すごいぞ!和歌山の底力
創業120年を迎える老舗
お正月は濱辰のかまぼこ

リビング和歌山12月16日号「すごいぞ!和歌山の底力 創業120年を迎える老舗 お正月は濱辰のかまぼこ」

 正月のおせち料理に欠かせない「かまぼこ」。そこで今回、和歌山県のものづくり企業にスポットを当てたシリーズ「すごいぞ!和歌山の底力」では、明治37年創業の老舗かまぼこ店「濱辰商店」をピックアップ。2024年には120年の節目を迎える伝統の味わい。愛される名品の魅力に迫ります。

濱辰商店 代表取締役 嶋侑規子

濱辰商店
代表取締役 嶋侑規子さん

2代目は昭和の大相撲力士
守る伝統と昔なじみの味わい

 1904年に創業した「濱辰商店」は、100年以上の歴史を誇る老舗のかまぼこ専門店です。その始まりは海に面した和歌浦。かまぼこを作るのに最適な場所で基盤を築き、和歌浦名産という呼称を不動のものとしました。現在は車で10分ほど北上した雄松町で営業。工房と直売所を併設し、創業時の製法を受け継ぎつつ、伝統と昔なじみの味を守り続けています。

「来年に創業120周年を迎えます。本当に多くの人に支えられ、ただただ感謝。この気持ちを何かの形で皆さまにお届けしたいと考えています」。そう話すのは、濱辰商店4代目の嶋侑規子さん。3代目の夫が体調を崩したこともあり、製造と経営を分けて2年前に代表取締役に就任。「23歳でお嫁に来た時から、現場に携わっています。もう半世紀近くかまぼこ屋です(笑)」と。当時は中央市場での販売もあり、真夜中から作業開始。夫と一緒に2代目の背中を必死で追いながら、一からかまぼこ作りと商売を学んだと言います。

2代目といえば、地元ではちょっとした有名人。実は和歌木山(わかぎやま)の名前で活躍した昭和の大相撲力士で、最高位は東十両3枚目。そんな2代目が考案し、店の看板商品でもある「扇かまぼこ」は、力士時代からヒントを得て作られました。モチーフは力士を呼び上げる呼出(よびだし)が使う扇。縁起の良さもあり、結婚式やお祝いの日の贈り物、さらに紅・白・焼きと3種類そろうことから、正月に欠かせないおせち料理の彩りになっています。

店舗に飾られた2代目・嶋栄一さんの写真。大相撲現役時代の姿で、四股名は和歌木山。たくましくも優しいまなざしで、いつも家族を見守っています

店舗に飾られた2代目・嶋栄一さんの写真。大相撲現役時代の姿で、四股名は和歌木山。たくましくも優しいまなざしで、いつも家族を見守っています

「キリッとした男前で、相撲にも仕事にもまじめ一直線でした。その気質は、主人や子どもたちだけでなく、濱辰の従業員一人一人に引き継がれています。総勢で23人。最高齢の82歳から下は22歳まで、世代を超えて協力しがんばっています!」

4月から新事業!キッチンカー始動
ふわふわ新食感の練り物がお目見え

扇かまぼこ

結婚、出産、お正月…祝いの席には「扇かまぼこ」が地元の定番。おせち料理の彩りには紅・白、雑煮には焼きがおすすめです。1本1512円

味わいの決め手はツヤと食感
代々受け継ぐこだわりの製法

かまぼこ工房には朝8時からモクモクと湯気が立ち上り、職人さんたちがせわしなく動き回っています。こだわりは素材の味を最大限に生かす、創業時から変わらない手作りの製法。すり身の原料として一級品のエソやハモ、イトヨリなどを使い、より自然に近い味わいを追求しています。「かまぼこは味だけでなく、食感も大切です。濱辰が目指す味と食感を引き出すのは、手間を惜しまない石臼を使った練り上げ。職人たちは、日々変化する湿度と温度を見極め、感覚を研ぎ澄ましながら、かまぼこの味わいを決めています」と、嶋さん。

表面にはツヤがあり、ひと目で分かる弾力としっとりとした質感。当然、口の中でもプリッとした弾力を感じ、かみしめるごとに魚の濃厚なうま味が広がります。しっかりとした食べ応えもあって、おかずとしても一級品。「今の時期はお正月用のかまぼこ。やっぱり看板商品の“扇かまぼこ”が人気です」と、話しているそばから、店頭ではショーケースに並ぶ作りたての「あげかまシリーズ」も次々と売れていきます。

