかが課題。今調子が上がっているので、それを維持しつつ、本番で練習通りに投げられるように体を作っていきたいと思います。あと、けがをしないこと」

「目標は60メートル越え。しっかり練習すれば、結果はついてくると思うので、勝って、職場の人や和歌山の人に喜んでもらいたいです。和歌山の選手が出たとき大きな声で応援していただけると力になるので、声援よろしくお願いします! 」と、笑顔で話してくれました。

助永選手の話す様子はとても謙虚でしたが、内には熱い闘志がうかがえました。本番での活躍に期待です。

コーナー

関連キーワード

 

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

おすすめ記事

  1. プレミア和歌山認定品の毬玉アクセサリー、天然石や真鍮のアクセサリーやビーズ・スパンコール刺繍の作品…
  2. リビング和歌山4月20日号「知ってた?有田市に国内最大級のチューブスライダー出現」
     3月23日、有田市初島町に誕生した健康スポーツ公園「BIG SMILE PARK(ビッグ・スマイ…
  3. おさかな、食べていますか? 海に囲まれたニッポンは、種類豊富な水産物に恵まれています。今年度、全国…
  4. リビング和歌山4月6日号「生地卸商から始まり 多角化戦略で進化する 老舗100年企業」
    地域経済をリードする地元企業の魅力に迫る「すごいぞ!和歌山の底力」シリーズ。今回は和歌山市に根付い…
  5. リビング和歌山3月30日号「遊びを通した心の栄養士 おもちゃコンサルタント」
    おもちゃの広場では、全国のおもちゃ美術館に展示されている国内外のおもちゃが並びます 山本記代さん…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山4月20日号

    2024/4/18

    リビング和歌山4月20日号

    リビング和歌山4月20日号  3月23日、有田市初島町に誕生した健康スポーツ公園「BIG SMILE…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2024/4/18

    2024年4月20日号
  2. 2024/4/11

    2024年4月13日号
  3. 2024/4/4

    2024年4月6日号
  4. 2024/3/28

    2024年3月30日号
  5. 2024/3/21

    2024年3月23日号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る