和歌山にもブームを巻き起こせ!メキシカン

タコスにナチョス、ワカモレ…、そんな言葉をよく耳にするようになりました。広がるメキシカンブームに乗り遅れてはいけません!和歌山でもメキシコの風を感じて、厳しい残暑を乗り越えましょう。

都心で増えるメキシコ料理店
和歌山でも火が付くか!?

都心部では、2015年ごろからメキシカンブームが到来。アメリカやオーストラリアからメキシカン・ファーストフード・チェーン店が上陸して店舗を拡大、国内大手もメキシコ料理に参入するなど、広がりを見せています。世界各国で愛されるメキシコ料理は、フランス料理などとともに「ユネスコ無形文化遺産」に登録されており、歴史と伝統があり、その文化価値が認められている料理ともいえます(和食も2013年に登録)。

メキシコ料理といえば、まず思いつくのが〝タコス〞ではないでしょうか。メキシコでは、トウモロコシの粉を水で練った生地を薄く延ばして焼いた「トルティーヤ」(下記参照)で、料理を巻いたり、はさんだり、またサルサ(ソース)をかけたりして食べます。

アメリカで人気があるメキシコ料理は「テクスメクス」といわれ、メキシコ近隣のテキサス州で生まれた、いわば〝メキシコ風料理〞。このように、メキシカンとイタリアンをフュージョンさせた「メックスイタリアン」、またハワイアンを融合した「ハイメックス」などの新ジャンルも出現し、私たちの食卓にも取り入れられるエッセンスがたくさんあります。

さて、和歌山市にも今年6月にメキシコ料理店が登場しました。また、スーパーなどで気軽に手に入るサルサなどの調味料や食材も増えてきました。ここで一気に和歌山にもメキシカンブームを!メキシコを感じる提案をします。まずは、メキシコ出身の松田シルビアさん(和歌山市在住)に、トルティーヤを使った料理の数々を指南してもらいました。

メキシコの風を感じて


松田シルビアさん
メキシコ出身で和歌山市在住。日本に来て11年。「リビングカルチャー倶楽部」のスペイン語講師(下参照)。メキシコ料理やメキシコ伝統手芸も教えています☆メキシコ料理を教えてほしい人はメールで問い合わせを
silviaturin44@hotmail.com

タコス・ドラードス・デ・ポジョ


“ドラードス”はきつね色に揚げたものを意味します

《材料》
●トルティーヤ ●鶏むね肉(1~2枚) ●玉ネギ1/2個 ●ニンニク1片 ●塩少々 ●レタス ●カッテージチーズ(牛乳と酢で手作りすることもできます) ●サワークリーム(サワークリームに牛乳を少し入れて伸ばします)

鶏むね肉と玉ネギのざく切り、ニンニクを一緒にゆがきます。むね肉を細かく裂いて、トルティーヤに巻き、油を多い目に入れたフライパンでこんがりと焼きます。盛り付けて、刻んだレタスとカッテージチーズをトッピングし、サワークリームをかけます。そのままでも、好みのサルサを添えても。

タコス・デ・パパス・コン・チョリソー

《材料》
●トルティーヤ ●ジャガイモ4~5個 ●玉ネギ1/2個 ●チョリソーソーセージ2~3本(大きさによります、好みで)●塩少々
※メキシコでは豚ミンチ肉に玉ネギやメキシコ唐辛子、さまざまなスパイスを入れて練ったものが使われます。日本では手に入らない材料が多いので、チョリソーソーセージを代用

ジャガイモをゆがいて皮をむき、さいの目に切ります。フライパンに油を引いてこま切れにしたソーセージを炒め、ジャガイモ、粗いみじん切りの玉ネギを加え、塩で味を調えます。トルティーヤに巻いて食べます。(写真はワカモレをトッピング)

