実家のようにホッとできる広場に

 「もうひとつのさと“ポピンズ”」は、ママたちに第二の実家と感じてもらえるような広場として名付けられ、孤独に感じる子育ての日々から、少しでもホッとできる場になるようにと願い、これまで歩んできました。今では、スタッフである私が一番大切に感じる広場となっていますが…。

 偶然、広場を卒業したママに出会い、子どもさんの近況を聞くと、もう中学生になっているとのことで驚きました。全然変わらないと私のことを言ってくださり、うれしさ倍増でした。時間は経過していても、お子さんの話に花を咲かせることができるのが、何よりの喜びです。

 子育てエピソードを話しに、皆さんも、ぜひ遊びに来てくださいね。

(松本美香)

著者【著者】子育て中の親が子ども連れで集まり、交流できる和歌山市子育て支援拠点の一つ「もうひとつのさとポピンズ」のスタッフ
住所「もうひとつのさとポピンズ」(同市西高松)
TEL073(414)1189
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  和歌山は全国でも有数のショウガの産地です。ショウガには、血行を促進し、身体を温め、代謝を高めるなど…
  2.  文化財に指定されている住宅を訪ねてみませんか。建築様式や残されている調度品、家そのものの香りなど…
  3.  今年10月、食品ロス削減推進法が施行。食品メーカーや小売業などの企業で取り組みが進むことが期待さ…
  4. 「ねんりんピック紀の国わかやま2019」が、11月9日(土)~12日(火)の期間、和歌山県内で開催…
  5.  松阪牛、近江牛、神戸牛…、これまで“高級肉”といえば、サシがたっぷり入った霜降り肉が主流でしたが…

電子新聞 最新号

  1. 2019/11/14

    リビング和歌山 11月16日号

    リビング和歌山11月16日号 文化財に指定されている住宅を訪ねてみませんか。建築様式や残されている調…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る