指さしは 大切なコミュニケーション 流さずに答えよう

指さしは大切なコミュニケーション流さずに答えよう

指さしは 大切なコミュニケーション 流さずに答えよう 「あっ! あっ!」と指さしをしてお母さんを呼ぶ小さな子ども。まだ言葉がおぼつかない小さな子どものそんな姿は愛らしいものです。でも毎日しょっちゅう「あっ! あっ!」と呼び止められるお母さんは、その度に手を止めなければならず、「ちょっと待って」「はいはい分かったわ」と流してしまうこともあるのではないでしょうか。

主に1歳頃から始まる子どもの“指さし”。これは「興味あるものを教えたい」という気持ちの表れです。0歳の頃は興味のあるものに近づき、「これはなんだろう?」と一心不乱に探求していたのが、1歳を過ぎると、お母さんと共有する気持ちが芽生えてくるのです。この指さしを受け流さずに丁寧に対応することで、子どものコミュニケーション能力と表現力が格段にアップします。

同じ「あっ! あっ!」でも、そのときによって指さしの意味合いは違います。「見て見て!」というときはしっかりと手を止め、指さす方を見てあげましょう。「取って! 触りたい!」というときは「触りたいのね」と気持ちを言葉にしてあげます。「これは何?」というときは、「これはチョウチョウよ」「カブトムシっていうのよ」など、名前を教えてあげましょう。

子どもの「あっ! あっ!」を流さずにしっかりと答えることで、「分かっているよ」というサインだけでなく、言葉の蓄積にもなります。指さしは積極的なコミュニケーションの始まり。子どもの興味を一緒に楽しむことが、豊かな表現力を育むでしょう。

著者むらたますみ
キッズコーチングシニアトレーナー
監修竹内エリカ
幼児教育者、日本キッズコーチング協会理事長
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

 

おすすめ記事

  1. リビング和歌山7月2日号「五感で味わうホテルの朝食」
    今夏は、いつもより少し早起きをしてホテルで豪華な朝食を楽しみませんか。地元食材を使った料理を中心に、…
  2. リビング和歌山6月25日号「いつもの生理をアップデート フェムテックを知ろう!」
     女性特有の体の悩みをテクノロジーで解決する商品・サービスを指す「フェムテック」。近年注目されつつも…
  3. リビング和歌山6月18日号「全国よりすぐりの品、ライブ配信を見ながらショッピング リビングLiveコマースch」
     全国でリビング新聞を発行する11社がコラボし、「リビングLiveコマースch」を開設。各地の生産者…
  4. リビング和歌山6月11日号「すごいぞ! 和歌山の底力 畳屋3代目がプロデュース 紀州いぐさブランドに注目」
    和歌山が誇る“ものづくり”の力を紹介するシリーズ、「すごいぞ! 和歌山の底力」。2回目は「紀州いぐさ…
  5. リビング和歌山6月4日号「オリジナリティーあふれる、ここだけの味わい 自家製ソフトクリーム」
     あつ~い季節に食べたくなる、ひんやり、甘いソフトクリーム。定番のミルクから、お茶やフルーツと組み合…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山7月2日号「五感で味わうホテルの朝食」

    2022/6/30

    リビング和歌山7月2日号

    リビング和歌山2022年7月2日号  今夏は、いつもより少し早起きをしてホテルで豪華な朝食を楽しみま…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2022/6/30

    2022年7月2日号
  2. 2022/6/23

    2022年6月25日号
  3. 2022/6/16

    2022年6月18日号
  4. 2022/6/9

    2022年6月11日号
  5. 2022/6/2

    2022年6月4日号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る