ケサディーヤス

《材料》
●トルティーヤ ●シメジ(またはシイタケ) ●とろけるチーズ
※量は用意したトルティーヤに合せて

シメジを少量の油で炒めます。トルティーヤにチーズとともに入れて半分に折り、フライパンで両面を焼きます。具材はいろいろアレンジできます。

トルティーヤ


(タコスやケサディーヤスの生地)
巻くと“タコス”、半分に折ってサンドすると“ケサディーヤス”、揚げれば“トスターダ”…。焼いても、そのままでも料理と一緒に食べられます。日本では米を主食として食べるように、メキシコではトルティーヤが食べられます

《材料》
●とうもろこしの粉 ●水

とうもろこしの粉に水を少しずつ入れてこねます。耳たぶぐらいの硬さになったら、丸めて平べったく麺棒で伸ばし、一枚ずつフライパンで焼きます(油は不要)。
※生地が硬すぎると、焼いたときにひび割れが、水が多すぎると生地がベタベタとします

サルサ(ソース)

ワカモレ

《材料》
●アボカド1個 ●玉ネギ1/4個 ●青唐辛子1本(好みで調整) ●塩少々

アボカドの実をつぶし、玉ネギのみじん切り、青唐辛子のみじん切り(辛さは好みで調整)を混ぜ合わせ、塩で味を調えます。

赤いサルサ

《材料》
●カットトマト(1/2缶) ●ニンニク1片 ●鷹(たか)の爪(辛さは好みで)
※メキシコ唐辛子は日本では手に入りにくいので、鷹の爪で代用

鍋に油を入れて火にかけ、ニンニクを1片丸ごとと、鷹の爪(柄を取る)を弱火で揚げます。ニンニクがこんがりと焦げたら、トマト缶と揚げたニンニクを入れてフードプロセッサーにかけ、さらに鷹の爪を除いた油も加えてよく混ぜ合わせます。

アグア・デ・ナランハ


水にオレンジを絞って入れたもの。メキシコでは水(アグア)にさまざまな果物を搾って食事と一緒にいただきます

見つけた! メキシコの食材 カルディコーヒーファーム

オンラインショップhttp://kaldi-online.com/でも購入可

メキシコでは定番、緑のサルサ
メキシチョイス
「サルサベルデ」
311g 398円


新登場!人気のパクチー入り ラ・コロナ
「パクチー(コリアンダー)フラワートルティーヤ」(冷凍)
264g 324円


野菜にも、お肉にも合う
メキシチョイス
「ナチョチーズ」
255g 594円

問い合わせ 和歌山ミオ北館店
電話 073(425)4328
住所 和歌山市友田町5-18 和歌山ミオ北館1階
営業時間 午前10時~午後7時
定休日 施設に準ずる
問い合わせ イオンモール和歌山店
電話 073(456)3730
住所 和歌山市中字楠谷573 イオンモール和歌山1階
営業時間 午前9時~午後9時
定休日 無休

メシカ

今年6月にオープンしたメキシコ料理店。お昼にはタコスランチを提供、夜はアラカルト料理にメキシコのビールやテキーラもそろいます。

緑の野菜のソースが優しい味わい。「チキンロースト カボチャの種のソース(メキシカンライス付き)」(1490円※夜メニュー)

電話 073(488)2868
住所 和歌山市新中通2-37
営業時間 正午~午後3時(OS2時半)、午後6時~11時(OS10時)
定休日 火曜

ビッグ・ダディー

アメリカ南部スタイルのお店。名物のバーガーをはじめ、テクスメクスとしてアメリカで人気のメキシコ風料理が味わえます。

夜はテキーラと一緒に楽しみたい
「ケサディージャ(チキンまたはビーフ)」(756円)

電話 073(456)0677
住所 和歌山市福島618-5
営業時間 正午~午後2時、午後6時~深夜2時
定休日 水曜

カクタス・ニシ

マニアが通う多肉植物専門の製造・販売店。ビニールハウスには世界各国の品種が並び、メキシコ原種のサボテンや多肉植物も多数

秋冬にきれいに色づくエケベリアはメキシコ産。「アガボイデス」(5400円)


「アストロフィツム・ストロンギロゴヌム」(540円から)


拳骨団扇(げんこつうちわ)
5400円

電話 073(477)1233
住所 和歌山市大垣内688-2
営業時間 午前9時~午後5時
定休日 無休 ※来園時には連絡を

新規開講
あなたもメキシカン!

