地域資源の魅力を発信 女性の視点と発想で町おこし

「キラキラ女子はばたけプロジェクトⅰn和歌山」でPR

新宮市と紀の川市の団体が活動を紹介

全国的な高齢化・人口減少が進む今、〝地方を盛り上げていこう〞と考えたとき、地域資源を生かした事業づくりやイベント開催、移住者や観光客の誘致など、どんなアイデアや工夫が浮かぶでしょうか。

スクリーンを使って名所を紹介する新宮市のメンバー

スクリーンを使って名所を紹介する新宮市のメンバー

各地でさまざまな人が町おこしに取り組む中、〝女性ならではの視点や発想が必要〞と、言われるようになって久しくありません。和歌山県内でも、女性たちの地道な活動が一定の成果を積み上げる一方、県内外への情報発信や認知度アップなど、次のステップへの課題も見え始めています。

そこで少しでも多くの人に活動を知ってもらうきっかけをつくろうと、和歌山財務事務所がこのほど和歌山市内で、女性が活躍する地方創生魅力発信イベント「きらきら女子はばたけプロジェクトin和歌山」を開催。行政・民間女性でつくる「新宮市魅力発信女子部」や、行政・高校・大学生でつくる「魅力発掘×きのかわ女子」などがそれぞれの活動について紹介しました。

プロモーショングッズを制作した紀の川市の団体

プロモーショングッズを制作した紀の川市の団体

「新宮市魅力発信女子部」は、昨年に第1弾の取り組みとしてウェブマガジン「新宮人」を制作。今年は体験型イベントや商品開発に関する26の企画を提案し、ハイヒールをはいて走る徒競走「ハイヒールラン」や 特産の天台烏薬(てんだいうやく)を使った「新宮徐福チャイ」の販売など、一つずつ実現を図っていることを伝えました。 また、「魅力発掘×きのかわ女子」は、今年3月から活動を開始。〝日常的に使いたくなる〞シティープロモーショングッズとして、ガーゼタオルやマスキングテープ、不織布バッグを製品化したことや、ワークショップで提案された、和歌山電鐵貴志川駅や粉河寺といった地元のおすすめスポットを巡るバスツアーなどについてPR。

この日は奈良県の団体も参加。斑鳩町の「斑鳩町商工会所女性部」の活動紹介や、読売奈良ライフの朝廣佳子社長の講演もあり、参加者たちは、メモを取るなどして、熱心に話を聞いていました。

同事務所は「引き続き、和歌山県内各地域の地方創生に向けた取り組みを意見交換などを通して把握し、それぞれの実情に応じてサポートをしていければと考えています」と話していました。

今後も女性のパワーから目が離せません!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

おすすめ記事

  1. 昨年の5月30日号で実施した「スーパーの惣菜総選挙」には、読者の皆さんから2000票ほど投票いただき…
  2. ハデ~なデコレーションに彩られて街を行き交うクルマ、はたまた同じ音楽が繰り返されて耳にフレーズが残…
  3.  寒い冬はつい活動量が減って運動不足になりがち。コロナ自粛も相まって、筋力低下が気になります。でも…
  4. 立春が過ぎ、暦の上ではもう春ですが、今冬は例年より冷え込みが厳しく、まだもう少し寒い日が続きそう。和…
  5. 2月2日(火)は節分の日。節分といえば、福徳をつかさどる歳徳神(としとくしん)のいる方角に向かって…

電子新聞 最新号

  1. 2021/2/25

    リビング和歌山2月27日号

    リビング和歌山2月27日号 昨年の5月30日号で実施した「スーパーの惣菜総選挙」には、読者の皆さんか…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る