テレビの“親切放送化現象”で 起きてしまった災いとは!?

テレビのツムジ

テレビの“親切放送化現象”で
起きてしまった災いとは!?

いつ、どこから、誰が見ても分かりやすいように作られている近年のテレビ番組。しゃべりをフォローするテロップや、画面右上に出ているテーマの文字などがそれである。他にも、dボタンを押せば、スポーツの途中経過やドラマのあらすじなどが分かったりも。少しでも視聴率を獲得しようと始めたのだろうが、この“親切化”のせいで、逆に数字が落ちることもある。昨年のNHK紅白歌合戦だ。引退する安室奈美恵や桑田佳祐など、目玉アーティストが出演し、内容はおおむね好評だった。ところが、視聴率は歴代ワースト3の39・4%。ネットに視聴者が流れた、などといわれているが、単に紅白の“ひっぱり”がなかっただけである。生放送中、dボタンを押せば、安室奈美恵、桑田佳祐、他の出場歌手のタイムスケジュールが、事細かく記されていた。これでは裏番組にチャンネルが流れる。つまり「いつ登場するの?」というドキドキ感で、引き付けていないのだ。今年の紅白は、曲名や曲順もあまり知らせない不親切放送にすれば、より見てくれるかも。親切心からの提言だ。
※次回は2月10日号に掲載

テレビのツムジ 関西の放送作家がバッサリ!
文:岡内義人
読売テレビ「す・またん」「かんさい情報ネットten.」「土曜はダメよ」、ABCラジオ「桑原征平 粋も甘いも」などの番組構成を担当中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  子どもの“理科離れ”が叫ばれるようになって久しいですが、本来、好奇心が旺盛な小学生は観察や実験が大…
  2.  何気なく使っている水ですが、水道水はどのようにして私たちのもとに届いているのでしょうか。また、連日…
  3. 常備灯 「ここだよライトS」(5人)  豪雨災害が出るなど、まとまった雨が降ることが多く、心配にな…
  4.  睡眠は健康を維持するためには欠かせません。そのためにも寝具にもこだわりたいもの。特にマットレスは快…
  5.  小学校の校舎をリノベーションして、和歌山市に2つの大学が誕生しています。地域に親しまれてきた場所が…

電子新聞 最新号

  1. 2019/7/18

    リビング和歌山 7月20日号

    リビング和歌山 7月13日号  何気なく使っている水ですが、水道水はどのようにして私たちのもとに届い…
バックナンバー
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る