安心して食べられるものを! 日本一周の旅を経て農家に

小林 陽子さん

profile
元ちゃんファーム 小林 陽子さん

 夫の“げんちゃん”と一緒に、農薬、化学肥料、家畜肥料を使わずに野菜を育ている“よーちゃん”。結婚前、二人で仕事を探しながら日本一周の旅をして、「家族が一緒にいられて、自分たちが安心して食べられるものをつくりたい」と農業を始めました。今年からお米づくりにも挑戦中。「農作業で楽なことは一つもありません。でも、種から芽が出てすくすくと育ち、食べてくれた人たちの笑顔を見ると、キツさは吹っ飛びます。来年は10周年、何か新しいことができれば。果物も作ってみたいし、元ちゃんファームのレストランもやってみたい」と夢は大きく膨むばかり。

小林さん流
ワーキングママのおきて
 家族が一緒にいる時間を大切にしたくて農業を始めたものの、なかなか忙しいのが本音。配達や販売先に娘を連れて行くので、今ではすっかり“看板娘”に。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部

今週のリビング新聞

  1. 母乳育児の大切さを学ぶ、わかやま母乳の会の「第12回講演会・母乳育児支援・産後の母乳外来」…
  2. 保護者同伴で、幼稚園年少から小学生までを対象とした「夏休み子ども木工教室」が、8月18日(…
  3. 古川 勤さん
    趣味は? 実家から30秒以内に海があったので、幼い頃から趣味は釣り。早朝からヒラスズキを…
  4. 2018/7/19

    絵本交換会
    和歌山おかたづけクラブによる、小学生までを対象とした絵本と児童書、子ども服の交換会「第3回…
  5. 漫画家マエオカテツヤさんがお題を出題 子どもたちの自由な発想を紹介し、ツッコミます。 ★…

電子新聞 最新号

  1. 2018/7/19

    リビング和歌山 2018年7月21日号

    リビング和歌山 2018年7月21日号 「墓マイラー」とは、歴史上の人物や著名人の墓を巡って、故人の…
バックナンバー

おすすめ記事

  1. リビング和歌山7月21日号
     「墓マイラー」とは、歴史上の人物や著名人の墓を巡って、故人の足跡に思いをはせる人たちのこと。10…
  2. リビング和歌山7月14日号
    暑い夏ですが、夜は少しだけ風も心地よく感じられます。子どもたちも、夏休みに入ればちょっぴり夜更かし…
  3. 和歌山県キャンプ協会理事・林美由貴さん 非日常の自然の中で生き抜く術を身に付けて もし…
  4. 圧縮肌着セット
    圧縮肌着セット 男性用と女性用があり、各1836円。1つが約110×70×26mm いざというときに…
  5. リビング和歌山7月7日号
    天気予報で“猛暑日が続く”といった言葉を聞くと、涼を求めて川や海、プールなどに行きたくなりますよね…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る