子どもの成長の礎となる 0・1・2歳児の経験を大切に

幼児教育者
竹内 エリカさん
【プロフィル】1970年7月12日生まれ。千葉県出身。日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。書籍発行や講演など幅広く活躍中

2人の男児の母で、日本キッズコーチング協会の理事長である竹内エリカさん。幼児教育を専門に、自らの子育て経験を生かして“キッズコーチング”を考案。1万5000人以上の子どもたちの発達支援や運動指導などに取り組み、講演や執筆活動を展開するとともに、キッズコーチングを子育てに取り入れたいママたちや、仕事に生かしたい専門職の人たちに伝授してきました。

リビング和歌山では、そんな竹内さんが監修する新コラム「0・1・2歳児! 大切な子育て習慣」を始めます。「初めての子育てならなおさら、ママは不安がいっぱい。その分、いろいろな情報に惑わされることがあります。子どもは年齢に合わせて感性や運動機能、知能が発達します。そのタイミングに合う接し方をすることで、それぞれの力を育み、子どもの将来の可能性を大きく広げることにつながります」と話す竹内さん。「例えば0歳、まだ寝てばかりでも五感はしっかり発達します。声や音を聞き、おもちゃの色を見たり、肌触りの違いを感じたり…。もちろん、スキンシップも大切。この“感覚期”を意識して過ごすと、感性を豊かに育みます」とも。

「そして3歳になると子どもは身体も発達し、さまざまなことに興味をもって挑戦しようとしますが、その基礎になるのが、0・1・2歳で培った経験なんです」と竹内さん。成長の鍵となる0・1・2歳の子育て、ママたちはどんなことに気を付ければいいのでしょうか。そのヒントをコラムで届けていきます(来週号からスタート予定)。

竹内エリカさん監修による新コラムをスタートします!

0・1・2歳の子育ての中で、大切にしたい習慣について毎月1回届けます。著者はキッズコーチングシニアトレーナーのむらたますみさん

0歳から6歳までは 生まれながらの「気質タイプ別育て方」でラクになる!(1296円、KADOKAWA発行)

著書を読者5人にプレゼント
〔応募方法〕〒住所、氏名、年齢、電話番号を明記し、ハガキは〒640-8557(住所不要)和歌山リビング新聞「気質タイプ別育て方」係、メールはliving@waila.or.jpの同係へ。4月25日(水)必着。当選発表は発送をもって代えます

「ママのためのワンポイントコーチング100」
登録すると竹内エリカさんのアドバイスが届きます
https://goo.gl/GBqiUf

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

 

おすすめ記事

  1. 家計簿をつけたことはあるけれど、なかなか続かず途中でリタイア…そんな苦い経験はありませんか。コロナ…
  2. 和歌山市の中心地、伏虎中学校跡地に建設が進められてきた和歌山県立医科大学薬学部が完成しました。4月…
  3. 日本でドライブスルーといえばハンバーガーチェーンに始まり、牛丼チェーン、コーヒーチェーン…と、これ…
  4. 今年も桜の季節が到来。桜といえば春を感じる行事、お花見!ですが、大勢でにぎやかに楽しむ“お花見宴会…
  5. 子どものころ誰しもお世話になった学校給食。懐かしくもあり、ちょっぴり苦い思い出という人もいると思い…

電子新聞 最新号

  1. 2021/4/8

    リビング和歌山4月10日号

    リビング和歌山4月10日号 家計簿をつけたことはあるけれど、なかなか続かず途中でリタイア…そんな苦い…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る