実家のようにホッとできる広場に

 「もうひとつのさと“ポピンズ”」は、ママたちに第二の実家と感じてもらえるような広場として名付けられ、孤独に感じる子育ての日々から、少しでもホッとできる場になるようにと願い、これまで歩んできました。今では、スタッフである私が一番大切に感じる広場となっていますが…。

 偶然、広場を卒業したママに出会い、子どもさんの近況を聞くと、もう中学生になっているとのことで驚きました。全然変わらないと私のことを言ってくださり、うれしさ倍増でした。時間は経過していても、お子さんの話に花を咲かせることができるのが、何よりの喜びです。

 子育てエピソードを話しに、皆さんも、ぜひ遊びに来てくださいね。

(松本美香)

著者【著者】子育て中の親が子ども連れで集まり、交流できる和歌山市子育て支援拠点の一つ「もうひとつのさとポピンズ」のスタッフ
住所「もうひとつのさとポピンズ」(同市西高松)
TEL073(414)1189
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  子どもの“理科離れ”が叫ばれるようになって久しいですが、本来、好奇心が旺盛な小学生は観察や実験が大…
  2.  何気なく使っている水ですが、水道水はどのようにして私たちのもとに届いているのでしょうか。また、連日…
  3. 常備灯 「ここだよライトS」(5人)  豪雨災害が出るなど、まとまった雨が降ることが多く、心配にな…
  4.  睡眠は健康を維持するためには欠かせません。そのためにも寝具にもこだわりたいもの。特にマットレスは快…
  5.  小学校の校舎をリノベーションして、和歌山市に2つの大学が誕生しています。地域に親しまれてきた場所が…

電子新聞 最新号

  1. 2019/7/18

    リビング和歌山 7月20日号

    リビング和歌山 7月13日号  何気なく使っている水ですが、水道水はどのようにして私たちのもとに届い…
バックナンバー
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る