今日から始める ボタニカルライフ ミニ日本庭園編

インテリアやコスメ、ファッションなど今、各分野で注目されている「ボタニカル」。生活空間にグリーンがあるだけで、日々の暮らしに癒やしと安らぎが〝プラス〞されますよね。お手軽・簡単、そしてオシャレなボタニカルライフを〝趣味〞に加えませんか。

日本庭園には、水を使わずに、砂やコケで海や山のある風景を表現し、自然の風景に見立てて庭を造るという考えがあります。四季折々の自然を感じながら、空間全体を楽しめるのが魅力の一つ。でも、実際に庭園を造るのは場所も時間も必要。そこで今回は、植木鉢に小さな日本庭園を造る方法を紹介します。

日本庭園には、水を使わずに、砂やコケで海や山のある風景を表現し、自然の風景に見立てて庭を造るという考えがあります。四季折々の自然を感じながら、空間全体を楽しめるのが魅力の一つ。でも、実際に庭園を造るのは場所も時間も必要。そこで今回は、植木鉢に小さな日本庭園を造る方法を紹介します。

ミニ日本庭園 —四季折々の風景を楽しむ—

20161210sub02《材料》

日向ミズキ、ユキノシタ、トキワヒメハギ、水ゴケ、ハイゴケ、鉢、白砂利、小さめの石、お好みのミニチュア

ビニールポットから苗を出し、根を軽くほぐします。鉢の半分は苗木で山を、残りの半分は白砂利で海を表現します

ビニールポットから苗を出し、根を軽くほぐします。鉢の半分は苗木で山を、残りの半分は白砂利で海を表現します

鉢に底石を敷き、土、肥料を入れます。苗木は、奥に背の高い苗、手前に低い苗を入れ、バランスを見ながら配置

鉢に底石を敷き、土、肥料を入れます。苗木は、奥に背の高い苗、手前に低い苗を入れ、バランスを見ながら配置

水やりの時、土と白砂利とが混ざらないように、水ゴケを敷きます。水ゴケは土の乾燥を防ぐ役割もあります

水やりの時、土と白砂利とが混ざらないように、水ゴケを敷きます。水ゴケは土の乾燥を防ぐ役割もあります

苗木の下に、黄緑色のハイゴケを敷き詰めていきます。細かな部分は小さく分けながら敷きましょう

苗木の下に、黄緑色のハイゴケを敷き詰めていきます。細かな部分は小さく分けながら敷きましょう

水ゴケの上に、白砂利を置いていきます。箸などを使って、砂紋(さもん)を描くなどアレンジを楽しんでもOK

水ゴケの上に、白砂利を置いていきます。箸などを使って、砂紋(さもん)を描くなどアレンジを楽しんでもOK

灯籠やししおどし、ネコなど、お好みのミニチュアを置いて完成。正月用には、金銀の水引きを添えると華やかさがアップ

灯籠やししおどし、ネコなど、お好みのミニチュアを置いて完成。正月用には、金銀の水引きを添えると華やかさがアップ

【取材協力】ガーデナーズジャパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

今週のリビング新聞

  1. 住宅展示場へ行こう ① 住宅展示場を効果的に活用 何度も足を運び、じっくりと選んで! セ…
  2.  ネパールの山の村の暮らしを、写真で紹介した絵本です。ファラララ、ファラララと、風が菩提樹…
  3.  講演会「食事を変えて健康になる!」が、3月20日(水)に和歌山市立中央コミュニティセンタ…
  4. 高齢化の進行と共に、認知症が社会問題になりつつある昨今。終活シリーズの第2弾は、認知症か…
  5.  水に棲む生き物や展示物に囲まれて、昔話を聞いて楽しむ催し「水族館でおはなし会」が、3月2…

電子新聞 最新号

  1. 2019/3/14

    リビング和歌山 3月16日号

    リビング和歌山 3月16日号  高齢化の進行と共に、認知症が社会問題になりつつある昨今。終活シリーズ…
バックナンバー

おすすめ記事

  1. 高齢化の進行と共に、認知症が社会問題になりつつある昨今。終活シリーズの第2弾は、認知症から資産を守…
  2. 全編和歌山をロケ地に撮影された映画が完成。和歌山県出身のミュージシャンをはじめ、ダンサー、芸人、ア…
  3. 駒場工務店 駒場一仁代表 命を守る「津波避難タワー」を設計・施工  東日本大震災以…
  4. 折りたたみ式ウオータータンク(10リットル)(10人)  市民の防火・防災意識の向上を図る「和歌山…
  5.  化学染料では出せない優しい色合いや、季節の移ろいを感じられるところが魅力の、ボタニカル・ダイ(草木…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る