トドメの一言が出る前にパパはそっと退散を

トドメの一言が出る前にパパはそっと退散を

夫婦ゲンカの3大理由は子ども・お金・家事の分担

その昔、私と亭主が暮らしたスペインの家を次男が訪れてくれました。それはグラナダの古い町、アルバイシン地区にある3階建ての白い家(カサブランカ)で、中庭(パティオ)を一周するように部屋が作られ、1階は倉庫、3階に大家さん一家、そして2階を私たちが貸りて住んでいました。次男を招き入れてくれたホセは最初、亭主の名前を聞いて「知らない」と言ったそうですが、私の名前を言った途端、「オー! ようこ、ようこ!」と大喜びだったとか。「パパはどこへ行っても影が薄い」という次男のつぶやきは内緒に。

話はここからです。実はホセは離婚をしていて、この家の2階に住み、元妻とホセの子どもたちが3階に住んでいるというのです。しかも元妻は再婚しており、再婚相手も一緒に。「お金がないからなあ」とホセは明るく笑ったそうですが、いくら陽気な国、スペインの人だからといって、これは相当キツイのでは。「慰謝料がわりにあげる」とホセが家を出たのですが住む所がなく、同じ家の階下に住むことになったとか。新しい夫と暮らす元妻とわが子を、ホセは毎日、どんな気持ちで見ているのでしょう。そして子どもは、階下にいる父親とどのように接しているのでしょうか。

結婚当初、先輩から言われたのは、「浮気は別として、夫婦ゲンカの原因は一に子ども、二にお金。この2つをクリアすれば間違いなく長続きする」と。現在はこれに、「家事の分担」を加えて3大要因に。この3つに対する考え方の違いが「性格の不一致」となるのかと。導火線が短く、日本語上級者の私は、ケンカになるとつい余計なことまで言ってしまいます。一方無口な亭主は、ケンカが劣勢になると必ず姿を消します。もし彼がその場に居続けたら、私はきっとトドメの一言を言い放ったことでしょう。

言いたいことはため込まず言う方がいい。けれどトドメの一言が出そうになったら、パパがそっと消えましょう。これが長続きの秘策です。

名前なりきよ ようこ
なりっち
プロフィル絵本編集者として勤務後、渡欧。帰国後フリーに。保育所や小学校で読み聞かせを25年以上続けている。絵本creation(編集プロダクション)代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

今週のリビング新聞

  1. レッグウオーマー「プードレッグ」
    骨身にしみるような冷えに悩む人は、厚着をする前にまず足首を温めて。室内履きで有名な「パン…
  2. GA-ENフラワー作品展
     「GA-ENフラワー作品展&スペシャルイベント2018」が、11月23日(祝)~25日(…
  3. 「竹あかりのおまつり・In・わかやま」が、観音山フルーツガーデン(紀の川市粉河)で開催。前…
  4. クリスマス寄せ植え教室
     オープンガーデンわかやまの「クリスマス寄せ植え教室」が、11月24日(土)午前10時~正…
  5. 2018/11/15

    寒蘭展示会
    東洋蘭(らん)愛好者の会・紀州蘭友の会の「寒蘭展示会」が、11月17日(土)午前10時~午…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山11月17日号

    2018/11/15

    リビング和歌山 2018年11月17日号

    リビング和歌山 2018年11月17日号 11月22日は「いい夫婦の日」。コミュニケーションが苦手と…
バックナンバー

おすすめ記事

  1. 11月22日は「いい夫婦の日」。コミュニケーションが苦手とされている日本人。普段から、お互いに感謝…
  2. “和歌山といえばミカン”ですが、和歌山市民はバナナもたくさん食べていたことを知っていましたか。スー…
  3. 左:和歌山県薬剤師会災害対策委員長・松尾哲也常務理事 右:稲葉眞也会長
    和歌山県薬剤師会・稲葉眞也会長、松尾哲也常務理事 モバイルファーマシーで調剤支援と公衆衛生管理 熊…
  4. 防炎かっぽう着
    防炎かっぽう着(3人) 日本防炎協会の認定品。フリーサイズ。カラーはブルーもあり(5292円)※プレ…
  5. リビング和歌山11月3日号
    深まる秋をファッショナブルに過ごしたいもの。「オシャレは足元から」という言葉があるように、特に気を…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る