みそソムリエ宮本さんの味噌漬け春夏秋冬「ブリの味噌漬け」

日本の伝統的な発酵食品である味噌。季節に合わせて、おいしく、ヘルシーに暮らしに取り入れてみませんか。みそソムリエの宮本さんに、味噌を使った料理のレシピや、味噌に関する知識を伝授してもらいます!
ブリの味噌漬け

  • ブリ…2切れ
  • 濃口しょう油…小さじ1
  • みりん…大さじ2.5
  • 九州の麦味噌…大さじ1
  • 酒…大さじ1.5
  • 塩…適量

①酒とみりんを鍋に入れ、しばらく沸騰させてアルコールを飛ばす。別の器に入れてあら熱をとっておく

②ブリの両面に塩をぱらぱらと振り、20分ほどおく。出てきた水分をキッチンペーパーで拭き取る

③麦味噌としょう油、①をよく混ぜ、②に塗る

④空気を抜いて密閉袋に入れ、冷蔵庫で1晩~2晩漬ける

ブリの味噌漬け

⑤両面グリルの中弱火で8分ほど焼き、火が通っていたらでき上がり

郷土料理・豆腐焼き(とふやき)
  • 木綿豆腐…1kg (水切りしておく)
  • 青ねぎ…80g
  • 本みりん…20cc
  • 米味噌…100g 1
  • 砂糖…20g
  • 卵黄…1個

※トースターや弱火のグリルで10~15分ほど温めて食べてください
若く色の淡い白味噌を使うのがおすすめ!

 

宮本結実さん
和歌山市出身のみそソムリエ。幼いころから自家製みそに親しんできた、大のみそフリーク

あけましておめでとうございます。皆さんお正月はどう過ごしましたか。関西では味噌仕立てのお雑煮が主流ですが、和歌山には、大晦日(おおみそか)にも味噌を使った料理を食べる習慣が。伊都地方、橋本市に伝わる郷土料理・豆腐焼きです。硬めにつくった特製の豆腐に、ねぎ味噌をつけて炭火で焼きます。
しくじったり、失敗することを「みそがつく」といいますが、一年の内につけた「みそ(失敗)」や、弱みそ、泣きみそなどを食べきり、家族でいろりを囲んで一年の無事を感謝します。青ねぎをすり鉢ですり、味噌や調味料を入れてさらにすってねぎ味噌を作ります。すった青ねぎは丸くやさしい味。大晦日はもう過ぎてしまいましたが、とてもおいしいのでぜひ作ってみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部

今週のリビング新聞

  1. 2018/4/19

    里山まつり
    和歌山県立森林公園根来山げんきの森(岩出市根来)で、「第17回里山まつり」が4月29日(祝…
  2. 空き家に関するさまざまな情報が分かる 県がパンフレットを発行
    管理や活用の方法を分かりやすく紹介  人口減少や高齢化を背景に、数年前から「空き家」が社会…
  3. 西山浄土宗の慶哉寺(きょうさいじ、和歌山市中島)で、お釈迦様の誕生を祝う催し「第3回花まつ…
  4. 新南写真クラブ写真展
     スナップや風景など、24点の写真が飾られる「新南写真クラブ第5回写真展」が、4月20日(…
  5. 落語を聞いて学ぶ消費者問題「桂花團治(はなだんじ)記念講座・ひとはなぜダマされる・賢い消費…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山4月21日号

    2018/4/19

    リビング和歌山 2018年4月21日号

    リビング和歌山 2018年4月21日号 昨年4月28日、「『最初の一滴』醤油(しょうゆ)醸造の発祥の…
バックナンバー

おすすめ記事

  1. リビング和歌山4月21日号
      昨年4月28日、「『最初の一滴』醤油(しょうゆ)醸造の発祥の地」として、国の日本遺産に認定され…
  2. リビング和歌山4月14日号
     香りや味が良く、最高級の品質だとして全国各地で栽培されている「真妻わさび」は、和歌山に起源があり…
  3. 日本の伝統的な発酵食品である味噌。季節に合わせて、おいしく、ヘルシーに暮らしに取り入れてみませんか。…
  4. 認証状を交付する尾花正啓市長と、受け取る平松加奈子さん

    2018/4/12

    防災Topics
    学生消防団活動認証制度開始 第1弾は4人に認証状を交付 若手の人材確保、地域と大学の交流、就職活動支…
  5. 和歌山市消防局・高度救助隊 消防司令補 梶本 敦司さん 国際緊急援助隊救助チームの一員としてメキシコ…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る