イマドキの設備機器【システムバス】 傷や汚れに強い人造大理石が人気 エコやバリアフリーにも配慮

細かな泡の湯でリラックスできる浴槽

細かな泡の湯でリラックスできる浴槽

またぎやすく、手すりも自由に取り付け可

またぎやすく、手すりも自由に取り付け可

新築やリフォームで欠かせないキッチンやトイレ、浴室などの水回り選び。いざ選ぶとなると、どんな種類があるのか、どう選べばよいのか迷うことが…。今回から始まる「イマドキの設備機器」では最新トレンドを紹介。初回は、これからの季節、湯船に浸かってゆっくりと体を温めたい“浴室”を取り上げます。

浴室の構造は、在来工法(現場施工)とシステムバスに分けられますが、最近はシステムバスが一般的。各メーカーの商品バリエーションも豊富です。「パナソニックリビングショウルーム和歌山」(和歌山市中之島)で聞きました。

最近のシステムバスの傾向について同ショウルームのスタッフは「掃除のしやすさに加え、エコロジー、ユニバーサルデザインが取り入れられ、機能性とデザイン性が高まっています。オプションも充実しているので、自分好みの空間をつくる人が増えています」と話します。浴槽の素材は、傷や汚れに強く、手入れがしやすい人造大理石が採用され、色は白や黒、壁は木目調やベージュが人気だそう。

また、浴槽を断熱材でくるみ保温性を高めることで、追い炊きをしなくても温かさが保たれ、環境にも家計にも優しいのがうれしいところです。他にも、浴槽へのまたぎ込みがしやすいタイプ、浴槽に腰を掛けて入れるタイプ、オプションで手すりを取り付けるなど、誰もが使いやすいように配慮されています。「今はヒートショック対策として、浴室暖房乾燥機だけでなく、脱衣室の小型の暖房器具もあります」と説明。

リラックス効果を追求した商品も各メーカーで続々と登場。「当社では専用のアロマオイルを入れ、酸素の細かな泡の湯でリラックスできるタイプがおすすめですよ」と話しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハウジング

おすすめ記事

  1.  子どもの“理科離れ”が叫ばれるようになって久しいですが、本来、好奇心が旺盛な小学生は観察や実験が大…
  2.  何気なく使っている水ですが、水道水はどのようにして私たちのもとに届いているのでしょうか。また、連日…
  3. 常備灯 「ここだよライトS」(5人)  豪雨災害が出るなど、まとまった雨が降ることが多く、心配にな…
  4.  睡眠は健康を維持するためには欠かせません。そのためにも寝具にもこだわりたいもの。特にマットレスは快…
  5.  小学校の校舎をリノベーションして、和歌山市に2つの大学が誕生しています。地域に親しまれてきた場所が…

電子新聞 最新号

  1. 2019/7/18

    リビング和歌山 7月20日号

    リビング和歌山 7月13日号  何気なく使っている水ですが、水道水はどのようにして私たちのもとに届い…
バックナンバー
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る