和歌山からも発信! 日本をつなぐ竹あかり
JR和歌山駅前の広場で8月9日まで点灯
7月23日のオンラインイベントに向けてクラウドファンディング実施中

美しく、やさしい光のオブジェに感動

和歌山駅前に設置された竹のオブジェ(試験点灯の様子)

“竹のように強くしなやかに、根を張って思いをひとつに”。そんな願いを込め、全国で竹のオブジェに明かりがともされます。これは、7月23日(祝)に向けて進む「みんなの想火(そうか)プロジェクト」で、竹に穴を空けてLEDやろうそくでともす「竹あかり」が、全国47都道府県のすべてに設置。竹あかりの演出を全国で手がける「CHIKAKEN」(熊本県)の演出家・池田親生さんが実行委員長を務めています。

もとは、今年開催される予定だった東京五輪に向け、世界から来る人たちを竹あかりで迎えようと、7月23日の全国一斉点灯を目指して企画。しかし、五輪は延期、点灯イベントも開催がままならない状況に。そこで、23日はオンラインイベントとし、日本各地の竹あかりを中継し、動画で配信します。

各都道府県の竹あかりは、それぞれの地域の有志たちによる実行委員会が中心となって設置。和歌山県では、海南市在住の谷正義さんをリーダーとする約10人のメンバーにより準備が進められてきました。

駅前で作業する谷さん(写真左)とメンバー

谷さんは、2年前の2018年に広島県であった竹あかりのイベントに発達障害がある娘さんと参加。「美しく、優しい光が感動的で、学校でいじめられてふさぎ込んでいた娘が、この日を境に元気を取り戻していきました。和歌山でも、同じような悩みや不安を抱える子どもたちに生きる希望を感じてもらいたいと思ったんです」。そう話す谷さんは、同年に紀の川市で竹あかりのイベントを実施。地域の大人が竹を切り、子どもたちがドリルで穴をあけて竹筒を制作。竹あかりで彩られた会場ではライブが開催され、交流の場に。さらに、谷さんたちは「アドベンチャーワールド」(白浜町)のパンダが食べ残した竹を活用している縁で同所にも設置するなど、県内に竹あかりを広げてきました。

昨年、アドベンチャーワールドに設置された竹あかり

今年は、7月23日に向け、紀の川市、白浜町など県内10カ所で竹あかりをともせるように準備してきた谷さん。和歌山市ではJR和歌山駅前の広場に設置し、6月9日から点灯が始まっています。7月23日には、すべての場所で点灯が完了し、オンラインイベントでその様子が中継されます(ホームページで配信、下記URL)。点灯は8月9日(日)まで。

また、竹あかりの設置費用などとして、クラウドファンディングで支援を募集中です(詳細はホームページへ)。

和歌山竹あかり実行委員会のホームページ https://www.takeakariwakayama.com/blank

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

 

おすすめ記事

  1. リビング和歌山5月21日号「踊り・笑い・輝け、シニア世代 チアダンスのチームが誕生!」
     年齢を重ねると諦めることが増えると思いがち…。いやいや、人生100年時代、趣味や習い事、かつての夢…
  2. 小さな頃から食卓に並ぶおかずや、学校帰りに食べた思い出の味…。地域の人々から、愛され続ける味を紹介す…
  3.  戦乱の世に終止符を打ち、江戸幕府を開いた徳川家康をまつる、紀州東照宮(和歌山市和歌浦西)の大祭「和…
  4. ゴールデンウィークならではのこども向けワークショップが、4月27日(水)~5月3日(火)まで近鉄百…
  5. リビング和歌山4月30日号「まだまだ見~つけた!神出鬼没のキッチンカーPart3」
     昨年、2回にわたって掲載した「キッチンカー特集」。おいしさと笑顔を運ぶかわいいキッチンカーたちに…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山5月21日号「踊り・笑い・輝け、シニア世代 チアダンスのチームが誕生!」

    2022/5/19

    リビング和歌山5月21日号

    リビング和歌山2022年5月21日号 年齢を重ねると諦めることが増えると思いがち…。いやいや、人生1…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2022/5/19

    2022年5月21日号
  2. 2022/5/12

    2022年5月14日号
  3. 2022/5/5

    2022年5月7日号
  4. 2022/4/28

    2022年4月30日号
  5. 2022/4/21

    2022年4月23日号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る