最下位でも続ける人と 辞める人…その裏側には!?

テレビのツムジ

最下位でも続ける人と
辞める人…その裏側には!?

日本シリーズのニュースで、いつの間にか話題が立ち消えた阪神・金本前監督の辞任劇。来期も続投と報じられていたのに、急に電撃辞任が発表された。しかも、辞任会見ではカメラNGという異例の形で。一部では、辞任ではなく解任だとも報じられているが、真相は闇の中だ。けれど、17年ぶりの最下位なので、まぁ辞任は仕方がない。もちろん番組も同じことが言える。視聴率がずっと最下位の番組はやがて終わり、スタッフも解散。新体制で新番組が始まる。しかし中には、万年最下位なのに、プロデューサーがたまに交代するだけで、ずっと続いている番組が…。調べれば、その番組発のDVDが好調だったり、ネット配信と提携していたりで、膨大な放送外収入がある場合がある。それか、スポンサーや事務所からの何かしらの力が働いているケースも。つまり、“お金”や“謎の力”で存続しているのだ。それがなけりゃ、最下位だとあっという間に終わる。阪神のケースに話を戻すと、金本さんだけ辞めさせて、替わらない人たちは、どんな裏側が? きっと膨大な金や謎の力があるのかも。

※次回は11月10日号に掲載

テレビのツムジ 関西の放送作家がバッサリ!
文:岡内義人
読売テレビ「土曜はダメよ」「かんさい情報ネットten.」、ABCラジオ「征平・吉弥の土曜も全開」など番組構成や、テレビCMなどを手がける
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  使うほどに味わいが深くなる革のバッグや財布。毎日使っていると、傷や汚れなどが気になってきます。また…
  2. スピードクーラー (レギュラータイプ)(10人)  全国的に夏日が続いています。暑い夏に、もし災害…
  3. 立野
    野菜のプロフェッショナル 立野眞生(たての まさお) ■プロフィール 1975年、和歌山県生まれ…
  4. 花や木がいきいきと育つ、みずみずしい季節になりました。今回は、世界三大○○として認められている、ジャ…
  5. 世界初の実用的カメラが誕生して今年で180年。写真技術の進化には和歌山県の企業も深く関わっています…

電子新聞 最新号

  1. 2019/6/13

    リビング和歌山 6月15日号

    リビング和歌山 6月15日号  使うほどに味わいが深くなる革のバッグや財布。毎日使っていると、傷や汚…
バックナンバー
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る