冬を楽しむインテリアコーディネート フォルムで遊び、ファブリックで楽しむ 冬の定番あったかアイテム

既成概念にとらわれないこたつライフ

①フェブリック使いで部屋をオシャレに演出します

冬のリビングといえば「こたつ」。今回は既成概念を覆すこたつと周辺雑貨をご紹介。欧米の輸入家具などを中心に扱うフォレスタ・アクタスショップ(和歌山市関戸)の桝谷みどりさんに話を伺いました。

桝谷さんのおすすめは、定番の四角ではなく円卓(写真①②)。20年以上丸いリビングテーブルを提案しているアクタスらしく、数年前に開発された同型のこたつが早くも定番になりつつあるのだそう。「丸はいろんなインテリアになじむ形。座る人数を選ばないのも特徴です」と桝谷さん。

②冬以外の季節は繊細なフォルムの脚を見せて

また、こたつ回りを彩るファブリックも大事な要素。同店で扱う丸座布団は20年来のロングセラーで、四角いコタツやテーブルにも合わせやすい優れもの。ここ数年はスモーキーな色が人気で、ピンクやブルーでもややくすみのある落ち着いた色を選べば、さまざまなテイストにしっくりとなじみます。こたつの下に敷くラグは「生活スタイルに合わせてラグの大きさや毛足の長さを検討してみてください。直接座って、寝転がったりするなら毛足が長く座り心地のいいものを」とアドバイス。

コタツカバーには、無地、ファー素材ともに北欧風を提案。丸いこたつ用に販売するスウェーデンブランドのカバーは和のテイストを加えたものが今年の新柄。「毎年新しい柄がで出ているのでインテリアとして楽しんでもらいたいですね」

なじんだファブリックを一点替えるだけでも、驚くほど部屋の雰囲気が変わります。今冬は丸型アイテムでこたつライフを楽しんでみては。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハウジング

フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

今週のリビング新聞

  1.  和歌山県立自然博物館玄関ホール(海南市船尾)で、「和歌山でみつかる冬のヤゴ」が、3月3日…
  2.  和歌山市塩屋にある人気チョコレート店の2号店がデリカテッセン「toco towa DEL…
  3.  カジュアルフレンチ「Bonappetit(ボナペティ)」の姉妹店が、JR和歌山駅東口近く…
  4. 宅建協会が解説! 2019年度税制改正大綱 空き家の譲渡所得 3000万円特別控除の延長…
  5. 食パンを使うことで食べ応えもあり、フルーツトマトは火が通って、さらにもっと甘くなります 《…

電子新聞 最新号

  1. 2019/2/21

    リビング和歌山 2月23日号

    リビング和歌山 2月23日号  動物、花など、針と糸を使って布地にさまざまな絵を描く「刺しゅう」。自…
バックナンバー

おすすめ記事

  1.  動物、花など、針と糸を使って布地にさまざまな絵を描く「刺しゅう」。自分の手で一針一針刺す作品は…
  2. 食パンを使うことで食べ応えもあり、フルーツトマトは火が通って、さらにもっと甘くなります 《材料(4人…
  3.  和歌山市の北西部に位置する加太は、魅力ある観光資源がたくさんある反面、“買い物難民”など住むには少…
  4.  「AGE(エー・ジー・イー)」という言葉を知っていますか?それは、体内のたんぱく質が“糖化”するこ…
  5. 「THE ROASTERS」(ザロースターズ)コーヒー焙煎士・神谷仁子さん 福島県郡山市で東日本…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る