水しぶきを上げて飛ぶ水ロケット 100m超えに歓喜の声

水しぶきを上げて飛ぶ水ロケット 100m超えに歓喜の声 地域貢献活動の一環として和歌山リビング新聞社が運営している「日本宇宙少年団(YAC・ヤック)和歌山分団」。毎月1回の定期活動を行っており、5月は12日(土)に「水ロケット工作・打ち上げ」を行いました。

まず、午前中はサンケイ寄合橋ビル(和歌山市湊本町)で水ロケット工作。竹原秀也副分団長が、作り方を説明し、分団員たちはペットボトルを使って、フィンやノウズを付け、オリジナルの水ロケットを作りました。午後は、和歌山マリーナシティ(同市毛見)まで移動し、いよいよ打ち上げ。自作の水ロケットに水を入れ、ランチャー(発射台)にセットして、「5、4、3…」の掛け声で、発射! 水しぶきを上げて飛び立ち、100mを超えて飛ぶロケットもあり、分団員たちは感動していました。

073(428)0281 和歌山リビング新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

今週のリビング新聞

  1. サンティアゴ巡礼道、イラゴ峠の鉄の十字架の丘
    「熊野古道」「サンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼道」 12月1日(土)、講演会とミニコン…
  2. 11月22日は「いい夫婦の日」。コミュニケーションが苦手とされている日本人。普段から、お…
  3. 2018/11/15

    寒蘭展示会
    東洋蘭(らん)愛好者の会・紀州蘭友の会の「寒蘭展示会」が、11月17日(土)午前10時~午…
  4. 古布による作品展
     和泉華子さんの自宅(和歌山市関戸)で、「古布による作品展」が、11月18日(日)~21日…
  5. 緑和会盆栽展

    2018/11/15

    緑和会盆栽展
     盆栽同好会・緑和会の、秋を彩る「盆栽展」が、11月17日(土)、18日(日)午前9時~午…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山11月17日号

    2018/11/15

    リビング和歌山 2018年11月17日号

    リビング和歌山 2018年11月17日号 11月22日は「いい夫婦の日」。コミュニケーションが苦手と…
バックナンバー

おすすめ記事

  1. 11月22日は「いい夫婦の日」。コミュニケーションが苦手とされている日本人。普段から、お互いに感謝…
  2. “和歌山といえばミカン”ですが、和歌山市民はバナナもたくさん食べていたことを知っていましたか。スー…
  3. 左:和歌山県薬剤師会災害対策委員長・松尾哲也常務理事 右:稲葉眞也会長
    和歌山県薬剤師会・稲葉眞也会長、松尾哲也常務理事 モバイルファーマシーで調剤支援と公衆衛生管理 熊…
  4. 防炎かっぽう着
    防炎かっぽう着(3人) 日本防炎協会の認定品。フリーサイズ。カラーはブルーもあり(5292円)※プレ…
  5. リビング和歌山11月3日号
    深まる秋をファッショナブルに過ごしたいもの。「オシャレは足元から」という言葉があるように、特に気を…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る