梅雨時も快適な生活空間に 家の湿気・カビを防ぐ工夫「家づくり編」

梅雨時も快適な生活空間に
家の湿気・カビを防ぐ工夫「家づくり編」

ハウスキーピングコーディネーター・宮本美保さんがアドバイス

風の通り道を考えた設計に

ハウスキーピングコーディネーターの宮本美保さん

ハウスキーピングコーディネーターの宮本美保さん

ジメジメとうっとうしい梅雨。湿度が高くなり、不快な気持ちが増すだけでなく、家の中にカビが発生しやすくなります。住まいに悪影響を及ぼすカビ対策をしっかりして、快適な生活を送りましょう。ハウスキーピングコーディネーターの宮本美保さんに、住宅の湿気、カビ対策について聞きました。

「住まいの大敵である湿気やカビを防ぐには、風通しをよくすることが第一です。まず、これから家を建てようと考えている人は、家全体の空気の流れや換気システムを確認することが大切です」と宮本さん。

風の通り道を作る上で重要なのは窓の位置。「一つの部屋に窓を対角線上に配置すると、開けたときに風が流れ、湿度を下げて快適な空気を入れることができます。一面にしか窓を設置できない場合は、上下に開口部を設けると空気を循環させることができます。さらに、扉や間仕切りの配置を考え、吹き抜けや階段を利用して、家全体に風が通るように間取りを工夫することがポイントです」と話します。

20150530housing02

さらに、壁などに調湿機能のある建材を活用することも有効です。「特に、玄関やウオークインクロゼットといった臭いや空気がこもりやすい場所、浴室のモワッとした熱気が流れ込む脱衣所などに調湿素材のタイルやクロスを貼ると、ずいぶん湿気を抑えられます」とアドバイス。また、「浴室の湿気はどうしても周囲に伝わります。隣に押し入れやクロゼットなどの収納場所を配置するのはできるだけ避けた方が良いでしょう」とも。

家の中だけでなく、家を建てる土地周辺のチェックも。「元が沼や田んぼだった土地は、床下の湿度が高くなることがあります。床下に湿気がたまるとカビや腐敗が生じる恐れがあるので、工務店や大工さんに相談して、基礎工事の段階で状況に応じた湿気対策をしておきましょう」と注意を促します。

※次回は6月6日号「既存住宅編」を掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハウジング

 

おすすめ記事

  1. リビング和歌山5月21日号「踊り・笑い・輝け、シニア世代 チアダンスのチームが誕生!」
     年齢を重ねると諦めることが増えると思いがち…。いやいや、人生100年時代、趣味や習い事、かつての夢…
  2. 小さな頃から食卓に並ぶおかずや、学校帰りに食べた思い出の味…。地域の人々から、愛され続ける味を紹介す…
  3.  戦乱の世に終止符を打ち、江戸幕府を開いた徳川家康をまつる、紀州東照宮(和歌山市和歌浦西)の大祭「和…
  4. ゴールデンウィークならではのこども向けワークショップが、4月27日(水)~5月3日(火)まで近鉄百…
  5. リビング和歌山4月30日号「まだまだ見~つけた!神出鬼没のキッチンカーPart3」
     昨年、2回にわたって掲載した「キッチンカー特集」。おいしさと笑顔を運ぶかわいいキッチンカーたちに…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山5月21日号「踊り・笑い・輝け、シニア世代 チアダンスのチームが誕生!」

    2022/5/19

    リビング和歌山5月21日号

    リビング和歌山2022年5月21日号 年齢を重ねると諦めることが増えると思いがち…。いやいや、人生1…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2022/5/19

    2022年5月21日号
  2. 2022/5/12

    2022年5月14日号
  3. 2022/5/5

    2022年5月7日号
  4. 2022/4/28

    2022年4月30日号
  5. 2022/4/21

    2022年4月23日号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る