キワニスクラブが子どもたちを支援 七五三のお祝い

11月7日、社会奉仕団体「和歌山キワニスクラブ」が、児童養護施設「こばと学園」の女児に、「七五三支援」を実施。晴れ着の着付けとヘアセットが行われました。

参加したのは、6歳の女児3人。スタイリング中は緊張した面持ちだった子どもたちも、着付けが完成すると目を輝かせ、うれしそうな表情に。

 七五三支援を発案したのは、同クラブ青少年教育委員会副委員長であり、美容室「ヘアアンジェリック」オーナーの井内紀子さん。同クラブ青少年教育委員長の中岡俊明さんは、「キワニスとして子どもたちに何かできることはないかと模索しているときに、今年の春、井内さんがこの支援を提案。子どもたちのうれしそうな顔を見ていると、こちらも笑顔になります」と。子どもたちは、プレゼントの千歳飴を受け取り、写真館へ向かいました。

 井内さんは、「着飾るとやはり女の子は表情が変わりますね。“きれいにしてもらった”という経験が、子どもたちの思い出に残り、さらに夢へとつながればいいなと思います。このような活動を、今後も続けていけたら」と話しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  和歌山は全国でも有数のショウガの産地です。ショウガには、血行を促進し、身体を温め、代謝を高めるなど…
  2.  文化財に指定されている住宅を訪ねてみませんか。建築様式や残されている調度品、家そのものの香りなど…
  3.  今年10月、食品ロス削減推進法が施行。食品メーカーや小売業などの企業で取り組みが進むことが期待さ…
  4. 「ねんりんピック紀の国わかやま2019」が、11月9日(土)~12日(火)の期間、和歌山県内で開催…
  5.  松阪牛、近江牛、神戸牛…、これまで“高級肉”といえば、サシがたっぷり入った霜降り肉が主流でしたが…

電子新聞 最新号

  1. 2019/11/14

    リビング和歌山 11月16日号

    リビング和歌山11月16日号 文化財に指定されている住宅を訪ねてみませんか。建築様式や残されている調…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る