ロケットはなぜ飛ぶのか!? 紙コップとエタノールで実験

20160130yac10
地域貢献活動の一環として和歌山リビング新聞社が運営している「日本宇宙少年団(YAC)和歌山分団」。12月12日に定期活動を実施。JAXA(ジャクサ)スペースティーチャーズ和歌山のメンバーで向陽高校の塩崎智哉教諭を講師に迎え、ロケットが飛ぶ仕組みを考えました。

まず塩崎教諭は、膨らんだ風船が空気を噴き出しながら飛ぶ様子を例に「推力」を解説。ロケットもエンジンの中で高圧の燃焼ガスを大量に作り、それを高速で噴射することで前に進む力を得ていると説明しました。その後、紙コップで分団員それぞれがロケットを作製。空き缶にエタノールを入れ、点火して発生するガスでロケットを飛ばしました。2mほど飛んだロケットも中にはあり、分団員たちは歓声を上げていました。

問い合わせ和歌山リビング新聞社
電話073-428-0281
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

おすすめ記事

  1. 昨年の5月30日号で実施した「スーパーの惣菜総選挙」には、読者の皆さんから2000票ほど投票いただき…
  2. ハデ~なデコレーションに彩られて街を行き交うクルマ、はたまた同じ音楽が繰り返されて耳にフレーズが残…
  3.  寒い冬はつい活動量が減って運動不足になりがち。コロナ自粛も相まって、筋力低下が気になります。でも…
  4. 立春が過ぎ、暦の上ではもう春ですが、今冬は例年より冷え込みが厳しく、まだもう少し寒い日が続きそう。和…
  5. 2月2日(火)は節分の日。節分といえば、福徳をつかさどる歳徳神(としとくしん)のいる方角に向かって…

電子新聞 最新号

  1. 2021/2/25

    リビング和歌山2月27日号

    リビング和歌山2月27日号 昨年の5月30日号で実施した「スーパーの惣菜総選挙」には、読者の皆さんか…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る