−第9回−文化財 仏像のよこがお「オオウナギとともに立つ観音像」

オオウナギとともに立つ観音像

夏の「土用の丑(うし)の日」にウナギを食べるという文化があります。『万葉集』にも、大伴家持が夏にウナギを食べることを詠んだ歌があるので、滋養強壮の効果は古くから知られていたようです。今回取り上げるのはウナギではなく、「オオウナギ」を手にした観音像です。

オオウナギはウナギとは別種で、最大で全長2m近くに達します。和歌山では、清流・富田川の下流域一帯がオオウナギ生息地として、天然記念物に指定されています。しかし近年、環境の変化によって住みにくくなり、1985(昭和60)年を最後に大型の個体は確認されていません。

白浜町平下谷地区の蛇行する富田川の水流でえぐられた深みに「濁淵(にごりぶち)」という名が付けられています。この濁淵を見下ろす岩場に、像高116㎝のオオウナギを手にした観音の石像が安置されています。傍らの碑によれば、1966(昭和41)年に「魚籃(ぎょらん)観音」として、矢野楠太郎の他、有志によって造像されたことが分かります。魚売りの美しい女性が、実は観音菩薩(ぼさつ)の化身であったという故事に基づくもので、オオウナギを持つのは全国でもこれが唯一です。

石工であった矢野楠太郎が、付近の岩場で採れる富田石を用いて造像したもので、オオウナギの形や大きさは生物学的にも正確なものです。石切場の眼下にある濁淵の主に敬意を表して、観音像を造ったことを子息が教えてくれました。

富田川のほとりで一生を過ごした石工。心に焼き付けたオオウナギの姿は、富田石に刻まれ、その記憶を共有するモニュメントとして、そしてオオウナギが生息できる豊かな川を取り戻すための象徴として、今も濁淵に立ち続けています。(和歌山県立博物館主任学芸員・大河内智之)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

おすすめ記事

  1.   リビング新聞からのお年玉として、全国リビングネットワーク・提携各紙から今年の干支“牛”にちなんだ…
  2.  「日本赤十字社和歌山医療センター」(和歌山市小松原通)に1月12日(火)、「がんセンター」が開設…
  3.  世界中が新型コロナウイルスに振り回された2020年が終わりを告げ、新しい一年が始まります。今年は…
  4.  新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛期間中に、出前の需要が拡大し、都心部を中心に一気に知名…
  5.  漫画やアニメ映画など、作品をほうふつさせる場所を訪れる聖地巡礼。今号は、アニメ「鬼滅の刃(やいば…

電子新聞 最新号

  1. 2021/1/14

    リビング和歌山1月16日号

    リビング和歌山1月16日号  リビング新聞からのお年玉として、全国リビングネットワーク・提携各紙から…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る