チャレンジ!顔もみで不調を吹き飛ばせ

top3

季節の変わり目は、気温や気候の変化に対応しきれず、体の調子が下降ぎみに。脳神経外科の長田裕さんが考案した“顔もみ”健康法で、心身ともにリラックスしましょう。

20150228top01

教えてくれるのは

長田裕先生

ナガタクリニック(和歌山市岡織屋小路)院長。自ら考案した「無血刺絡(しらく)療法」で、パーキンソン病をはじめとした難病治療を行っています。「自分でできるチクチク療法」(三和書籍・3月3日発売)など、著作多数。今回参考にしたのは「脳神経外科医が考案した超健康になる顔もみ療法」(マキノ出版・発売中)。

自律神経を整えてリラックス

気温の変化が大きく、体調を崩しがちな今の時期。そこで紹介したいのが「ナガタクリニック」院長の長田裕さんが考案した〝顔もみ〞です。

季節の変わり目に体調を崩しやすい原因の一つに、自律神経の乱れがあります。血流をはじめ体のあらゆる働きを調節しているのが、活動時に働く交感神経と休息時に働く副交感神経からなる自律神経。急激な温度変化などストレスがかかることで、バランスが乱れて不調の原因になります。

「自律神経の司令塔である脳幹に近い〝顔〞を刺激することで、神経に直接働きかけ、バランスを調整。自然治癒力や免疫力の向上を目指します」と長田さん。西洋の神経解剖学と、東洋の経穴(ツボ)理論に基づいて、顔を5つのゾーンに分類。指先を使ってそれぞれをもみほぐして刺激、同時に血流も促進、心身ともにリラックスできます。

体験してみましたリビング読者相坂なづきさん

体験してみました
リビング読者 相坂なづきさん

カンタンにできる!顔もみの方法

人差し指、中指、薬指をそろえて顔にあて、小刻みに動かしながら刺激します。“イタ気持ちいい”くらいの強さでやさしくもみほぐして。1カ所30回ずつ、1日2、3セットが目安です

20150228top03

目の下のくぼみ

ほお骨が盛り上がっている部分。デリケートな部分なので、やさしく


20150228top04

眉毛

目の周りは、眼精疲労などに。仕事や読書の合間にもできます


20150228top05

耳の前

耳と髪の境、動脈があるところ。指を上下に動かしてもみほぐします


20150228top06

口の上

ちょうど歯茎の上に当たる部分。歯のトラブル、顔のむくみを感じたときに


20150228top07

口の下

下唇の下、歯茎の上に当たる部分。歯のトラブルがあるときに押して


※長い爪や、ネイルアートをした爪でもできますが、先が鋭くとがったり、切りたての場合は皮膚を傷つけるので避けて

顔とセットで、
頭と爪をもんで
さらにリラックス

より癒やされたい人は、顔もみと合わせて「頭もみ」と「爪もみ」もやってみましょう。

顔とセットで、頭と爪ももんでみましょう。顔もみ同様、自律神経のバランスを整えることが目的です。強く押しすぎず、“痛いけれど気持ちいい”くらいの強さで押すのがポイント。「回数などはあまり気にせず、毎日続けることが大切」と長田さんは言います。朝晩のスキンケアのとき、入浴中などにゆったりリラックスしながら行うのがおすすめ。

上記の点が押すポイント、爪の生え際から2ミリくらい下のところを刺激します

上記の点が押すポイント、爪の生え際から2ミリくらい下のところを刺激します

爪の生え際部分をギュッ

外出先などで簡単にできるのが爪もみ。神経線維が集まる爪の生え際も、自律神経に働きかけやすいポイントです。反対の手の親指と人差し指でギュッとつまみ、10秒以上かけて刺激。両手のすべての指に行いましょう(1日2、3セットが目安)。強いストレスを感じている人は、顔、頭、爪の3カ所をもみほぐすことで、リラックス効果を感じられます。


20150228top08

「天柱」と頭皮をもみほぐす

耳の後ろにある骨の出っ張りと、首の付け根中央のへこみとの間にある「天柱」というツボを刺激。さらに、手で頭を包み込むようにして指先で頭皮をもみます。回数は10回程度。マッサージ効果が高くリラックスでき、「はっきり出ていた笑いジワが減りました」と長田さん。「肌の色つやが良くなった!」との声もあるとか。エイジングケアとしても期待大です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フロント特集

リビングフェスタ2017
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部

今週のリビング新聞

  1. 2017/9/21

    WAWフェスタ
    動物愛護週間の一環として「WAWフェスタ・イン・動物愛護週間」が、9月30日(土)、10月…
  2. 和歌山市の中心市街地を流れる「市堀川」。今、この水辺をまちづくりに生かそうという動きが活…
  3. 7月に岩出市にオープンした中華そば「まる乃」。化学調味料を使用せず、鶏と魚介から作るコク…
  4. 2017/9/21

    東かおる展
    関西を中心に活躍している、銅版画作家・東かおるさんの個展「エクスポージャー」が、9月22…
  5. 幕末から明治にかけて、川合小梅さんが和歌山での生活をつづった「小梅日記」。日記の記述を確か…

電子新聞 最新号

  1. 2017/9/21

    リビング和歌山2017年9月23日号

    リビング和歌山 9月23日号 和歌山市の中心市街地を流れる「市堀川」。今、この水辺をまちづくりに生か…
バックナンバー

おすすめ記事

  1. 和歌山市の中心市街地を流れる「市堀川」。今、この水辺をまちづくりに生かそうという動きが活発になって…
  2. のりちゃんの子育て奮闘記
    漫画/佐田 静 のりちゃん和歌山市出身のお笑い芸人(37歳)。3女の父として、夫婦で子育て奮闘…
  3. 《材料(4人分)》 ●米2合(水約200cc)●サツマイモ1本●シメジ1/2房●ベーコン2~3枚●…
  4. 9月25日は「主婦休みの日」。妻であり、1児の母でもある森三中の村上知子さんは、「家事は私だけが頑…
  5. 心を豊かにする情報を伝える「Good Life~心に潤いと輝きを~」。秋の深まりとともに県内各地で…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る