宅建協会に聞く、消費税増税の影響① 土地は非課税、建物に課税 注文住宅には経過措置が

19年3月31日までに請負契約完了で8%

2019年10月1日に予定されている消費税の増税。8%から10%へ引き上げられることで、暮らしにどれほどの影響が出るのかが気になるところ。特にマイホームを考えている人にとっては、金額も大きく、「増税までになんとか…」と思っている人も多いのでは。消費税増税の住宅購入への影響について、和歌山県宅地建物取引業協会広報啓発委員長の藪雅仁さんに聞きました。

「まず、知っておいてほしいのが、住宅を購入する際、土地代に消費税はかかりません。消費税は、基本的に新築の建物部分にかかり、原則として、引き渡し時点の税率が適用されるということを覚えておいてください」と前置きした上で、「『注文住宅』『分譲住宅』『中古住宅』で事情が異なります。今回は『注文住宅』について説明します」と。

「住宅の引き渡しが19年9月30日までに完了すれば、消費税率はもちろん現行の8%、引き渡しが10月1日以降になれば10%というのは皆さん理解できますよね? しかし、注文住宅は請負契約から引き渡しまでに数カ月間かかるため、『経過措置』というのが設けられていて、19年3月31日までに請負契約が完了していれば、引き渡し時期に関わらず消費税率は8%が適用されます。また、請負契約が4月1日以降になっても、引き渡しが10月1日より前であれば8%が適用されます」と藪さん(下図参照)。

一方、政府は、増税後の住宅取得措置として、「すまい給付金」の最大の給付額を現行の30万円から50万円に、贈与税非課税枠も1200万円から3000万円に拡充することを決定。さらなる追加措置も検討されています。

とはいっても、建物価格が2500万円だとすると8%なら200万円、10%なら250万円に。「住宅の価格ばかりに目が行きがちですが、家電・家具、引っ越し費用や保険についても負担は増えます。消費税増税は、住宅購入を決める判断材料ではありますが、焦りすぎず、家族が安心して暮らせる家づくりを」

※次回は12月15日号掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハウジング

フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

今週のリビング新聞

  1. 趣味は? 今は子どもたちと遊ぶこと。昆虫を育てたり、実験して遊んだり、少年時代をやり直し…
  2. 漫画家マエオカテツヤさんが出題 子どもたちの自由な発想を紹介し、ツッコミます。  今回…
  3.  捜査の対象は、全宿泊客  東野圭吾作品の中でも、屈指の人気を誇る「マスカレード」シリーズ…
  4. 地元住宅会社の魅力満載、生活スタイルに合わせた理想のマイホーム 住宅情報誌「住まいづくりの…
  5. 「ぺったん ぺったん ぺたぺったん」、お餅つきが始まります。最初につきあががったのは、真っ…

電子新聞 最新号

  1. 2019/1/17

    リビング和歌山 1月19日号

    リビング和歌山 1月12日号 スムージーを温めて!?と驚くかもしれませんが、加熱することで吸収力が高…
バックナンバー

おすすめ記事

  1. スムージーを温めて!?と驚くかもしれませんが、加熱することで吸収力が高まったり、よりパワーを発揮する…
  2. 2019年4月30日をもって、平成に幕を閉じ、5月1日から新しい元号になります。平成の時代に生…
  3. 防災安心セット(車載用)(3人) 7年保存クッキー・水、使い捨てトイレ、アルミブランケット、伝言カー…
  4. 年末年始号
    日本のロック界を代表するアーティストに昇り詰め、和歌山出身の有名人の中でも、“超メジャー級”のHY…
  5. 大根は生で食べれば栄養満点! ミカンと一緒にジュースにすることで、おいしく飲めます 《材料(4人分)…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る