簡易分光器を作って 光スペクトルを観察したよ

和歌山リビング新聞社が地域貢献活動の一環として運営している「日本宇宙少年団(YAC)和歌山分団」。11月19日(土)に、和歌山県立橋本高校の市川朋子教諭を講師に迎え、定期活動を行いました。

この日のテーマは、「簡易分光器を作ろう」。太陽の光や蛍光灯、白熱灯などの“光”には、それぞれに特徴があります。これらの違いを波長(色)で観察できるようにするのが「簡易分光器」。当日、分団員一人一人が、方眼用紙とグレーティングシートを使って簡易分光器を作成。完成すると、蛍光灯や空、携帯電話の光などのスペクトルを見てみました。さらに、橋本教諭は、虹がどのようにして見えるのかを解説。分団員たちは、“光”の仕組みを学びました。

20161217kids05

問い合わせ和歌山リビング新聞社
電話073-428-0281
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

 

おすすめ記事

  1. 家計簿をつけたことはあるけれど、なかなか続かず途中でリタイア…そんな苦い経験はありませんか。コロナ…
  2. 和歌山市の中心地、伏虎中学校跡地に建設が進められてきた和歌山県立医科大学薬学部が完成しました。4月…
  3. 日本でドライブスルーといえばハンバーガーチェーンに始まり、牛丼チェーン、コーヒーチェーン…と、これ…
  4. 今年も桜の季節が到来。桜といえば春を感じる行事、お花見!ですが、大勢でにぎやかに楽しむ“お花見宴会…
  5. 子どものころ誰しもお世話になった学校給食。懐かしくもあり、ちょっぴり苦い思い出という人もいると思い…

電子新聞 最新号

  1. 2021/4/8

    リビング和歌山4月10日号

    リビング和歌山4月10日号 家計簿をつけたことはあるけれど、なかなか続かず途中でリタイア…そんな苦い…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る