観光庁の支援事業で新商品誕生!
紀の川フルーツの魅力を ギュッと詰め込んで

リビング和歌山12月3日号「観光庁の支援事業で新商品誕生! 紀の川フルーツの魅力を ギュッと詰め込んで」

百貨店と行政がタッグを組んで
魅力ある新商品を開発

左)紀の川フルーツ観光局
事務局次長・南條青志さん
右)近鉄百貨店和歌山店
食料品課係長・寺岡正博さん

「紀の川フルーツ観光局」×「近鉄百貨店」のロゴ

今回の事業を表すロゴデザイン。「紀の川フルーツ観光局」と「近鉄百貨店」のロゴがドッキング

新型コロナウイルスの影響により低迷していた日本の観光を復興させようと、観光庁が実施する「地域独自の観光資源を活用した地域の稼げる看板商品の創出事業」。近鉄百貨店和歌山店(和歌山市友田町)が同事業の採択を受け、紀の川市とタッグを組んで「紀の川市のフルーツを生かした魅力ある新商品の開発」に取り組み、新たな3つのオリジナル商品と、従来商品に紀の川市産のフルーツを取り入れた3つのコラボ商品が誕生しました(下記参照)。

同店は、この春、和歌山大学観光学部の学生たちと紀の川市のジェラート店「藤桃庵」と連携し、紀の川市の果物を使ったジェラートを開発、販売。また、同店地下1階の食品フロアには県内の特産・土産品を集めたコーナー「紀州路」を設け、日頃から地域活性に役立つ商品販売に力を入れてきました。

インバウンドも見据えて、外国人の意見も聞いて今後の販路拡大の参考に

こうした実績により、今事業では“フルーツ王国”と売り出す紀の川市と連携。「一年中フルーツが楽しめるという強みを生かしたまちづくりに取り組む中で、紀の川市に着目してもらえるのはうれしい」と話すのは、紀の川市観光振興課の熊城崇課長。「ブランド力や発信力がある百貨店と連携できる貴重な機会。県内外に紀の川市のフルーツのおいしさを知ってもらいたい」とも。

「商品開発には地元店舗に協力を呼びかけました。その成果をお披露目する販売期間を設け、今後も紀の川フルーツを取り入れた商品が各店で定番化するきっかけになれば」と、同店食料品課の寺岡正博係長は願いを込めます。誕生した6つの商品を含め、紀の川市の特産を集めた「紀の川フルーツフェア」が12月7日(水)~13日(火)に同店で開催(詳細2面参照)。また、実際に紀の川市を訪れる「いちご狩りイベント」の企画も。

この事業でどんな新商品が誕生したのか、紹介しましょう。

新商品

乃が美
フルーツミックスサンド(1個680円)
イチゴサンド(1個680円)
ホイップサンド(1個450円)

乃が美紀の川フルーツ観光局×近鉄百貨店コラボサンド

左)立野商店 代表取締役・立野眞生さん
右)乃が美はなれ 代表取締役・佐々木亮さん

全国初!生食サンドイッチ
新鮮フルーツとコラボし商品化

 高級「生」食パンとして有名な「乃が美」が、全国で初めて生食を使ったパン商品を販売! 野菜と果物の目利きのプロが営む青果仲卸店「立野商店」がセレクトした紀の川市産の果物を使ってサンドイッチに。オリジナルのホイップクリームにカスタードを合わせることで、乃が美の生食パンの味が生きたフルーツサンドに。もちろん! 耳までおいしくいただけます。

“和歌山のおいしさ”再発見!

新商品

スタンドバイユー
カヌレ「みかんショコラ」
(みかんショコラを含む8個入り 1300円)

スタンドバイユーのカヌレ

姜徹熙(カンチョリ)さん・鳳夏(ポンハ)さん

姜徹熙(カンチョリ)さん・鳳夏(ポンハ)さん

話題のカヌレ
ショコラとミカンでアレンジ

 肉料理とカレーのお店「スタンドバイミー」(かつらぎ町佐野)で提供していたカヌレが人気で、2号店としてカヌレ専門のキッチンカ―「スタンドバイユー」が誕生。各地に出店し、カヌレのおいしさが話題に。紀の川市のミカンを使った「みかんショコラ」と、「かぼちゃ」「ショコラ」「紅茶」「メープルくるみ」「ほうじ茶」「プレーン」「ホワイトチョコ」の8個が一箱に。12個入りもあり(1950円)。

コラボ

青木松風庵
まりひめのプレミアム苺大福(1個400円)

青木松風庵  まりひめのプレミアム苺大福

北村京子さん

北村京子さん

 冬から春にかけて店頭に並ぶイチゴの大福「おしゃれ苺」がビッグサイズに! 紀の川市の大粒“まりひめ”が存在感を放ち、ワンランク上の味に。青木松風庵近鉄和歌山店だけのオリジナル大福として登場します。

新商品

泉北堂
極いちごあんぱん(1個351円)   

泉北堂 極いちごあんぱん

奥畑歓子さん

奥畑歓子さん

 「極」食パンでおなじみ、大阪府堺市に本店がある泉北堂が、紀の川市のイチゴを使って考案。甘さ控え目のあんにちょっぴりホイップ、イチゴと絶妙なハーモニーです。極食パンと同じ生地で、もちもち食感も楽しめます。

