歯と口の健康コラム「ライフステージに沿った予防とケア 乳幼児期」

歯磨きの習慣づけと、必ず仕上げ磨きを

歯や口腔内のトラブル予防とケアについて、ライフステージに沿って解説しています。今回は、乳児期について。

乳歯は、生後6〜8カ月ごろから生えはじめ、3歳ごろには生えそろいます。その後の2〜3年が、最もむし歯になりやすい時期です。むし歯を予防するためにも、定期的に健診を受けることをおすすめします。

歯が生えはじめた時から、〝むし歯予防〞をスタートしましょう。はじめは、毛先のやわらかい乳幼児用の歯ブラシや、ガーゼで歯の周りを拭き取ってあげるようにしましょう。早いうちから、歯ブラシを使って歯を磨く習慣をつけることが大切です。

歯ブラシに慣れてくると、子どもは自分で磨きたがりますが、なかなか上手に磨くことはできません。最後は、保護者の方が必ず仕上げ磨きをしてあげることがポイントとなります。

特に、奥歯のかみ合わせ部分には複雑な溝があって、ここに歯垢(しこう)がたまってしまい、むし歯にしてしまいがちです。かかりつけの歯科医院で、フッ素(フッ化物)を塗ってもらうことも、むし歯予防に有効だと考えられます。フッ化物には、歯の表面の歯質を強くしたり、むし歯になりかかった歯の再石灰化(歯を守るための口の中のメカニズム)を促進したりする作用があります。また、フッ化物は、歯垢の生成を抑える役割も果たします。

自宅での手入れにプロフェッショナル(歯科医)ケアも取り入れ、歯の健康を保ちましょう。

(和歌山県歯科医師会・地域保健委員会)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

リビングフェスタ2017
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部

今週のリビング新聞

  1. JR布施屋駅(和歌山市布施屋)から和歌山電鉄伊太祈曽駅(同市伊太祈曽)まで、約7kmの熊野…
  2. 大賞 ►お母さんの気合いの入ったお弁当は、目に焼き付いています。特に、ゆでた栗、青いミカ…
  3. 注目を集める卓球男女混合ダブルスが題材 テレビドラマ「リーガルハイ」シリーズの脚本家・古…
  4. 安価で、庶民的でありながら、おいしいのが“B級グルメ”。毎回お題を決め、読者ベスト(事前に…
  5. 明治初期に建設された友ケ島灯台(和歌山市加太)の「一般公開」が、10月21日(土)午前10…

電子新聞 最新号

  1. 2017/10/19

    リビング和歌山2017年10月21日号

    リビング和歌山 10月21日号 今週号は、“Good Life(上質な暮らし)”を提案する特集をお届…
バックナンバー

おすすめ記事

  1. 今週号は、“Good Life(上質な暮らし)”を提案する特集をお届け。高級品とされる“丹波の黒豆…
  2. 日本の伝統的な発酵食品であるみそ。季節に合わせて、おいしく、ヘルシーに暮らしに取り入れてみませんか。…
  3. 和歌山リビング新聞社は、秋の恒例イベントを開催します。和歌山マリーナシティを舞台に、さまざまな催し…
  4. 和歌山災害救助犬協会理事長 榎本 義清さん 直下型地震は冷蔵庫が飛ぶ?! 自分の身を守って 災害救助…
  5. 3LED ヘッドランプ(5人) 雨の中でも使える防雨形。連続使用時間は約30時間、64×59×49m…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る