キワニスクラブが子どもたちを支援 七五三のお祝い

11月7日、社会奉仕団体「和歌山キワニスクラブ」が、児童養護施設「こばと学園」の女児に、「七五三支援」を実施。晴れ着の着付けとヘアセットが行われました。

参加したのは、6歳の女児3人。スタイリング中は緊張した面持ちだった子どもたちも、着付けが完成すると目を輝かせ、うれしそうな表情に。

 七五三支援を発案したのは、同クラブ青少年教育委員会副委員長であり、美容室「ヘアアンジェリック」オーナーの井内紀子さん。同クラブ青少年教育委員長の中岡俊明さんは、「キワニスとして子どもたちに何かできることはないかと模索しているときに、今年の春、井内さんがこの支援を提案。子どもたちのうれしそうな顔を見ていると、こちらも笑顔になります」と。子どもたちは、プレゼントの千歳飴を受け取り、写真館へ向かいました。

 井内さんは、「着飾るとやはり女の子は表情が変わりますね。“きれいにしてもらった”という経験が、子どもたちの思い出に残り、さらに夢へとつながればいいなと思います。このような活動を、今後も続けていけたら」と話しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  子どもの“理科離れ”が叫ばれるようになって久しいですが、本来、好奇心が旺盛な小学生は観察や実験が大…
  2.  何気なく使っている水ですが、水道水はどのようにして私たちのもとに届いているのでしょうか。また、連日…
  3. 常備灯 「ここだよライトS」(5人)  豪雨災害が出るなど、まとまった雨が降ることが多く、心配にな…
  4.  睡眠は健康を維持するためには欠かせません。そのためにも寝具にもこだわりたいもの。特にマットレスは快…
  5.  小学校の校舎をリノベーションして、和歌山市に2つの大学が誕生しています。地域に親しまれてきた場所が…

電子新聞 最新号

  1. 2019/7/18

    リビング和歌山 7月20日号

    リビング和歌山 7月13日号  何気なく使っている水ですが、水道水はどのようにして私たちのもとに届い…
バックナンバー
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る