新色が仲間入り 和歌山のスターチス

top3
スターチスの出荷量が日本一の和歌山。4月15日、和歌山県農業試験場暖地園芸センターが、オリジナルの3品種の開発に成功したことが発表されました。色彩豊かなスターチスの魅力に触れてみませんか。

「紀州ファインシリーズ」に新たな3品種が登場

和歌山県のスターチス出荷量は年間6040万本、作付け(収穫)面積とともに全国1位だということを知っていましたか(農林水産省平成25年産花き生産出荷統計)。御坊市や印南町を中心にハウス栽培が盛んに行われ、11月〜5月にかけて出荷されます。

花持ちが良いスターチスは、切り花として重宝され、仏花として使われることも多い花。色や種類が豊富でアレンジメントにも最適です。触るとカサカサした軽い質感で、色あせにくくドライフラワーにもぴったり。

そんなスターチスの県オリジナル品種を、和歌山県農業試験場暖地園芸センター(御坊市塩屋町)が新たに開発。新品種として登録出願中です。

これまでも、「紀州ファインイエロー」「紀州ファイングレープ」「紀州ファインバイオレット」など、7つのオリジナル品種の育成に成功してきました。今回誕生した品種も、今までにない特徴を持っているそうです。同センター主査研究員・小川大輔さんに話を聞きました。

初夏を彩るスターチス

20150516top2_01

オリジナル品種にはなかったピンク系が登場

今回、県オリジナル品種「紀州ファインシリーズ」に加わったのは、ピンク、ブルー、パールの3種。中でも注目したいのが、「紀州ファインピンク」。同シリーズの中でも、ピンク系が開発されたのは初めてです。色がくすんでしまったり、薄すぎたりと、なかなか思い通りの色にならず苦労したとか。小川さんは「ピンク系の品種は他の色に比べて、切り花として必要な草丈のもきにくく、開発までに時間がかかりましたいます。色以外にも、枝の広がりがコンパので、生産者や生花店にとっては作業しやいうメリットが。

淡い青系「紀州ファインブルー」は枝数が多くボリュームがあり、紫系の「紀州ファインパープル」は収穫できる本数が多いので、生産性が高いという利点があります。また、3品種ともに、扇状になったブラシと呼ばれる花房の数が多いという特徴も。

ちなみに、鮮やかに色づいている部分は実は〝がく〞。花は白か黄色で小さく、がくに包まれるようにして咲きます。花が落ちてしまった後も、がくの鮮やかさが長く続くのがスターチスの魅力の一つです。

これらの品種登録が認められると、県と契約した民間の種苗会社が苗を生産、スターチス生産者に活用される予定。来年の秋以降には、生産者から初めて出荷され、私たちが手に入れられるようになります。

より良い花を目指して
今後の開発にも期待

和歌山県農業試験場暖地 園芸センター主査研究員 小川大輔さん

和歌山県農業試験場暖地 園芸センター主査研究員 小川大輔さん

スターチスは、紫系の色のものが比較的多く出回っていますが、その色彩はバラエティー豊か。県のオリジナル品種の中には、白や黄色もあります。これからも研究が進められ、濃いピンクやオレンジなど新しい色が出てくる可能性も。

また、小川さんは「今後は、新色だけではなく、花のボリュームや生産性、耐病性など、より良い特徴を持ったスターチスを開発する目標です」とします。花持ちの良さから、仏花として扱われるこいですが、新品種が開発されることでさらなる用途の広がりが期待されます。鮮やかなスターチスで、あなたの暮らしに彩りを添えてみませんか。

スターチス・リース作り一日講座

20150516top03

鮮やかな色が長持ちするスターチスを使ってフラワーリースを作りませんか。リビングカルチャー倶楽部講師・堤雅恵さんが作り方を教えてくれます。淡い色合いでかわいらしいリースは、インテリアやエクステリアのアクセントにぴったりです。

日時 5月29日(金)午前10時から
場所 リビングカルチャー倶楽部ガーデンパーク教室(和歌山市北島)
講師 日本フラワー作家協会教授・PRINCESSゆめはな主宰の堤 雅恵さん
堤雅恵さん

堤雅恵さん

定員 20人(定員数を超えた応募があった場合は抽選)
参加費 2000円(材料費込み)
申し込み先 073(428)0281
和歌山リビング新聞社(受け付けは月~金曜午前10時~午後6時半)
※申し込みは、5月20日(水)まで





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フロント特集

フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

今週のリビング新聞

  1. 旭化成建材・快適空間研究所「あたたかい暮らし研究会」調査報告
    温熱性能の高い・低いによって生活行動に変化 “夏は涼しく、冬は暖かく”と、温度が快適性に与…
  2. ふたり展

    2018/11/15

    ふたり展
     前田哲夫さんと量子さん夫妻の「ふたり展」が、11月21日(水)~26日(月)午前10時~…
  3. 緑和会盆栽展

    2018/11/15

    緑和会盆栽展
     盆栽同好会・緑和会の、秋を彩る「盆栽展」が、11月17日(土)、18日(日)午前9時~午…
  4. 人魚の眠る家 11月16日(金)ロードショー ジストシネマ和歌山 イオンシネマ和歌山
    夫婦がたどり着く究極の愛の形とは 離婚寸前の夫婦、播磨和昌と薫子のもとに、ある日突然知らせ…
  5. レッグウオーマー「プードレッグ」
    骨身にしみるような冷えに悩む人は、厚着をする前にまず足首を温めて。室内履きで有名な「パン…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山11月17日号

    2018/11/15

    リビング和歌山 2018年11月17日号

    リビング和歌山 2018年11月17日号 11月22日は「いい夫婦の日」。コミュニケーションが苦手と…
バックナンバー

おすすめ記事

  1. 11月22日は「いい夫婦の日」。コミュニケーションが苦手とされている日本人。普段から、お互いに感謝…
  2. “和歌山といえばミカン”ですが、和歌山市民はバナナもたくさん食べていたことを知っていましたか。スー…
  3. 左:和歌山県薬剤師会災害対策委員長・松尾哲也常務理事 右:稲葉眞也会長
    和歌山県薬剤師会・稲葉眞也会長、松尾哲也常務理事 モバイルファーマシーで調剤支援と公衆衛生管理 熊…
  4. 防炎かっぽう着
    防炎かっぽう着(3人) 日本防炎協会の認定品。フリーサイズ。カラーはブルーもあり(5292円)※プレ…
  5. リビング和歌山11月3日号
    深まる秋をファッショナブルに過ごしたいもの。「オシャレは足元から」という言葉があるように、特に気を…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る