シリーズは「たこ」、「たまねぎ」、「ささがきごぼう」、「しょうが」、「ピリからげそ」など。ツヤと弾力に、揚げ油のジューシーさが加わり、一口サイズの食べやすさもあって、手が止まらないおいしさ。師走の忙しい主婦にとっては、そのまま食卓に出せるおかずとして、こんなにうれしい食材はありません。

石臼の様子

手間がかかっても石臼を使うのは、濱辰がこだわる心地よい歯ごたえを生み出すため。その分、温度と湿度の見極めが難しく、日々職人の腕が試される勝負所でもあります

職人は手作業で1つ1つ形作り

高級かまぼこだけでなく、おでんの具材となるひら天やごぼ天のほか、弁当に入れるとかわいいウズラ詰めの小玉子まで、職人が一つ一つ丁寧に手作りしています

揚げかまぼこ

たこ・たまねぎ・しょうが・ピリからごぼうと、食卓にそのまま並べるだけで立派なおかずになる「あげかまシリーズ」は主婦の強い味方。店頭では量り売りも。スーパーや産直市場ではパック入りが並んでいます

ぱんだかまぼこ

お土産としても人気のある「パンダかまぼこ」(各色518円)。ほかに「ハートかまぼこ」もあり、名前やメッセージを入れることもできます

創業120周年の節目に
新事業キッチンカー始動

嶋さんは「今では定番となった“あげかまシリーズ”ですが、これを考案したのは3代目の主人。夏に売れる商品を…と開発したのがあげかまです」と話します。新商品の開発だけにとどまらず、物産展やイベント出店なども積極的に参加。トラックにフライヤーを積み込み、揚げたてを実演販売で提供。今年は和歌山県内を中心に、道の駅や祭り、花火大会など、春から秋にかけて隔週のペースで走り回っていました。担当は嶋さんと娘の敦子さん。「やりがいは、対面販売の時に聞こえてくるお客さまの声と、ほお張った時の笑顔。『濱辰のかまぼこやったら間違いない』と言われるのが、何よりもうれしいですね」

そんな濱辰の女性陣は、120周年を迎える来年4月からキッチンカー部門を始動。新たな事業の柱として活動する方針です。SEA by hamatatsu(シー・バイ・ハマタツ)心機一転、名前も新たに「SEA by hamatatsu(シー・バイ・ハマタツ)」の英表記で、かまぼこの魅力と濱辰の名前を県内外に発信。現在、敦子さんが中心となって新商品の開発も進めています。「濱辰の味と看板を守りつつ、新しい時代にも目を向けて日々進化。令和の子どもたちにも求められるものを届けていきたい」と話す嶋さん。キーワードは、すぐに食べられる・食べ切りサイズ。新鮮なすり身をそのまま揚げ、ふわふわのボール状に仕上げた新食感の練り物が初お目見えします。

濱辰商店

外観と内観、今年の干支かまぼこ(辰)

代 表 者 代表取締役 嶋侑規子
創    業 明治37(1904)年
工房兼店舗 和歌山市雄松町3-48-1
ホームページ https://www.hamatatsu.co.jp
電話番号 073(402)1738
営業時間 午前9時~午後6時
定休日 水・日曜
※12月14日(木)〜30日(土)は休まず営業
年始は1月5日(金)から開始

フロント特集

 

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

おすすめ記事

  1. プレミア和歌山認定品の毬玉アクセサリー、天然石や真鍮のアクセサリーやビーズ・スパンコール刺繍の作品…
  2. リビング和歌山4月20日号「知ってた?有田市に国内最大級のチューブスライダー出現」
     3月23日、有田市初島町に誕生した健康スポーツ公園「BIG SMILE PARK(ビッグ・スマイ…
  3. おさかな、食べていますか? 海に囲まれたニッポンは、種類豊富な水産物に恵まれています。今年度、全国…
  4. リビング和歌山4月6日号「生地卸商から始まり 多角化戦略で進化する 老舗100年企業」
    地域経済をリードする地元企業の魅力に迫る「すごいぞ!和歌山の底力」シリーズ。今回は和歌山市に根付い…
  5. リビング和歌山3月30日号「遊びを通した心の栄養士 おもちゃコンサルタント」
    おもちゃの広場では、全国のおもちゃ美術館に展示されている国内外のおもちゃが並びます 山本記代さん…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山4月20日号

    2024/4/18

    リビング和歌山4月20日号

    リビング和歌山4月20日号  3月23日、有田市初島町に誕生した健康スポーツ公園「BIG SMILE…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2024/4/18

    2024年4月20日号
  2. 2024/4/11

    2024年4月13日号
  3. 2024/4/4

    2024年4月6日号
  4. 2024/3/28

    2024年3月30日号
  5. 2024/3/21

    2024年3月23日号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る