紀の川フルーツ観光局
桃のはんどくりいむ(880円)
ひとくちフルーツ羊羹
(はっさく・いちご・もも 各290円)

桃のはんどくりいむ、 ひとくちフルーツ羊羹

 紀の川市の特産品である桃を原料にしたハンドクリームと、フルーツの香りと味わいが豊かな一口サイズのかわいい羊羹。

コラボ

蕾(つぼみ)
フルーツ大福(各種300円から)

蕾のフルーツ大福

 断面が写真映えすると話題のフルーツ大福専門店から、紀の川市のイチゴなどで作った大福が出品!

コラボ

サブール
エルドベール
(ホール4号3850円)

サブールのエルドベール

本城希姫さん

本城希姫さん

 春にだけ予約限定で提供される、知る人ぞ知る豪華なホールケーキ。今回は、紀の川市の見定自然農園で作られた“まりひめ”を使用、そのおいしさを生かし、この季節に味わえることのないスペシャルなケーキに仕上げられました。

 

藤桃庵
(和歌山大学観光学部×藤桃庵×紀の川市×近鉄百貨店和歌山店)

藤桃庵の贅沢フルーツジェラート
(1個380円)

藤桃庵の贅沢フルーツジェラート

 大学生とジェラート専門店、そして紀の川市、近鉄百貨店和歌山店のコラボ商品。紀の川市の規格外フルーツを活用して作ったジェラート。

近鉄百貨店和歌山店で  紀の川フルーツフェア  12月7日(水)~13日(火)

紙面で紹介した、オリジナル新商品が一堂に集まるほか、和歌山のお土産品がそろう「紀州路」コーナーには、「観音山フルーツガーデン」(紀の川市粉河)のジャムやドライフル―ツが出品。リカーショップには、「九重雜賀(さいか)」(紀の川市桃山町元)の日本酒・リキュールも並びます。

観音山フルーツガーデンの「ひらたねなし柿ドライフルーツ」「とろコクみかんジャム」「なちゅるん・もも味」

九重雜賀の「雑賀・柚(ゆず)酒」と「雑賀・純米大吟醸・山田錦」

営業時間 午前10時~午後7時(13日は6時半まで)
開催場所 近鉄百貨店和歌山店地下1階イベントスペース④(駿河屋善右衛門裏)と「泉北堂」「青木松風庵」「サブール」「紀州路」「リカーショップ」の各店舗
お問い合わせ 近鉄百貨店和歌山店
073(433)1122

いちご狩りに出かけよう!(参加費無料!)

 めっけもん広場から北へ約200m、今年1月に誕生したいちご狩りの新スポット。“まりひめ”の食べ頃をもぎ取って、その場で味わえます。「紀の川フルーツフェア」で買い物をした人を対象に抽選でペア10組20人が無料で招待されます。

開催日 来年1月29日(日)午前10時現地集合
開催場所 JA紀の里いちご農園(和歌山県紀の川市豊田413-2)
応募方法 紀の川フルーツフェア対象商品2000円以上の買い物をした人に応募用紙が配布されます。
「いちご狩り」参加希望者は、必要事項を記入して、フェア会場に設置されている応募箱へ
※当選者には近鉄百貨店和歌山店から連絡があります
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フロント特集

 

交通安全バナー2022贈呈式

交通安全バナー2022贈呈式

おすすめ記事

  1. 企業が設置する保育施設ですが、地域のニーズに合わせて、地域枠として受け入れてくれます。職員の配置基準…
  2. リビング和歌山2月4日号「花は思いをのせたラブレター フラワーバレンタイン」
     2月14日のバレンタインデー。日本では、“女性が好きな男性に、気持ちを伝えるためにチョコレートを…
  3. リビング和歌山1月28日号「賢く節約! 知っておきたい確定申告」
    食品や日用品、光熱費などの値上げラッシュが続き、家計のやりくりに頭を悩ませますよね。少しでも節約し…
  4. リビング和歌山1月21日号「すごいぞ!和歌山の底力 梅から広がる可能性 妊活や競走馬サプリも」
     地域発の“ものづくり”を紹介する「すごいぞ!和歌山の底力」。シリーズ6回目は、梅干しなどの伝統食…
  5. リビング和歌山1月14日号「2023年卯年 和歌山で働くウサギたち」
    今年は卯(う)年。ぴょんぴょん飛び跳ねるウサギのように、飛躍の一年にしたいものです。さて、そんな卯…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山2月4日号「花は思いをのせたラブレター フラワーバレンタイン」

    2023/2/2

    リビング和歌山2月4日号

    リビング和歌山2月4日号  2月14日のバレンタインデー。日本では、“女性が好きな男性に、気持ちを伝…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2023/2/2

    2023年2月4日号
  2. 2023/1/19

    2023年1月21日号
  3. 2023/1/12

    2023年1月14日号
  4. 2023/1/5

    2023年1月7日号
  5. 2022/12/26

    2022年年末年始号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る