ハウジングナビ ~よりよい暮らしのために~

イマドキの設備機器【キッチン】

機能面の向上と収納力

天板素材や立体シンクも注目

①テコの原理で軽く開閉

新築やリフォームで欠かせない水回りの設備選びに役立つ情報を伝える「イマドキの設備機器」。今回は、 最もこだわりたい部分の一つ、キッチン。LIXIL(リクシル)和歌山ショールーム(和歌山市三葛)を訪れまし た。スライド式収納やメンテナンスの簡単さなど、従来に比べてどの製品も使いやすさが向上しているところ に注目です。

②料理をしながら家族との会話を楽しんだり、子どもの様子を見たりできます

同社によると、和歌山県内ではゆったりとした住空間を確保する人が多く、I型の対面式キッチンが人気とも 。「最近は収納と手入れの手軽さが重視されています。当社では立体構造のキッチンで大容量の収納にも対応 。吊り戸棚を設けずに広びろとした空間がつくれます。引き出しはテコの原理を応用して楽に開閉。内部が一 目で分かるので便利です(写真①②)」と説明。

 天板の素材はステンレスや人造大理石に加え、セラミックが登場。「鍋敷きなしで熱いフライパンをそのま ま置けたり、まな板代わりに使えたりと、熱や傷に強く、汚れが落ちやすいのが特徴。焼き物ならではの質感 で高級感もあります」と話します。

③2段のレーンで立体的に使えるシンク

 シンクは立体的に使うのが今風。2段レーンでプレートと水切りの板が置け、調理スペースの延長として使用 (写真③)。レンジフードも改良され、掃除がより楽になっています。グリルはIH(電磁調理器)かガスを 選択。どちらもスイッチ一つで火加減を自動調節できるなど機能が増え、中にはスマートフォンと連動し、調 理メニューに合った温度や時間設定ができる製品も。「機能やサイズなど、気になることがあればショールー ムで相談を」とアドバイスしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハウジング

おすすめ記事

  1.  使うほどに味わいが深くなる革のバッグや財布。毎日使っていると、傷や汚れなどが気になってきます。また…
  2. スピードクーラー (レギュラータイプ)(10人)  全国的に夏日が続いています。暑い夏に、もし災害…
  3. 立野
    野菜のプロフェッショナル 立野眞生(たての まさお) ■プロフィール 1975年、和歌山県生まれ…
  4. 花や木がいきいきと育つ、みずみずしい季節になりました。今回は、世界三大○○として認められている、ジャ…
  5. 世界初の実用的カメラが誕生して今年で180年。写真技術の進化には和歌山県の企業も深く関わっています…

電子新聞 最新号

  1. 2019/6/13

    リビング和歌山 6月15日号

    リビング和歌山 6月15日号  使うほどに味わいが深くなる革のバッグや財布。毎日使っていると、傷や汚…
バックナンバー
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る