水しぶきを上げて飛ぶ水ロケット 100m超えに歓喜の声

水しぶきを上げて飛ぶ水ロケット 100m超えに歓喜の声 地域貢献活動の一環として和歌山リビング新聞社が運営している「日本宇宙少年団(YAC・ヤック)和歌山分団」。毎月1回の定期活動を行っており、5月は12日(土)に「水ロケット工作・打ち上げ」を行いました。

まず、午前中はサンケイ寄合橋ビル(和歌山市湊本町)で水ロケット工作。竹原秀也副分団長が、作り方を説明し、分団員たちはペットボトルを使って、フィンやノウズを付け、オリジナルの水ロケットを作りました。午後は、和歌山マリーナシティ(同市毛見)まで移動し、いよいよ打ち上げ。自作の水ロケットに水を入れ、ランチャー(発射台)にセットして、「5、4、3…」の掛け声で、発射! 水しぶきを上げて飛び立ち、100mを超えて飛ぶロケットもあり、分団員たちは感動していました。

073(428)0281 和歌山リビング新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部

今週のリビング新聞

  1. LA MAISON CLOCHETTE(ラ・メゾン・クロシェット)
    和歌山県書道資料館の1階に、「食堂ことぶき」(和歌山市畑屋敷葛屋丁)の姉妹店「LA MA…
  2. 実験や工作を通して、科学のおもしろさを体験! 10月6日(土)午前9時半~11時半、きのく…
  3. イブーデザインズ展示会
     「イブーデザインズ・エキシビション」が、9月29日(土)~10月1日(月)、Onomac…
  4. 地域貢献活動の一環として、和歌山リビング新聞社が運営している「日本宇宙少年団(YAC・ヤ…
  5. テレビのツムジ
    テレビ業界のミステリー 一番こわ~いモノとは? 残暑が続くが、ちょっと涼しくなる話がテレ…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山9月22日号

    2018/9/20

    リビング和歌山 2018年9月22日号

    リビング和歌山 2018年9月22日号 2014年から「主婦休みの日」にお届けしてきた“アライジョー…
バックナンバー

おすすめ記事

  1. リビング和歌山9月22日号
     2014年から「主婦休みの日」にお届けしてきた“アライジョーズ”。さまざまなグッズを活用して、夫…
  2. リビング和歌山9月15日号
     和歌山市鳴神にある阿弥陀寺の本堂を訪ねてみませんか。江戸時代、紀州徳川家の力を知らしめるような、…
  3. リビング和歌山9月8日号
     子どもの頃、土や砂で泥団子を作ったことはありますか? 手の中で大切に、丁寧に磨くことで光沢が出て…
  4. 「ケアハート」応急手当セットポーチタイプ(5人) 消毒液やガーゼ、ばんそうこう、コットン、綿棒、包帯…
  5. 和歌山地方気象台予報官・八塚仁さん 西日本豪雨後、気象予報で倉敷市の防災支援 二次災害の防止と復旧…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る