~スペイン語超入門編~1日体験講座
お料理好きのシルビアさんに教わる、やさしいスペイン語講座。気軽に楽しく「オラ~!」

場所 リビングカルチャー倶楽部 フォルテ教室
(和歌山市本町、フォルテワジマ4階)
日時 9月29日(金)午後7時~8時
参加費 1080円(教材コピー代別途)
新しい講座は10月6日(金)にスタートします。まずは体験してみて!
申し込み
問い合わせ
073(421)4411
フォルテ教室(祝日除く月~土曜 午前10時~午後6時半)

30年の歴史ある和歌山県人会

わかやま南北アメリカ協会発足時に。一番右が迫間会長


和歌山県は全国有数の移民県、メキシコに渡った人たちもいます。北米から中南米の移民子孫と交流を深めようと、今年7月に発足した「わかやま南北アメリカ協会」の迫間脩会長に聞きました。

「在メキシコ和歌山県人会」の発足は1985年。約120人の会員がおり、2015年に創立30周年記念式典が開催されました。「自動車関係の会社が多く進出し、紀の川市からも自動車部品の会社が現地で操業しています」と迫間会長。今年秋にメキシコに日本の移民資料館ができる予定で、その開設に尽力する寺本アルベルトさんはみなべ町にルーツを持つ日系3世。9月下旬に来和が予定されています。

「このように、南北アメリカ諸国には和歌山との交流の窓口として多くの県人会があり、現地で活躍されています。私たちは“人・文化・経済の交流”を基本とし、北米、中南米の各地域に住んでいる方々との交流を進めていきたいと考えています。今年は「和歌山県人ブラジル移住100周年記念式典」を秋に控え、当会からも多数の会員がお祝いに現地を訪れる予定です。これからも地域の協力により、活動を続けていきたいです」と迫間会長は話しています。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フロント特集

関連キーワード

リビングフェスタ2017
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部

今週のリビング新聞

  1. 大賞 ►お母さんの気合いの入ったお弁当は、目に焼き付いています。特に、ゆでた栗、青いミカ…
  2. 2017/10/19

    小梅忌
    幕末から明治にかけての日常がつづられた「小梅日記」著者・川合小梅をしのぶ「第10回小梅忌」…
  3. 今週号は、“Good Life(上質な暮らし)”を提案する特集をお届け。高級品とされる“…
  4. JR布施屋駅(和歌山市布施屋)から和歌山電鉄伊太祈曽駅(同市伊太祈曽)まで、約7kmの熊野…
  5. ある日、サンカクさんは、友達のシカクさんのうちへ“わるさ”をしに出かけます。シカクさんに…

電子新聞 最新号

  1. 2017/10/19

    リビング和歌山2017年10月21日号

    リビング和歌山 10月21日号 今週号は、“Good Life(上質な暮らし)”を提案する特集をお届…
バックナンバー

おすすめ記事

  1. 今週号は、“Good Life(上質な暮らし)”を提案する特集をお届け。高級品とされる“丹波の黒豆…
  2. 日本の伝統的な発酵食品であるみそ。季節に合わせて、おいしく、ヘルシーに暮らしに取り入れてみませんか。…
  3. 和歌山リビング新聞社は、秋の恒例イベントを開催します。和歌山マリーナシティを舞台に、さまざまな催し…
  4. 和歌山災害救助犬協会理事長 榎本 義清さん 直下型地震は冷蔵庫が飛ぶ?! 自分の身を守って 災害救助…
  5. 3LED ヘッドランプ(5人) 雨の中でも使える防雨形。連続使用時間は約30時間、64×59×49m…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る