安心して食べられるものを! 日本一周の旅を経て農家に

profile
元ちゃんファーム 小林 陽子さん

夫の“げんちゃん”と一緒に、農薬、化学肥料、家畜肥料を使わずに野菜を育ている“よーちゃん”。結婚前、二人で仕事を探しながら日本一周の旅をして、「家族が一緒にいられて、自分たちが安心して食べられるものをつくりたい」と農業を始めました。今年からお米づくりにも挑戦中。「農作業で楽なことは一つもありません。でも、種から芽が出てすくすくと育ち、食べてくれた人たちの笑顔を見ると、キツさは吹っ飛びます。来年は10周年、何か新しいことができれば。果物も作ってみたいし、元ちゃんファームのレストランもやってみたい」と夢は大きく膨むばかり。

小林さん流
ワーキングママのおきて
 家族が一緒にいる時間を大切にしたくて農業を始めたものの、なかなか忙しいのが本音。配達や販売先に娘を連れて行くので、今ではすっかり“看板娘”に。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

今週のリビング新聞

  1.  精神保健福祉ボランティアに関心があり、和歌山市内で活動できる人を対象とした「精神保健福祉…
  2.  小さな子どもがすることを見ていると、思わず止めたくなるような、危なっかしい…
  3. 2019/2/21

    ふれ愛作品展
     「第26回ふれ愛作品展」が、3月1日(金)~3日(日)午前10時~午後4時、和歌山市ふれ…
  4. 2019/2/21

    春の見学会
     花王和歌山工場(和歌山市湊)を訪ねる「春の見学会」が、4月3日(水)、4日(木)、5日(…
  5. 宅建協会が解説! 2019年度税制改正大綱 空き家の譲渡所得 3000万円特別控除の延長…

電子新聞 最新号

  1. 2019/2/21

    リビング和歌山 2月23日号

    リビング和歌山 2月23日号  動物、花など、針と糸を使って布地にさまざまな絵を描く「刺しゅう」。自…
バックナンバー

おすすめ記事

  1.  動物、花など、針と糸を使って布地にさまざまな絵を描く「刺しゅう」。自分の手で一針一針刺す作品は…
  2. 食パンを使うことで食べ応えもあり、フルーツトマトは火が通って、さらにもっと甘くなります 《材料(4人…
  3.  和歌山市の北西部に位置する加太は、魅力ある観光資源がたくさんある反面、“買い物難民”など住むには少…
  4.  「AGE(エー・ジー・イー)」という言葉を知っていますか?それは、体内のたんぱく質が“糖化”するこ…
  5. 「THE ROASTERS」(ザロースターズ)コーヒー焙煎士・神谷仁子さん 福島県郡山市で東日本…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る