じっちょりんのあるくみち

じっちょりんのあるくみち
小さな生き物「じっちょりん」の家族が、団地のすみで朝ごはん。花びらや葉っぱをしゃきしゃきと食べています。残した種をかばんにつめて、さあ出発です。みんなでどこへ行くのでしょう。道ばたの春の草花や、低い視点から眺める世界が丁寧な優しい絵で描かれていて、外歩きが楽しみになる絵本です。

絵本じっちょりんのあるくみち
かとう あじゅ/作(文溪堂)
推薦者和歌山県立紀南図書館
内本 美佐子 さんのおすすめ絵本
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

おすすめ記事

  1. ちょっとした変化を見逃さない 周囲が気づいて早めの対応が大切 「認知症」とは、さまざまな原因で…
  2. ストロング派も低アルコール派も “私の和歌山チューハイ”を見つけよう 国税庁統計によると、成人1…
  3. 集まれ! 子ども隊員 「うみわかまもるプロジェクト」スタート SDGsは「持続可能な開発目標」と…
  4. 和歌山市近郊の人たちになじみ深い「四季の郷公園」。エントランス部分がリニューアルし、「FOOD H…
  5. 今なお、全世界で猛威を振るう新型コロナウイルス感染症。この半年間で私たちの生活は大きく変化しました…

電子新聞 最新号

  1. 2020/8/6

    リビング和歌山8月8日号

    リビング和歌山8月8日号 高齢の親との会話や行動に「あれっ?」と感じたら、もしかすると認知症かもしれ…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る